お取り寄せグルメ

マツコの知らない世界で紹介されたおせちをご紹介【お取り寄せ情報も】

2020年12月1日

2020年12月1日にTBS「マツコの知らない世界」で紹介されたおせちの特集情報をご紹介します。

2021年のお正月は帰省するのを控えたり、旅行に行くのを控える方も多いのではないでしょうか。

おせちをこれから購入する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「マツコの知らない世界」で紹介されたおせち料理

今回、マツコの知らない世界でおせちを紹介してくれたのは、中井千佳さん。

“究極のおせち”を求めて1000種類以上のおせちを食べたそうで、その中でもお墨付きのおせちを味わてみたいですね。

12月に入ると、おせちの注文も活発になり、すぐに売り切れてしまいますので、気に入ったおせちがあったら早めに注文してくださいね。

 

マツコデラックスさんが毎年注文するおせちはこちら

マツコデラックスさんは、毎年「つきぢ田村」のおせちを取り寄せているんだそうです。

つきぢ田村は、築地にある老舗日本料理のお店のおせち料理で、伝統ある老舗と名高い料亭《つきぢ田村》の、贅を尽くした美味をふんだんに盛り込んだおせちです。

素材を慈しみ、旨みを生かしながら仕上げた甘辛い江戸風の美味が、見事に開花したおせちです。

毎年、伊勢丹をはじめデパートでも購入ができます。

つきぢ田村の公式ページ

 

 

マツコ・デラックスさんが絶賛のこだわりのおせち

おせち料理名こだわり内容
伊達巻1日100本しか作れない極上の伊達巻
栗きんとんモンブラン超えの栗きんとん
黒豆約2.5cmの黒豆だけを厳選
なますサラダのようななます

まつこの知らない世界では、おせち離れの世代も美味しく食べられるおせち料理をご紹介しています。

「伊達巻」や「栗きんとん」などおせちの時期以外でも美味しく食べられます。

 

極上の伊達巻 ~京都 吉田喜(よしだき)~

店名吉田喜
住所京都府久世郡久御山町田井新荒見73 
値段2,160円

昭和7年に創業した「たまご焼き」さんが作っている伊達巻です。

1日100本が限界の伊達巻。

吉田喜の伊達巻玉子は、20年の職人さんが1本1本焼き加減を目視して作っているんです。

吉田喜の伊達巻玉子は、ふっくら感でまずは皮から食べるのがおすすめで、日本酒にもぴったりです。

吉田喜では、お正月以外にも出汁巻き玉子をお取り寄せすることできます♪

 

 

 

栗きんとん ~愛知県 水上食品~

愛知県 水上食品の栗きんとんは「モンブラン超えの栗きんとん」と言われています。

おすすめの栗きんとんの食べ方は、まずあんだけを口に入れ3秒間楽しんでから、栗きんとんを食べると最大限に美味しさを楽しむことができます。

さっぱりした甘さで、女性だけでなく男性もペロリ!2人で丁度良いサイズです。

 

 

 

黒豆 ~愛媛県 志賀商店~

志賀商店の黒豆は、国内産の丹波黒黒豆を使用していて、約2.5cmの黒豆を1粒1粒丁寧に選別したこだわりの黒豆です。

美味しい水で黒豆を漬け込み、添加物を使わない味付けで濃厚な豆の味が楽しめます。

 

 

 

なます ~新潟県 野島食品~

マツコ・デラックスさんが大絶賛したなますをご紹介します。

野島食品のなますは、2種類の米酢の相乗効果で、まろやかな酸味に仕上がっっているんです。

大根の味としゃきしゃき感が残るほど、まるでサラダのようななますです。

なますの美味しさを見極める方法は、両手を引っ張っても切れないくらいの弾力があるなますです♪

 

 

マツコの知らない世界で紹介されたおせちのまとめ

マツコの知らない世界で紹介されたおせちをご紹介しました。

気に入ったおせちはあったでしょうか。

2021年のお正月はおうちで過ごすという方で、これからおせちを買おうという方の参考になれば嬉しいです。

 

 

-お取り寄せグルメ

© 2021 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5