ライフスタイル

CA退職後のおすすめ仕事7選!退職後5つの仕事を経験の元CAが真剣セレクト

2020年9月15日

今日は、CAの退職後のおすすめの仕事7選をご紹介していきます。

と偉そうに言っていますが、私は30代なかばまでCAをやりながら将来進む道をずっと探していました。

CAになることが夢だったので、これから先のこと全然考えていなかったんですよね。

しかし体力の限界や待遇面でも不安を感じ、30代半ばでCAを退職後、秘書、営業、広報、飲食店、4つの仕事を経験して現在はフリーランスとしてメディアを運営しています。

 

旅アテンダント
仕事では、元CAとしてのプライドが邪魔して苦労したこともありました

 

今、CAから新しい一歩を踏み出そうとしている方に同じような思いをしてほしくないなって思っています。

 

▼こんな人に読んでほしい▼

  • CA退職後、CAの経験をいかせる仕事ってどんなものがあるの?
  • 転職するために準備するものあるの?

そんな悩みを持っているあなたに、CA退職後の仕事についてご紹介していきます。

 

▼気になる記事をタップしてジャンプ▼

 

CA退職後におすすめする仕事7選はこれだ

職業 特徴 難易度 おすすめ度
秘書 事務職のスキルと一般の会社の常識が身につく
講師業 元CAという肩書が売り物になる
ホテルのコンシェルジュ CAの機転のよさ接客スキルが生かせる
飲食業 幹部になれることも
看護師 国家資格という手に職をつけられる
広報 仕事スキルが身につき、メディアに出ることも
フリーランス 好きなことを好きなペースで仕事ができる

私の経験や周りの元CAのセカンドキャリアで、7つの職業を上げました。

もちろん他のエアラインと転職という選択肢もありますが、今回はCA以外の職業でご紹介します。

CAが転職する時に大事にしたいことは、ただ1つ。

CAとしての経験はあくまでも実績、それにしがみつくのではなくそれを武器に常にチャレンジしていくことです!

 

それでは、早速1つずつご紹介していきます。

 

CA退職後のおすすめの仕事 その1:秘書

難易度
給料 企業、病院のジャンルで異なる
必要なスキル PCスキル、語学
メリット 企業のトップと仕事ができる
スキルアップができる
デメリット お茶出しや資料整理など地味な仕事もある

秘書の種類には、2種類あって「企業の秘書」と「病院の秘書」あります。

上司の身の回りのこと、スケジュール管理、来客対応、資料作成など業務は多岐に渡ります。

お給料は、基本的には企業の秘書が条件がいいですが、高いスキルも求められます。

一方病院の秘書は、給料は高くはありませんが将来のためのスキルアップとしての選択肢としてはおすすめです。

 

旅アテンダント
私はCA退職後に派遣社員として病院の秘書から始めました。パソコンのスキルもここで身につけました。

 

CA退職後のおすすめの仕事 その2:講師業

難易度
給料 固定ではない会社が多い
必要なスキル コミュニケーション力、コーチング
メリット CAという経験が「売り物」になる
将来独立が出来る
デメリット 固定給でもらえない場合もある、先輩に会うかも

講師業は、「CAの強み」をいかせる仕事で講師業に転職する人も多いです。

講師業には、企業向け、CAになりたい人向けの2種類があります。

 

企業向け・・・新人研修、接客マナー

CAになりたい人向け・・・エアラインスクール

 

世間では、「CA = 接客のプロ」という考えが強いので、CAの講師業は需要は根強くあり、またCAになりたい人もまだまだたくさんいます。

尊敬の眼差しを受けながら今までの経験を武器に仕事が出来て、生徒さんが成長していく姿をみるとやりがいを感じますよね。

 

フリーランスとして始める方もいますが、最初から顧客を見つけていくは正直きついので、まずはどこかに所属してノウハウを身につけてから独立のをおすすめします。

 

 

