agoda 割引 嘘

本ページには広告が含まれています。

Agodaの割引は嘘?旅のプロが割引率のカラクリを徹底解説

この記事では、Agodaのサイトでよく見かける『70%オフ』などものすごい割引率について、本当のところどうなのか徹底解説します。

結論から言うと、全く嘘ではないですが誤解を生む書き方なので、予約する時には○○%オフという数字だけを見て飛びつくだけでなく、慎重に予約をするのをおすすめします。

本文では、さらに詳しく解説してきますので、よかったら続きも読んでみてください。

Agodaの割引は嘘?割引率のカラクリを解説します

これは、新宿にあるカプセルホテルの公式アカウントが、アゴダの割引率について投稿した内容に対しての説明文です。

定価(元値)が25,889円のカプセルホテルが74%オフって一瞬すごいと思いますが、いくら新宿とはいえ、カプセルホテルで、1泊25,000円を超えるというのは流石におかしいですよね。。。

当館側で2万円以上の料金をあたかも設定してOTA側が割引されているかと思われそうですが、さすがにそのようなことはございません…。

カプセルホテルの公式サイトも、Agodaの料金設定に対して、否定している発言をしています。

では、この料金設定は嘘っていうことなの?ってなりますよね。。。

Agodaで表示されている元値は、過去に1番高く売れた時の値段が設定されている

agoda 割引 嘘

Agodaの元値は、Agodaの公式サイトでも表示されているように、過去1年間で、1部屋あたり最大人数で、かつ1番高く売れた日の料金が表示されています。

具体的にどういうことかと言うと、

  • 連休など繁忙期の一番高い時期で
  • 最大3名のお部屋の場合だと3名で泊まって
  • 朝食や夕食などオプションで付けられるものを何でも全部付けちゃう

そうして一番高く売れた最高料金の実績が、元値となっているということなんです。

実際に他の旅行予約サイトと料金を比較してみました

これはアパホテル&リゾート東京ベイ幕張の1泊料金なのですが、元値が55,992円となっています。

アパホテル幕張は、ライブやディズニー旅行でも便利だし、3か所の大浴場が完備されていて人気のホテルですが、正直1泊1人55,992円というのはちょっと高すぎではないかと。。。

そこで、同一日の同じお部屋タイプで料金を比べてみました。

旅行予約サイト料金(1人1泊)
55,992円 → 74%オフの14,320円
apahotel logo14,000円
14,130円(ポイント即時利用の場合)
15,700円
15,700円
14,911円

可能性としては、アパホテル公式サイトの定価は「14,000円」、旅行予約サイト(OTA)のこの日の定価は「15,700円」という設定のようです。

この日は、アパホテルが最安値で、次にYahoo!トラベルポイントの即時利用で14,130円で予約することができます。

比較してみて分かったのですが、Agodaが提示している元値「55,992円」は、公式や旅行予約サイトと比較しても、この日の元値ではないということが分かりますね。

Agodaで予約する場合は、○○%オフで安い!と飛びつかず、ホテルの公式サイトや、他の旅行予約サイトとも料金を比較してみることをおすすめします。
おとな開運女子部編集部
おとな開運女子部編集部

Agodaでよくいただく質問Q&A

ここでは、Agodaでよくある質問をQ&A方式でまとめてみました。

Q1:アゴダの今日の割引とは何ですか?

アゴダでは、毎日何かしらのセールやキャンペーンを開催しています。

セールやキャンペーンは「クーポン・割引料金ページ」で確認できます。

そのキャンペーンに該当するプランがある場合、ホテルを検索するときに「今日の割引」と表示されます。

Q2:アゴダは見るたびに料金が変わるのはなぜ?

一部ホテルの場合だと、Agoda側で自由に価格設定ができる部屋があります。

AIがユーザーのアクセス履歴から価格を調整していて、例えば当日宿泊分の予約で残室が1室でAgodaが抑えてる部屋なら、空室検索するごとに表示価格が変わることがあります。

ただ、Agodaに限らず一般的には「前もって予約するほど安い」が基本で、「ピーク日の予約は半年前」に「オフピークや平日の予約は3ヶ月前」に予約したり、「キャンセル条件が厳しい」「予約時即決支払い」で予約することで、安く予約ができます。

Q3:Agodaの最終料金が変わる?

アゴダは、検索画面で表示された宿泊料金と、予約申込の最終画面で表示される宿泊料金に差が出るケースがあります。

  • 最終料金確認で、税金やサービス料金が加算されるパターン
  • 温泉などの入湯税が料金と別にかかるパターン

税金やサービス料金が加算されるパターンは、Agodaだけに限らず海外の旅行予約サイトでよくあるパターンですので、予約確定前にしっかりチェックしておきましょう。

Q4:アゴダの最後の一室というのは本当なの?焦ってしまいます

残り一室が、Agodaが持っている在庫が1室という可能性が高いです。(もしくはもともとAgodaで持っている枠が1部屋という場合も)

実際にAgodaで残り1室と表示されていても、公式サイトや他の旅行予約サイトでは空室があるケースも多々あります。

ただ、Agodaには小さな家族経営のホテルもたくさん出ていますので、数部屋でのやりくりをしている施設もあるのも事実。

残りが少ないということは間違いないので、早めに予約するのをおすすめします。

Q5:アゴダVIP無料トライアルって何?

Agodaで無料会員登録後にホテル検索をしていると「Gold VIPになりませんか?」という表示されることがあります。

これは、アゴダを利用する方に対し用意されているロイヤルティプログラムのひとつで、各ステータスに合わせて、特別な割引料金や特典を利用できるようになります。

「Gold VIPになりませんか?」という案内が来た場合、無料でGold VIPにステータスアップできるので、案内に従って手続きを進めていただいて大丈夫です。

完全無料で料金は発生しませんので、ご安心ください。

この記事のまとめ

この記事では、Agodaのサイトでよく見かける『70%オフ』などものすごい割引率について、本当のところどうなのか解説してきました。

Agodaの元値は、Agodaの公式サイトでも表示されているように、過去1年間で、1部屋あたり最大人数で、かつ1番高く売れた日の料金が表示されています。

もちろんAgodaは、他の旅行予約サイトと比較すると安い場合も多々ありますが、予約する時には○○%オフという数字だけを見て飛びつくだけでなく、最安値が出やすい

と比べながら予約を進めていくと、騙されたーということになることなく手続きを進めることができますよ!

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-旅行予約サイト
-,