ライフスタイル

すっきり解決!プロが教えるママのためのお食い初めのやり方【外食編】

2020年5月17日

お子さんにとってお宮参りの次にやってくる特別なお祝い

「お食い初め」

ご自宅で儀式をするのもいいのですが
お子さんが産まれてから、なかなか外食に出れず毎日頑張っているママ、パパのために
お店でお食い初めの儀式を行うのもおすすめです。

 

旅アテンダント
私は、和食料理店で年間200件以上の
お食い初めの席に携わってきました。
お食い初めの席でも、ママが本当にがんばっていて
毎回頭が下がる思いです!

 

今日はその経験から
ママのためにお食い初めの儀式を外食で行う場合のやり方、準備など
飲食店目線からのご提案をしていきたいと思います。

 

お食い初めとは

 

赤ちゃんが生まれてから100~120日目にお祝いする儀式で
赤ちゃんが「一生、食べるものに困らないように」と健やかな成長を願うお祝いです。

呼び方は色々あって
食べ初め、箸揃え、箸初め、百日(ももか)の祝いなど
地域によっても色々な呼び方があります。

 

お店でお食い初めの儀式をするおすすめの理由

お店でお食い初め膳をおすすめする理由はこちら

  • 準備がいらない
  • 食器を揃えなくていい
  • 片付けなくていい
  • 鯛の尾頭付きなかなかなく、焼くのも面倒
  • 美味しいものが食べられる
  • 写真を撮ってくれる

なんといってもママが楽になりますよね。

一般的なお食い初め膳のセットです

 

お食い初めの儀式をする日

お食い初めは、赤ちゃんの乳歯が生え始める、生後100日~120日に行うことが一般的。
多くのご家族は100日が過ぎた後の週末や、大安吉日の日を選んで行う方が多いです。

父母両方のご両親を招いてお祝いするのが一般的ですので
ご両親が集まりやすい候補日を早めに聞いてください。

 

旅アテンダント
日程が決まったら早めに予約を!
それか、先にお店の予約状況を聞いてから日程を調整してください!
特に週末は、お顔合わせや記念日を祝う方が多いので
早く個室が埋まってしまいます。

 



お店を選ぶポイント

お店を選ぶときは6つのポイントを基準に探してみてください。

  • お食い初め膳があるか
  • 個室、半個室があるか
  • 赤ちゃんを寝かせられるスペースがあるか、簡易ベッドがあるか
    ない場合はベビーカーを持ち込めるスペースがあるか
  • おなかいっぱいになった場合、鯛はお持ちが出来るか
  • 兄弟がいる場合は、お子様メニューがあるか

 

旅アテンダント
結婚前に顔合わせで使ったお店でお食い初めをされる方もみかけます。
顔合わせをしたお店に一度聞いてみるのもいいですね。

 

当日の服装

 

ママ

途中で授乳する方が多いのでゆったりとした授乳口のついたワンピース
動きやすいパンツスタイルの方が多いです。

 

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット1,000円+税

パパ

スーツやジャケットの方が多いです。

 

赤ちゃん

赤ちゃんの衣装は、和装にこだわらず洋装でもおしゃれなものがたくさんあります。
赤ちゃんに合った可愛らしいものを選んであげてください。

 

旅アテンダント
スタイを蝶ネクタイに変えてみたり
女の子ならヘアアクセサリーを付けたりと
「プチおしゃれ」を楽しんでいるご家族が多いです。

 



歯固め石

 

お食い初め膳があるお店では、ほとんどお店側でも用意しています。
お宮参りでもらわれた歯固め石や長寿箸をお店に持ってこられる方もいます。

 

いよいよお食い初めの儀式

 

赤ちゃんが起きている場合

お食事の前にお食い初めの儀式をするのが鉄則!
いつ寝てしまうか分かりませんからね。

お店の人にはお食い初め膳を先に持ってきてもらい
儀式が終わってからご家族の食事を持ってきてもらうことを伝えてくださいね。

せっかくのお料理、出来立てで食べたいですもんね!

 

赤ちゃんが寝ている場合は

先にご家族がお食事を済ませて
赤ちゃんが起きたらお食い初めの儀式をする方がいいです。

 

お店の人に、状況を説明すると
赤ちゃんが起きたタイミングでセットを用意してもらえます。
または、入店時にお食い初め儀式のタイミングを聞いてくれるところもあります。

 

写真を撮るのを忘れずに

 

儀式に夢中になって、写真や動画を撮り忘れないようにしてくださいね。
お店の人にお願いすれば、お食い初めの儀式の写真や記念写真を撮ってくれます。

写真や動画は一生の思い出に残るのはもちろん
出席できなかった方にも送ってお祝いを共有できます。

 

お食い初め儀式を行う人

ご両親がいる場合

赤ちゃんに食べさせる真似をする人は「養い親(やしないおや)」と言って
長寿にあやかるという意味から身内で最年長の人が行うという伝統があります。

男の子・・・男性

女の子・・・女性

ただ、最近は赤ちゃんの成長を祈るのはみんな同じということで
ご両親、パパママみんなで順番に
お食い初め儀式をされているご家族もいらっしゃいます。

 

パパママだけの場合

男の子はパパ、女の子はママと書いていることが多いですが
お2人で力を合わせてお食い初めの儀式をされる方が多いです。

 

旅アテンダント
お食い初めの儀式が終わった後のセットは
皆さんで召し上がってください。

 



 

両親がお食い初めの祝膳を用意してくれていた場合

 

ご両親がお祝いにお食い初めの祝膳(器)やお箸、スプーンなどを
用意してくださったケースをみたことがあります。

お店にその祝膳でお食い初めセットを用意してくれるか
相談してみてください。

せっかくだったら用意した祝膳でお祝いしたいですもんね。

 

お支払いについて

 

基本は主催者であるパパとママが払います。
食事後のデザートのタイミングで、支払いにいきましょう。

昔からの風習でお祝い事は母方の実家が払うものだとか
父方の実家が支払うものだとか
地域で異なる場合があります。

ご両親にそれとなく聞きいてみて
相談してみながら決めていってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一番大切なのは、元気に育ってほしいとの赤ちゃんへの気持ちです。

そして、お食い初めができるということは
ママが赤ちゃんがおなかにいる時からこれまでがんばった表彰式でもあります。

100日のお祝いは、一生に一度ですので
是非ご家族で素敵な思い出を残しましょう!



-ライフスタイル
-

© 2020 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5