ディズニーリゾート

【パーク再開後】ディズニーに持っていくべき持ち物はずばりこれ!シーン別から季節別

2020年7月29日

東京ディズニーランド・シーに旅行に行く時のいるものって何?

再開後にディズニーを思いっきり楽しむために、最低限用意する荷物・あると便利ないるものをリストにまとめました。

東京ディズニーランド、ディズニーシーが再開して、再開前にパークは今まであったものが、再開後はなかったりというものも多いです。

ディズニーに行く前にチェックして持ち物を準備してくださいね!

 

気になる持ち物をタップしてジャンプ♪

目次

 

【2021年版】ディズニー旅行でいるもの  ~基本バージョン~

持ち物重要度パークで買える?
スマートフォン×
入園チケット(プリントアウトしたもの)×
感染予防グッズ
お財布、クレジットカード×
モバイルバッテリー
ハンドタオル
ティッシュ、ウェットティッシュ
エコバッグ
カメラ
レジャーシート
ほしいもの、食べたいものリスト
カチューシャ、ポップコーンバスケット
ジップロップ、紙袋×

まずは、ディズニーで誰でも必要になる基本の持ち物リストをご紹介していきます。

 

エントリー、スタンバイパスに欠かせない「スマートフォン」

サービス内容
デイズニーeチケットアプリでパークチケットを購入された方は必要
ディズニーリゾートアプリアトラクション、キャラクターグリーティングのエントリー、スタンバイパス、ショップ事前予約、レストラン予約、ショッピング機能、パーク内の施設の待ち時間の確認
電子マネー決済パーク内のショップやレストランで使用
フォトキーカードカメラマンに撮影してもらった写真を閲覧・注文する際に必要

ディズニー再開後では、パーク内でスマートフォンを使う機会が増えています。

アトラクションの抽選やキャラクターとのグリーティング抽選もスマートフォンが必要になっています。

 

紙のチケットの人は忘れずに「パーク入園チケット」

パークチケット購入時、eチケットで取った場合や、宿泊先でパークチケットを買った場合は、忘れずにバーコードがついた予約表をプリントアウトしてくださいね!

 

予備があると安心「感染予防グッズ」

東京ディズニーランド、ディズニーシーでは、感染予防としてマスクの着用をしないと入園できません。

マスクはパーク内でも売っていますが、予備も持っていった方が安心です。

またパークにはアトラクション、レストラン、ショップに消毒液が設置されていますが、パーク外でもこまめに消毒できるよう消毒スプレーがあると便利です。

 

これがないとお土産もグッズも買えない「お財布、クレジットカード」

パークに行くとどうしても、ひとめぼれした欲しいものを買ってしまったという経験がありませんか?

ディズニーランド、シーは感染予防のためキャッシュレスを推奨しているので、出来るだけクレジットカードを使うようにした方がいいですね。

せっかくクレジットカードを使うなら、年会費がかからなくてキュートなディズニー柄のイオンカードがおすすめです。

こちらの記事で詳しく書いていますので、もしよかったらあわせて読んでみてください。

 

 

充電コードも忘れずに「モバイルバッテリー」

パーク内でスマホを使うことが多くなるので、いまやモバイルバッテリーは必需品となりました。

並んでいるときの暇つぶしはもちろんですが、今やアトラクションやグリーティングの抽選や、TODAY代わりに情報収集をするので、充電がなくなるのが早くりましたよね。

パーク内やディズニーホテル内のショップでも充電器を購入することができますが、ちょっとお高めです。

私がディズニーランドやディズニーシーに行くときは、2つ同時に充電できて、薄型大容量のバッテリーを持っていってます。

Ankerのモバイルバッテリーはおすすめですので、もしよかったらチェックしてみてくださいね。

おすみ
2つ同時に充電できるモバイルバッテリーを持っていると、いざという時に家族や友達や彼の分も充電できておすすめです!

