アーカイブ

シーン別ディズニー

【ディズニーシー】1人アトラクションを17種類体験した私の口コミ|難易度も解説

1人でディズニーシー行こうと思っても、1人でアトラクションって大丈夫なのかなーって不安になりませんか?

私も始めは不安でしたが、今はディズニーランドでトータル17種類のアトラクションを体験しました。

せっかくディズニーシーに行ったら、楽しまないと損ですよ♪

この記事では、ディズニーシーで1人でアトラクションを体験した私の口コミと難易度をご紹介していきます。

 

【ディズニーシー】1人でアトラクション体験の口コミ|難易度も解説

 





アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
マジックランプシアター
マーメイドラグーンシアター
ニモ&フレンズ・シーライダー
アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ソアリン:ファンタスティック・フライト
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮※現在実施なし
レイジングスピリッツ※現在実施なし
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
海底2万マイル
アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ヴェネツィアン・ゴンドラ
タートル・トーク
タワー・オブ・テラー
トイ・ストーリー・マニア!
センター・オブ・ジ・アース
アクアトピア

1人ディズニーは、何と行っても好きなアトラクションに好きなタイミングで乗ることができます。

最近実感しているのは、1人ディズニーの人が増えてきているのと、他の人は自分が思うほど気にしていないということです。

なお、難易度は「人の目が気になった」など私が体験して感じた難易度なので参考までにしてくださいね。

 

ディズニーランドの1人で乗るアトラクションの難易度:低い

アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
マジックランプシアター
マーメイドラグーンシアター
ニモ&フレンズ・シーライダー

ディズニーランドで1人でアトラクションに乗ってみて、難易度が低かったものです。

「マジック・ランプシア」は、美術館やコンサートに行く感覚で楽しめます。

他のアトラクションも、あまり他の人と目を合わせるタイミングが少ないです。

周りの目が気になると心配な方も、まずはここから挑戦していくのもおすすめです。

 

 

ディズニーランドの1人で乗るアトラクションの難易度:中

アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ソアリン:ファンタスティック・フライト
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮※現在実施なし
レイジングスピリッツ※現在実施なし
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
海底2万マイル

ディズニーランドで1人でアトラクションに乗ってみて、難易度がまあまあだったものです。

アトラクションが始まれば全然気にならないのですが、待機列で他のグループとの前後の距離が近かったりするものは少し1人って寂しいなと感じました。

 

 

ディズニーランドの1人で乗るアトラクションの難易度:高

アトラクションお一人様難易度シングルライダー
ヴェネツィアン・ゴンドラ
タートル・トーク
タワー・オブ・テラー
トイ・ストーリー・マニア!
センター・オブ・ジ・アース
アクアトピア

ディズニーランドで1人でアトラクションに乗ってみて、難易度が高かったものです。

アトラクションの途中で、他のグループなどと目が合う確率が高かったものをピックアップしてみました。

タートル・トークで手を上げたり、トイ・ストーリー・マニア!では、アトラクションが始まる前の3Dグラスをかけてお向かいの人と目が合った時は、寂しさを感じてしまいました。

そんな難易度が高いと行っていますが、お一人様でアトラクションを楽しむ人も結構います。

自分が楽しみたい!ということだけを考えれば、おすすめのアトラクションばかりです。

 

 

【ディズニーシー】1人でアトラクションを体験するのに役に立つアイテム

ディズニーシーで1人でアトラクションを楽しみたい時に、実際に私が使っている便利なアイテムを2つをご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

1.ジッパー付きの袋

ジッパー付きの袋は、ポップコーンが食べきれない時に大活躍する便利なアイテムです。

ジッパー付きの袋があれば、そんな心配もなくアトラクションに乗れるのでおすすめです。

その他のシーンでも、トイレに行きたい時や他にも手がふさがりそうな時でも、ジッパー付きの袋があればポップコーンをかばんの中に入れられます。

私は、コストコで買った売っている大きめのサイズをいつも持っていっています。

 

2.360度カメラ

360度カメラは、撮影可能なアトラクションで動画も静止画像も撮影できるすぐれものです。

360度の動画撮影にすると自分が映ってしまうという点がありますが、おうちで録画を楽しむ分には全然問題ありません♪

 

私が持っていっている360度カメラGo Proというのは、長さが手持ちバルーンと同じ長さということもあり、パーク内に持ち込めて自撮り撮影も出来るんです。

他にももっとコンパクトな360度カメラも売っていたり、買うのはちょっとという方に360度カメラのレンタルをする方法もありますよ。

思い出にもなって360度カメラは1人でディズニーのアトラクションを体験するににおすすめです。

 

 

まとめ:【ディズニーシー】1人アトラクションを20種類体験した私の口コミ|難易度も解説

この記事では、ディズニーシーの1人アトラクションについて実際に体験した体験をご紹介しました。

ディズニーシーで一番大事なのは、人からどう見られるでは自分自身が楽しんで笑顔になることだと思います。

ぜひ参考にしてみて、ディズニーシーで1人アトラクションを体験してくださいね。

 

-シーン別ディズニー

© 2021 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5