CA退職後のおすすめの仕事 その3:ホテルのコンシェルジュ

難易度
給料 会社員と同等待遇
必要なスキル 語学力、情報力、迅速さ
メリット 世界各国のトップに会える
CAの接客術を活かせる
デメリット 立ちっぱなし(床が大理石のところが多いので慣れるまできつい)
常に情報を収集しないといけない

ホテルのコンシェルジュは、VIPの接客、お客様からの様々な要望や相談に乗って解決することが主な仕事です。

コンシェルジュの業務でホテルの価値が決まるとも言われていて、外資系では支配人と同等の待遇を受けられるところもあります。

毎日たくさんのお客様との出会いがある分、常に観光スポットやグルメなど情報を収集することが必要になりますので、プライベートも仕事のために時間を使うこともあります。

それを苦と感じるか楽しいと感じるかも重要です。

 

 

CA退職後のおすすめの仕事 その4:飲食業

難易度
給料 会社によっては好待遇のところも
必要なスキル コミュニケーション力、語学力、お酒の知識
メリット 幹部になれることが多い
CAの接客術を活かせる
デメリット 長時間勤務
理想と現実のギャップを感じることも

飲食業は、お客様とのつながりが売上を左右すると言っても過言ではないので、CAの需要は非常に高いです。

場合によっては、すぐに店長や幹部となって好待遇のところもあります。

幹部になると、経営のノウハウも学べるので将来自分でカフェをやってみたいなど夢がある方にはおすすめです!

しかし、どうしても飲食店は長時間勤務になったり、CAの接客のスキルの高さと実際にスタッフの接客レベルの違いに、時にはイライラすることもあるかもしれません。

飲食店で働いていく中で、どこにやりがいを見つけられるかがカギになります。

 

旅アテンダント
勉強で美味しいものが食べられので、グルメな方にはおすすめです!

 

CA退職後のおすすめの仕事 その5:看護師

難易度
給料 CA時代より上がるかも
必要なスキル 体力、コミュニケーション力
メリット 国家資格で手に職がつけられる
病院の寮に格安で住める
デメリット 大学に行く期間無職になる
職場によっては過酷な場合もある

看護師は、CAの経験も活かせ手に職もつけられるのでおすすめです。

CAをやりながら専門学校や大学に行くことは不可能なので、3~4年の学校に通う期間は無職となるので、学費と生活費の貯金が必要になってきます。

しかし、看護師は年々ニーズが高まり活躍の場も広いので、3~4年の時間を犠牲にしてもチャレンジする価値はあります。

入試ですが、社会人入試の場合は、専門学校や大学によっては「小論文」と「面接」だけでいいところもあります。

 

 

CA退職後のおすすめの仕事 その6:広報

難易度
給料 CA時代より上がるかも
必要なスキル PC、コミュニケーション力
メリット 華やかで刺激のある職場環境で働ける
今後のステップアップの土台作りができる
デメリット PCスキルが求められる
人気職なので競争率が高い

広報の仕事は、企業や団体組織で情報発信をしていくのが主な仕事で、時にはあなた自身がメディアに出演するということもあります。

広告代理店の方と打ち合わせをしたり、SNSを発信したりと華やかでCAにはおすすめの転職先です。

しかし、高いPCスキルやセンスが求められることも多く、また応募者も多いので難易度は高くなります。

そんな広報の仕事のチャンスをつかむには、転職エージェントに登録していち早く情報を得るのがカギとなります。

 

 

CA退職後のおすすめの仕事 その7:フリーランス

難易度
給料 自分の努力次第で変わる上限なし
必要なスキル PC、ブランディング能力
メリット 自分のペースで仕事ができる
自分のやりたいことを仕事にできる
デメリット 収入が安定しない
保険や年金などが貧弱

フリーランスは、自分の強みややりたいことを自分で出来るいわば「起業家」のようなものです。

 

マナー講師、美容家、サロン経営、スクール運営、デザイナー、ライター、ブロガー、モデル、パーソナルトレーナー、カウンセラー

 

など、自分の得意なことを肩書にして仕事にすることができます。

一方、自分を売り込む営業力が必要で、収入が安定するまでに時間がかかることがあります。

落ち着くまでは、自宅でデータ入力など簡単なオフィスワークができるオンライン秘書サービスや、クラウドワークスなどと並行しながら進めていくのがおすすめです。

 

