本ページには広告が含まれています。

旅行予約サイト

エアトリの手数料が高い!取扱料金がかからない方法はある?

この記事では、エアトリの手数料が高いと感じている方に向けて、取扱い料金などをできるだけおさえる方法があるか解説します。

結論から言うと、エアトリでは手数料がかからない方法は残念ながらありませんでした。

本文では、エアトリの手数料についてさらに詳しくご紹介しますので、よかったらぜひ参考になさってください。

エアトリの手数料が高いのは本当

エアトリで航空券を予約する時には

  1. 取扱手数料
  2. 事務手数料/支払手数料
  3. 振込手数料

航空券代金の他に3つの手数料を支払う必要があります。

正直いうと、他の旅行予約サイトと比較しても手数料は高いのが現状です。

手数料①:取扱手数料




航空会社 取扱手数料
ANA 4,400円
13,000円(株主優待使用料)
JAL 4,400円
7,500円(株主優待使用料)
スターフライヤー 2,200円
9,500円(株主優待使用料)
スカイマーク 2,600円
エアドゥ 2,200円
ソラシドエア 2,200円
フジドリームエアラインズ 2,500円
Peach 3,740円
ジェットスター 5,400円
スプリングジャパン 3,300円
予約サイト ANA手数料 JAL手数料
エクスペディア 手数料なし(料金に含む) 手数料なし(料金に含む)
Trip.com 手数料なし(料金に含む) 手数料なし(料金に含む)
ena(イーナ) 18,750円未満 1,500円
18,750円以上 8%
25,000円未満 2000円
25,000円以上 8%
ソラハピ 1,500円 1,500円
格安航空券モール 1,600円 1,600円
さくらトラベル 1,000円 1,000円
skyticket.jp 1,800円 1,800円
格安航空券センター 1,100円 1,100円

取扱い手数料は、航空券の予約を旅行代理店(旅行予約サイト)を通して購入する時に発生する手数料です。

取扱手数料は航空会社ごとに設定されていて、この手数料は旅行代理店(旅行予約サイト)によっても違います。

手数料②:事務手数料/支払手数料

航空券代+取扱い手数料を合計した金額の5%

国内航空券の場合は「事務手数料」、海外航空券の場合は「支払手数料」が必要となってきます。

これは、、航空券代と取扱い手数料を合計した金額の5%が、別にかかってくるので、航空券の料金が高くなれば、その分手数料も高くなってきます。

手数料③:振込手数料

支払い方法 振込手数料
クレジットカード決済 無料
コンビニ決済 200円~350円
Paidy決済(あと払い) 口座振替:無料
コンビニ:390円
銀行振込:支払い金額の5~8%

3つめに振込手数料です。

クレジットカード決済、もしくは口座振替であれば手数料はかかりません。

キャンセルをした時の手数料

航空券 取消手数料(1区間1名あたり)
国内航空券 航空会社の取消手数料と払戻手数料+エアトリの取消手続手数料(2,800円)+金融機関への振込手数料
海外航空券 航空会社の取消料+エアトリの事務手数料(11,000円)+金融機関への振込手数料

元々の航空券代が安い場合、航空会社のキャンセル料も高くなり、また直前のキャンセルした場合も手数料も高くなります。

なお、「Peach」「ジェットスター」「春秋航空」「スカイマーク」の券種によっては、入金後はキャンセル料100%となっていますので、注意が必要です。

 

エアトリをおすすめする人

  • フルサービスの航空会社を利用する人(ANAやJALなど)
  • 予定が確定している人
  • 直前での予約

個人的な見解ですが、LCCを利用する場合は、直接航空会社で予約するのが安い場合があります。

というのもエアトリを通すと手数料がかかるのもあるのですが、手荷物や座席指定の設定が航空会社で予約した方が、『あれ?こうじゃなかった』ということが少ないからです。

そのため、大手航空会社を利用する方におすすめです。

またエアトリは、直前(7日以内)で大手航空会社で飛行機を利用するという方にもおすすめです。

ANAを直前で予約しようとした場合、42,170円ですが

エアトリで同じ日時の便を予約した場合、手数料は高いですが、それでも4,990円安く予約することができます。

またエアトリは、キャンセルした場合の手数料が高いので、予定が確定している人におすすめです。

\LCCでの旅行がお得!/

エアトリの公式サイトを見る

エアトリをおすすめしない人

  • 最初から手数料込の料金を知った上でお得な航空券を探したい人
  • 計画が変わるかもしれない人

エアトリは航空会社によって手数料が違うので、最初の表示金額が安くても、手数料込の金額を見ると本当にこの航空会社が最安値かどうかわからない点が、最大のデメリットです。

そのため、本当の最安値を探したいという方にとっては、あまりおすすめできません。

もし最初から最安値の金額を知った上で、お得な航空券を探したいとう方であれは、「Expedia」を利用するのがおすすめです。

というのも、Expedia(エクスペディア)は最初から手数料込の値段なので、本当の最安値を見て予約することができるようになるからです。

【2024年2月】エクスペディアのクーポンコードと使い方を旅行のプロがご紹介

この記事では、エクスペディアのお得になるクーポンコードとキャンペーンのまとめをご紹介します。 Expediaの割引クーポンは、世界30か国で展開する世界最大のオンライン旅行会社で国内外旅行、どちらでも ...

続きを見る

エアトリからエクスペディアに変えた人の口コミ

最初の料金が安いと思っても、実際に予約に進むと一気に料金が跳ね上がるため、ぼったくりと感じる人も。

たしかに、手数料だけ見るとエアトリは手数料が高いですが、他の旅行予約サイトでは手数料とは記載されていないけど、航空券代に全額手数料、または一部手数料が含まれています。

とはいっても、最初の金額と支払い時の料金が違うとなると、結局どこが安いのか分からなくなるもの。

そういった方は、エクスペディアで予約するのがおすすめです。

\クレジットカードの支払いでお得に!/

エクスペディアの公式サイトを見てみる

この記事のまとめ

この記事では、エアトリの手数料が高いと感じている方に向けて、取扱い料金などをできるだけおさえる方法があるか解説してきました。

  • フルサービスの航空会社を利用する人(ANAやJALなど)
  • 予定が確定している人
  • 直前での予約

エアトリは、他の旅行予約サイトと違って料金表示が仕入れ値を記載しているので、手数料が高くても航空会社から直接予約するよりも安く購入できるケースもたくさんあります。

ただ、最初の料金が安いと思っても、実際に予約に進むと一気に料金が跳ね上がるため、ぼったくりと感じる人も。

もし最初から最安値の金額を知った上で、お得な航空券を探したいとう方であれは、「Expedia」を利用することで、安心して航空券を購入することができるようになります。

\クレジットカードの支払いでお得に!/

エクスペディアの公式サイトを見てみる

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-旅行予約サイト
-