 

 

大きめサイズ・2枚持ちもおすすめ「ハンドタオル」

パーク内やホテルは、ジェット噴射で手を拭く「エアータオル」が使えなくなっています

感染予防対策で手を洗う頻度が増えるので、ハンカチよりもハンドタオルが活躍します。

少し大きめのハンドタオルを多めに持っていくのをおすすめします。

 

 

実は活躍の場面が多い「ティッシュ、ウェットティッシュ」

パーク内のレストランでは、ナプキンやカトラリーなど商品受け渡しの時にキャストの方が必要分をつけてくれるシステムに変わっています。

特にナプキンは1枚しかもらえないので、手や口を拭くのにティッシュやウエットティッシュがあると超便利です。

 

おすみ
もしティッシュを忘れた場合は、パーク内のショップで言えば購入することができます。

 

 

グッズだけでなくパークフードの持ち歩きにも便利「エコバッグ」

2020年10月1日より東京ディズニーリゾートのお買い物袋が有料になりました。

価格は1枚20円なので、購入する予定がなければエコバッグを持って行くことをおすすめします。

パーク内でもオリジナルのエコバッグが販売されています。

パーク内で使いたいポップコーンバスケットやカチューシャって意外にかさばりますが、エコバッグに入れると移動中の持ち運び便利でした♪

 

写真を撮りながらパーク散策する人が増えています「カメラ」

ディズニー再開後の楽しみの一つが写真を撮るという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、カメラを忘れずに持っていってくださいね。

1つしかバッテリーを持っていないという方は充電器も一緒に持っておくと安心ですが、ディズニーランド、ディズニーシーともにカメラ関係のショップにて無料の充電サービスもあるので、そちらも利用してみるのもいいかもしれませんね。

私は再開後は、コンパクトデジタルカメラと360度カメラを持っていってパーク内を散策するのが楽しみの一つです。

ベイマックスや美女と野獣を360度動画カメラで撮ったのですが、いつでもアトラクションの雰囲気を思い出せておすすめですよ!

 

こちらもCHECK

【ヒルナンデスで紹介】ディズニーランドのフォトグラファーが教える写真映えスポット

続きを見る

 

 

待ち時間に欠かせない「レジャーシート」

レジャーシートは、パークの開園待ち、の鑑賞待ちをする場合にあると便利ですね。

待機するスペースには線があるので、その中でレジャーシートをひいておけばソーシャルディスタンスもちゃんと保たれます。

 

 

パークの時間を最大限に使うのに便利「 ほしいもの、食べたいものリスト」

コロナ再開後の東京ディズニーランド、ディズニーシーでは、パーク入口でもらえていた「TODAY」の配布がなくなりました

季節限定のパークフードやおすすめのグッズは、アプリやディズニー公式サイトで見て探したりと、意外と時間がかかります。

時間を有効に使うためにも、下調べしてほしいものリストを作ってくださいね!

おすみ
これ見逃しがちですが、結構大事ですよー

 

パーク内で新しいものを買うのありかも「カチューシャ、ポップコーンバケット」

お気に入りのカチューシャやポップコーンバケットがあれば、忘れずに持っていってくださいね。

しかしパーク再開後は、ちょっと荷物を少なくしたいなと思っている人は、新しいカチューシャやポップコーンバケットも登場しているのでパーク内で買うのもありですね。

 

ひとりディズニーの方には最強アイテム「ジップロック、紙袋」

最近、私が毎回持っていっているアイテムです。

ジップロップは、特にひとりディズニーの方にもおすすめしたいアイテムです。

ポップコーンをジップロップに入れておけば、バッグや紙袋に入れてもこぼれないので、お手洗いの時や、アトラクションに乗る時におすすめです。

特に今はアトラクションに並ぶ時は、飲食禁止なのであると便利です。

紙袋は、パークで買ったフードやドリンクを持って移動するときなど、マチのある紙袋に入れることで両手が使えるようになって便利でした。

 

 

 

【2021年版】ディズニー旅行でいるもの  ~お泊り編~

持ち物重要度パーク、ホテルで買える?
着替え
洗面道具、化粧品
地域共通クーポン券(紙タイプ)×

ディズニー旅行でお泊りをする方は、さきほどご紹介したものと併せて必要なものをご紹介します。

 

寒暖差も考えたものがおすすめ「着替え」

  • 寒暖差の調整がしやすいもの
  • しわになりにくいもの
  • お気に入りの服、おそろいの服

再開後のディズニーで大きく変わっているのが、換気がとてもよくなっています。

そのため室内でも寒かったり、暑かったりすることが多いので脱ぎきしやすい洋服だと便利です。

写真撮影をする人が多くなり、お揃いの洋服を着たり、思いっきり女子力高い洋服を着る人もますます多くなりました。

かわいい洋服を買いたいけど1回きりだともったいないという方は、最近話題の洋服のレンタルもあるのでそんなサービスを試してみるのもいいかもですね。

通勤でも使えるかわいめで選ぶなら・・・月額9,980円でカワイイ洋服借り放題!Rcawaii

ママやおとな女子にぴったり・・・ファッションレンタルなら「エアクロ」

 

