Adventure(旅・ディズニー旅)

ディズニーシー コロナ後再開|制限ありでも新しい価値観でパークを楽しむ方法

2020年7月9日

7月1日に営業を再開したディズニーシーに行ってきました。

 

旅アテンダント
私が最後にディズニーシー行ったのは、休園前の2020年2月26日
約4ヶ月半ぶり

 

2月26日に行った時は、マスクをしている人は少なく
ソーシャルディスタンスなんて無縁の「夢の国」で、大丈夫かなと正直心配だった。。。

 

今回、休園前と同じような感覚や期待を持ってパークに行った私は違和感を感じました。
と同時に安心感も感じました。

 

再開後の東京ディズニーシーは、コロナウィルス感染予防とゲストキャストの安全性を最優先して
徹底的に感染予防と安全対策をとっています。

 

今までのディズニーシーとは少し違いますが
新しい価値観でディズニーシーをぜひ楽しんでくださいね!

 

今日は、休園前から変わったこと
そして新しい価値観でディズニーシーを楽しむ5つの方法をご紹介します。

 

 

ディズニーシー再開|休止前から変わった10つのこと

入園時の検温

ディズニー コロナ再開

手荷物検査前に検温が実施されます

開園の15分前からチケット販売の場所で検温が開始されます。
その後、手荷物検査と進んでいきます。

 

 

感染予防、安全最優先のディズニーシー

パークのいたるところに黄色のテープの線が貼られています。

ルールは
黄色の線は2名まで
黄色枠は3名まで

となっています。
人数を超えて待機していると、キャストが声を掛けていました。

 

パーク内のショップは、入口が一方通行になっていて、入口と出口で消毒を行ったり
またパーク内のベンチやテーブルも距離を保ち座るよう、案内がありました。

 

1回に乗れるアトラクションの人数は半分以下

1回に乗車するアトラクションの人数がか半分以下に制限されています。

ソアニンのような横に座るアトラクションの場合は、1列に3組までしか座れません。
インディージョーンズなど、縦で乗るものは1列おきに乗ります。

 

ゲストとアトラクションの流れを止めて消毒する時間も設けられていて
しっかりと感染予防対策が行われていました。

 

暑い中にも関わらず、ゲストの安全を確保してくれて                           感謝しかありません

 

 

旅アテンダント
消毒時間も設けているので、想像していたよりも待ち時間が長くなるのも納得です

 

グッズの種類が少ない

ディズニー コロナ再開

特にお菓子の種類が少ないです。

定番の缶に入ったチョコクランチや、おせんべい、クッキーなど
賞味期限が短いと思われるものは販売していませんでした。

 

比較的賞味期限の長いと思われる
キャンディ、ソフトキャンディ、インスタント食品が商品の多くを占めていました。

 

ポイント

お菓子に関しては、アプリの方が種類多めです。
当日23時30分までアプリで買えるので、アプリと併せて購入することをおすすめします。

 

 

アトラクションの一部内容変更

密をさけるために、アトラクションの一部に変更がありました。
※内容はネタバレになるので、控えておきます。

 

いつもある演出がないので、キャストの方に聞いてみました。

「密を避けるために内容を変更しているんです」
「せっかくなので別の視点から楽しんでみてください!」と声を掛けてくれました。

 

アトラクションの中には写真撮影があるものがありますが、そちらも全て中止。

 

旅アテンダント
写真撮影が中止と分かっているのに、シャッターチャンスのは
ポーズをとっちゃいました。

 

 

キャラクターとの接触なし

ディズニーシーでは1日3回程度、船にのったキャラクターのグリーティングがありました。

グリーティングの時間は、密を避けるために事前に分からないようになっています。

 

ワゴン販売をしているお店が少ない

ポップコーン、ジュースなどのフード関係のワゴン販売は数か所に限定されています。
各エリアに1か所というイメージです。

ワゴン販売が限定されているので、5~10分の列が出来ています。

 

レストランにメニューがない

ディズニー コロナ再開

 

印刷されたメニューはなく
テーブルの上にあるバーコードでメニューを読み込んでオーダーします。

バーコードが飛ぶページは、公式webサイトのレストランメニューのページなので
あらかじめ食べるものを決めてからレストランに行く方がスムーズにいきます。

 

ワゴン販売で使っていた袋をマスク収納用として        いただきました

レストランではマスク収納用の袋もいただきました。

 

「TODAY」がない

入園時にもらえるパーク内の地図や、おすすめグッズがのったパンフレットの配布が中止されていました。

食べ物やグッズなどはあらかじめ調べておいた方がスムーズに行動ができます。

 

 

ファストパスがない

1日15,000人の来場者なので、すべてスタンバイ列からの案内になります。

でも、一番並んでも50分以内でした。

 

