アーカイブ

東京おでかけブログ

【実食レポ】羽田空港のメルセデスベンツの見ながら食べる伝説の「港屋」の肉そば

2021年4月に羽田空港のメルセデスベンツのラウンジにオープンした「The Minatoya Lounge」の肉そばを食べてみました。

「The Minatoya Lounge」は、虎ノ門に日本一行列ができると言われていた伝説のそば屋さんで、羽田空港に出店したということで注目を集めています。

 

 

港屋の伝説の肉そばは、羽田空港の「The Minatoya Lounge」で楽しめます

かつて東京の虎ノ門で連日長い行列ができていた立ち食いそば「港屋」は、羽田空港第2ターミナルの地下の「Mercedes me Haneda Airport(メルセデス ミー 羽田エアポート)」の中にあります。

虎ノ門に港屋があった時代に、一度行ってみてみたいと思っていたのですが、突如2019年2月に閉店。

港屋のそばを惜しむ声が多い中、大手町にある「星のや東京」、六本木のMercedes me Tokyo NEXTDOORと新店舗をオープンさせ、羽田の新店舗は、3店舗目となります。

羽田空港で港屋のそばができ、全国の方が気軽に伝説のそばが楽しめるようになりました。

 

ラウンジスタイルの「The Minatoya Lounge」はカフェスタイルの店構えで、メルセデスベンツが飾られた奥のスペースにあり、とてもおしゃれでシックな作りになっています。

料理はレジで注文してお会計を済ませてから、好きな席で待って番号が呼ばれたら取りに行くというスタイル。

開店して間もなく言ったのですが、もうすでにお客さんが5組ほど座っていて、羽田空港でもすでに人気のグルメになっていました。

 

 

「The Minatoya Lounge」のメニューはそばとカレーとシンプル

  • 冷たい肉そば・・・950円/スモール750円
  • 金太郎メンチカツカレー・・・850円
  • 金太郎メンチカツ・・・250円
  • 唐揚げ・・・650円

「The Minatoya Lounge」のメニューはシンプルに伝説の冷たい肉そばとメンチカツカレーのみ。

肉そばは注文してから5分程度、金太郎メンチカツカレーは7,8分程度で食べることができ、出発まで時間がない中でもサクッと食べられるようになっています。

 

「The Minatoya Lounge」の伝説に肉そばと金太郎メンチカツカレーを食べてみました

いよいよここからは実食レポートです!

『冷たい肉そば』は伝説と言われるだけあって一度食べると虜になる味

まずは冷たい肉そば。

そばと肉が見えないくらいのりとゴマとねぎがどっさりと盛られています。

 

 

肉そばには、ラー油が入ったつけ麺と温泉卵がついています。

「Mercedes me」の箸袋もおしゃれ。

冷たい肉そばは3通りの食べ方が楽しめます。

 

 

まずは、そのまま食べてみるのがおすすめ。

そばが入っている器の中に少し出汁が入っているので、シンプルな肉そばの味を楽しむことができます。

そばやうどんに入っている肉のパサパサ感が苦手という方もいますが、「The Minatoya Lounge」の肉そばの肉や柔らかくてしっかりとボリュームがありました。

 

 

そばの味や具材の味を楽しんだら、伝説の港屋のつゆにつけていただきます。

つけつゆは、ラー油がきいていて、中華でもないし和でもない不思議な味わい。

そばや具材をつける組み合わせによって、味が変わっていくんです。

一度食べたら忘れられないくらい感動の味でした。

 

 

しばらくラー油ベースのつけつゆを楽しんだら、温泉卵をつけつゆに投入。

 

 

今度はラー油と温泉卵でつけつゆがマイルドになりました。

そばにのっていたねぎやのりやごまが、この頃になるとちょうどつけたれの薬味となり温泉卵と絡んで、またさらに奥深い味に。

伝説のそばという噂は本当でした!

「The Minatoya Lounge」の肉そばは本当においしくて、忘れられない味となりました。

 

『金太郎のメンチカツ』はスパイスの香りが豊かな本格的なカレー

そして「The Minatoya Lounge」のもう1つのメニュー、金太郎のメンチカツカレーもいただきました。

洋風の高級感のある大きな食器にルーとメンチカツがトッピングされたライス、温泉卵がついてきました。

 

メンチカツの大きさと厚さだけでもびっくり!

揚げたてのメンチカツはサクサクしていて、衣にほんのりチーズの香りが感じられました。

このメンチカツとごはんだけでも食べられるというくらいボリュームとジューシーな味でした。

 

カレーのルーは、おそば屋さんの和風のカレーとは違って、何種類ものスパイスが使われている本格的なカレー。

そのうえに、肉そばのつけたれで使われているラー油がかかっていて、さらに深みがあります。

金太郎のメンチカツカレーは、ごはんの上にルーと温泉卵をかけて食べてみてくださいね。

 

 

「The Minatoya Lounge」の概要

店名メルセデスミーベンツ羽田エアポート
住所東京都大田区 羽田空港3-4-2 第2旅客ターミナル マーケットプレイス地下1階
時間8:30〜21:00 (※そばの提供は10:30~)

「The Minatoya Lounge」は、08:30からオープンしていますが、そばの提供は10:30からなのでご注意くださいね。

混雑時には料理が出来上がるまでに時間がかかる場合があるので、出発前に行かれる方は時間に余裕を持っていくことをおすすめすします。

また、メルセデスのオーナーの場合、車のカギを提示するとドリンク1杯無料(ソフトドリンク・コーヒー・アルコール)サービスがあるそうですよ。

 

この記事のまとめ

この記事では、2021年4月に羽田空港のメルセデスベンツのラウンジにオープンした「The Minatoya Lounge」についてご紹介しました。

今後羽田空港に行くときには、毎回食べるだろうなと思うくらいおいしい蕎麦でした。

羽田空港に行かれた時には、メルセデスベンツを眺めながら、伝説のそばをぜひ楽しんでみてくださいね。

 

 

-東京おでかけブログ

© 2021 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5