パークで思いっきり遊んだ後は日焼けケアも忘れずに「洗面用具、化粧品」

洗面用具はホテルにもありますが、可愛くて使うのももったいなくて使いたくないという方も多いと思います。

そんな時のために、歯ブラシや洗面道具を持っていくことをおすすめします。

化粧品、スキンケアもディズニ旅には欠かせないアイテムです。

パーク内では外にいる時間も長いので、1年を通して日焼け対策や日焼け後のケアが大切です。

日焼け後のケアにぴったりなトラベル用のおためしキットを持っていくのもおすすめです。

シトラナのトラベルセット」は、香りも癒やされて外気にさらされた肌にもぴったりです。

イクスピアリのLoftでも販売しているので、もしよかったらチェックしてみてくださいね。

 

 

ディズニー旅行の人は要チェック「紙タイプの地域共通クーポン」

ディズニー旅でホテルに泊まる方で、紙タイプの地域共通クーポン券を持っている方はぜひパークに持っていってくださいね。

パーク内では、フードもグッズも紙タイプの地域共通クーポン券が使うことができます。

 

こちらもCHECK

【最新】ディズニー、舞浜でGo Toトラベル地域共通クーポンが使えるお店

続きを見る

 

こちらもCHECK

地域共通クーポン券のクイックガイド♪各旅行会社のクーポンのIDと種類も解説

続きを見る

 

 

ディズニー旅行でいるもの ~ママにおすすめ~

持ち物パーク、ホテルで買える?
母子手帳&保険証セット×
おむつ&おしりふき
常備薬×
粉ミルク、離乳食
赤ちゃん用ボディソープ×
哺乳瓶やストローボトルの洗浄グッズ
子供用カトラリーセット
食事用エプロン(使い捨てがおすすめ)×
小さめのピンチハンガー下着や洋服の着替え
子供用の歯ブラシ
ストローキャップ×

子供連れのディスニー旅行は、荷物がどうしても多くなりがち。必要のないものまで持っていくのは重いし、邪魔になってしまいますよね。

パーク内にも子供用のグッズが販売しているので、いらないものは思い切って家に置いていきましょう。

子供は大人と違ってすぐに汗をかくので着替えは多めがいいのですが、いっそパークで着替えを買うのという手もありですよ。

 

 

ディズニー旅行であって便利なもの~季節別~

東京ディズニーランド、ディズニーシーでは、2021年3月までショーがなくなり、パーク内での過ごし方も変わっていますがやはり暑さ対策、寒さ対策は万全にしていきましょう。

暑さ対策

チェックリスト

  • 日焼け止め
  • ポータブル扇風機
  • 日傘
  • 大き目のタオル
  • 飲み物
  • 熱中症対策の塩分
  • 冷感シート

ショーがないので、場所取りで長時間座って待機することはなくなりましたが、アトラクションを待つ列はコロナ対策で間隔を空けて並ぶので、スタンバイ列が外まで続きます。

また、マスクは鼻の上まで覆うように案内がありますが、照り返しもありパーク内はかなり暑いです。

携帯用扇風機や、冷却パック、飲み物など暑さ対策グッズを持っていってくださいね。

 

寒さ対策

チェックリスト

  • カイロ
  • マフラー
  • 手袋
  • 耳当て
  • 帽子

新型ウィルス感染対策で、寒くても室内にいても換気で扉や窓が開いています。

またアトラクションも屋内での待機列を出来るだけ防ぐために、待機列は外が中心となります。

寒さ対策は十分にとってくださいね。

冬のおすすめの持ちものについては「【決定版】冬のディズニーランド・ディズニーシーに持っていくべき持ち物はこれ!」に詳しくご紹介ていますので、そちらもぜひご覧ください。

 

東京ディズニーで実際に役に立った持ち物のまとめ

いかがでしたでしょうか。

東京ディズニーシーが再開して、コロナ後のパークは今まで当たり前にあったものが、コロナ後はなかったりというものもあったり、過ごし方も変わってくるので必要なものも変わってきますよね。

せっかく日常から離れた世界に行くので、十分に楽しむためにも持ち物をしっかりと準備して、思いっきりディズニー旅行を満喫してくださいね!

 

-ディズニーリゾート

© 2021 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5