チケットはオンラインのみでの販売

当面、チケットカウンターでの販売はないのでチケットは、以下の2つの方法で購入します。

  • オンラインで購入する
  • ディズニーオフィシャルホテルに泊まって購入する

オンラインでチケットを購入する

いまだにチケット販売がされるとつながりにくい状況が続いています。

直前にキャンセルが出て当日チケットが販売されている場合がありますので
こまめにwebサイトやアプリをチェックてみてください。

ディズニー コロナ再開

駐車場入り口で配布された案内の紙

 

駐車場で配布された案内の紙で当日チケットのことを知りました。

 

ディズニーオフィシャルホテルに泊まってチケットを購入する

普段予約が取れないディズニーオフィシャルホテルも、この時期だったら予約が取りやすく
宿泊者は入園チケットも購入できるので、この機会にホテルに泊まってみるのも一つのアイデアです。

楽天トラベルだと、今だとホテルミラコスタが1人あたり1万円以下から予約ができて
チケットも購入できるので要チェックです。

 

楽天トラベル 予約~1人1万円以内から宿泊できるホテルミラコスタ~

 

 

パーク内では全員マスク、キャストの手には「ソーシャルディスタンスを保つためのプラカード」や「消毒液」
地面には密を防ぐテープが張ってあり、ディズニーキャラクターとの接触やショーがないので、
再開後の今のディズニーシーは以前とは変わりました。

しかし、キャストの皆さんの笑顔、パークから感染者を出さないという運営スタッフ強い気持ちと
その中でゲストを出来る限り楽しませたいというバランを保ちながら
運営しているところには感謝の気持ちしかありませんでした。

 

 

 

ディズニーシー再開後に新しい価値感で楽しむポイント

自動販売機でジュースを買う

ディズニー コロナ再開

 

ディズニーシーで当初2月下旬から開始される予定だったドリンクの自動販売機が
パーク再開後にお目見えになっています。

 

場所はこの2か所です。

・ソアンンの近く

・アラビアンコースト

 

一律200円とお高めですが、パッケージがパーク限定のものなので
おうちでも洗って再利用してパーク気分を味わっています。

※衛生上の保証できませんので、自己判断のもとでお楽しみくださいね

 

 

 

 

アトラクションに乗りまくる

待ち時間が短いので、普段乗れないアトラクションに乗りまくるのも楽しみです。

回転の速いアトラクションほど、待ち時間が短く
私は、トイストーリーマニアに3回乗りました。

 

 

フォトジェに専念してみる

人が少ないので、普段人が多い場所でもゆっくりと写真を撮ることができます。

せっかくの機会なので、写真のスキルを磨くのもいい機会かもしれませんね。
パーク内でおもしろい発見もきっとありますよ。

 

パーク内で野菜畑を発見

 

のんびり散歩する

自宅にいる時間が長く運動不足になっている方も多いので
パーク内を散策するのもおすすめです。

 

普段ポップコーンの香りがメインのパーク内ですが
海の香りや花の香りなど自然の香りを楽しむこともできます。

 

休園前の時と違って、大人数のグループがいないので、パーク内は比較的静かで待機列も静かです。
鳥のさえずりや、待機列でのBGMもよく聞こえるので、新たな発見や世界を楽しむことができます。

 

 

休園前に予約が取れなかったホテルミラコスタに泊まってみる

休園前は、ホテルミラコスタは予約サイトを見ると1泊10万円以上する部屋しか空いていないことがほとんどでした。

楽天トラベルだと、今だとホテルミラコスタが1人あたり1万円以下から予約ができて
入園チケットも購入できます。

まだまだ海外旅行が難しい時期なので
ホテルミラコスタに泊まって現実世界から少し離れるのもおすすめです。

 

チケットもホテルもお得に泊まれる方法を知りたい方は、この記事も読んでください。

Go To キャンペーン ディズニー編|ホテルとチケットもお得になる方法を公開

 

 

まとめ:ディズニーシー コロナ後再開|制限ありでも新しい価値観でパークを楽しむ方法

 

いかがでしたでしょうか。

再開後のディズニーシーを楽しむポイント

  • 自動販売機でジュースを買う
  • アトラクションに乗りまくる
  • フォトジェに専念してみる
  • のんびり散歩する
  • 休園前に予約が取れなかったホテルミラコスタに泊まってみる

 

休園前と比べると、パークの雰囲気が180度変わっていました。

しかし、休園前と変わらないのはキャストの皆さんの笑顔。

パークから感染者を出さないという運営スタッフ強い気持ちと
その中でゲストを出来る限り楽しませたいというバランを保ちながら
運営しているところには感謝の気持ちしかありませんでした。

感染対策を十分にして、今までと違う新しい価値観で
ディズニーシーをぜひ楽しんでくださいね!

 

-Adventure(旅・ディズニー旅)
-

© 2020 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5