おでかけブログ

ルイヴィトンカフェは誰でも入れるので、肩肘はらず誰でも楽しめるカフェ

この記事では、銀座にあるルイヴィトンカフェについてご紹介します。

ルイヴィトンカフェは、持ちものや服装などドレスコードもなく、誰でも楽しめるカフェです。

また予約をする必要もないので、行きたいと思えばいつでも立ち寄れる、肩肘はらずに楽しめるカフェです。

ルイヴィトンカフェに行きたいけど、リサーチしてから出かけたいという方はぜひ参考になさってください。

 

 

ルイヴィトンカフェは誰でも入れる

ルイヴィトンカフェ(LE CAFE V)は、基本的に誰でも入店して、食事やスイーツ、お酒を楽しむことができます。

1階の入り口で要件を聞かれるのでちょっと緊張しちゃいますが、カフェ利用と伝えると、カフェがある7階に続くエレベーターまで案内してくれました。

座席もおひとり様から、4人くらいまでのソファーシート席がありました。

実際に入ってみると、ヴィトンのバッグやストールなどを持っている方が多い印象がありました。

しかし、私自身ルイヴィトンのアイテムは持っていなかったのですが、スタッフの方もとても親切で、他のゲストの方と変わりなく親切に対応してくださいました。

 

ルイヴィトンカフェは予約ができません

ルイヴィトン銀座でのお買い物は、2021年4月1日から事前来店予約ができますが、カフェに関しては予約できません。

ルイヴィトン銀座の公式サイトには、「アポイントメントを予約する」という箇所があるのですが、この予約はお買い物のことなんです。

私自身もカフェの予約と思い、事前予約をしたのですが、当日ショップから電話をいただき、カフェは予約できないとのことでした。

 

もし満席だった場合は?

  1. カフェ利用の列に並ぶ
  2. 順番待ちのチケットを受け取る
  3. 順番がきて呼ばれるまで店内や他の場所で待機
  4. カフェから電話があると、店舗入り口のカフェスタッフにチケットを渡して7階に上がる

カフェが満席だった場合は、順満待ちをする必要があります。

ただ、ルイヴィトンカフェは時間制限というものがなく、アルコールも提供があるので、待ち時間が読めないという点があります。

もし、待ち時間なくカフェに行きたいという場合は、平日やオープン時間を狙うのがおすすめです。

 

 

 

ルイヴィトンカフェのメニュー

  • カフェ
  • スイーツ
  • ランチ
  • 軽食

ルイヴィトンのメニューは大きく分けて4種類ありました。

 

今回、夏限定の宮崎県産のかき氷と、ほうじ茶をいただきました。

後でご紹介するのですが、カフェメニューでは、「ヴィー」のついているメニューを注文すると、ヴィトンのモノグラムの一部がラテになっていただけます。

私は事前リサーチが足りなかったので、オーダーしなかったのですが、ぜひルイヴィトンならではのラテアートを楽しんでみるのがおすすめです。

 

 

スイーツ

スイーツは季節限定のものから定番のものまで揃っています。

カフェの中央エリアにサンプルが置いているので、限定メニューはディスプレイを見ながら選ぶこともできます。

 

一番人気は、作り立てのミルフィール。

生地は薄くてサクサク。生クリームはマダガスカル産のバニラクリームで、生地との相性も抜群です。

 

 

カフェ

 

この投稿をInstagramで見る

 

友利亜(@greeeen__16)がシェアした投稿

カフェメニューは、コーヒー紅茶をはじめ、日本茶やアルコールまで種類が豊富にあります。

特にカフェメニューでは、「ヴィー」のついているメニューを注文すると、ヴィトンのモノグラムの一部がラテになっていただけます。

 

ランチ

ランチは、11:00~15:00までオーダーすることができます。

4,800円と8,800円のランチコースが用意されていて、サラダ、スープ、メイン、デザートとなっています。

 

 

軽食

 

この投稿をInstagramで見る

 

naomi(@naisuimeilingmu)がシェアした投稿

軽食はサンドイッチや、和牛ハンバーガー(1日5食限定)、サラダなどが楽しめます。

 

 

この記事のまとめ

この記事では、銀座にあるルイヴィトンカフェについてご紹介しました。

ルイヴィトンカフェは、持ちものや服装などドレスコードもなく、誰でも楽しめるカフェです。

ルイヴィトンの世界観を楽しみたい方は、誰でも楽しむことができますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

 

-おでかけブログ

© 2022 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5