 

CAから転職するために必要な3つの準備

CAから転職するために準備した方がいいことを3つご紹介します。

実際に、私が今までこれやってくればよかったという体験に基づいています(笑)

CAから転職するために必要な準備その1:スキルアップ

  • パソコンの知識を身につける
  • SNS(Instagram、Twitter)を始める
  • CAで学んだ知識をまとめておく

SNSは今日からでも始められますね。SNSで発信することで写真の撮り方、文章力、自分のブランディングを行うことができます。

CAで学んだことは、辞めて思い出そうとしてもなかなか思い出せないものです。

財産となりますので、今のうちにしっかりとまとめおいてくださいね。

 

注意ポイント

あなたが現在会社に在籍している場合は、SNSの発信にはくれぐれも注意してください。

匿名で会社名が特定できないようにすることが大事です!

 

 

CAから転職するために必要な準備その2:自分のことを見つめなおす

自分のことを見つめ直すことは、転職の時にも役立ちますし自分の強みを見つけることができおすすめです。

紙に今思っていること、悩みを書きだしてみることが大事です。

私が自分を振り返る時に使ったのが「メモの魔力」という本です。

本の中で「自分を知るための自己分析1000問」の質問があって、それに時間をかけて答えていくことで自分を見つけることが出来ました。

もしよかったら参考にしてくださいね。

 

 

CAから転職するために必要な準備その3:チャンスを逃さないために転職サイトに登録する

チャンスを逃さないためにも、在籍中から転職エージェントやクラウドワークスに登録だけでメリットがあります。

退職した後に登録する方が多いのですが、在籍中に転職エージェントに登録しておくことで、情報収集はもちろん、同期には相談しにくい内容も相談できアドバイスがもらえるので、転職の強い味方になります。

 

転職エージェントの中でも、女性の転職に強い転職エージェントをあげておきますね。

 

CAにおすすめ転職エージェント

✔  女性の転職マイナビエージェント
初めての転職の人向けの人にぴったりで、応募する求人に合わせた応募書類の添削や、面接対策を行ってくれます。
コンサルタントは女性が多く、女性ならではの悩みに対応してくれて安心です。

✔  パソナキャリア
キャリアコンサルタントが親身になって女性の転職サポートを提供!
書類添削や面接対策などのアドバイスがもらえます。

✔  type女性の転職エージェント
20代から30代前半の首都圏の女性を得意とする転職エージェントです。
年間5,000人以上の女性とキャリア面談を実施しているのでノウハウが豊富です。

✔  ランスタッド
外資系求人・英語力を活かせる高収入の求人が多いので、外資系の方におすすめです。
20~50代まで幅広い年代の求人があるのも特徴です。

✔  JACリクルートメント
年収500万以上のハイキャリア向けの転職エージェントです。
大手自動車メーカーや大手商社の求人もあり、企業と求職者の両方を一人のコンサルタントが担当するので利用者の満足度が高いです。

✔  リクルートエージェント
業界No.1の求人数!CAの経験年数や国内、外資など問わずおすすめです。
20万件以上の求人数があるので条件にあった仕事がスピーディーに見つかることが多いです。

 

まとめ:CA退職後のおすすめ仕事7選!退職後5つの仕事を経験の元CAが真剣セレクト

CA 転職後 仕事

いかがでしたでしょうか。

CA退職後のおすすめの仕事を7つ、そして準備に必要なことを3つご紹介してきました。

CAを辞めて後悔しているかって聞かれた時、正直たまに後悔したこともありましたが、今は早い段階で次のステップ進んおいてよかったと思っています。

大事なのはどんな職業でもプロ意識を持って、真摯に取り込むことで、可能性もやりがいが見えてきます。

今、CAを退職してステップアップしようと思うあなたには、成功してほしいと思っています。

質問などありましたら、コメント欄やツイッターのDM欄に遠慮なく書き込んでくださいね。

 

-ライフスタイル
-,

© 2020 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5