Travel(旅行)

【旅行中の心配ごと】いびき対策をして旅行を思いっきり楽しむ3つの方法

2020年8月22日

旅行に行く前って本来楽しいもの。

旅先で写真をとったり、美味しいもの食べたり、温泉に入ったりと現実から離れて思いっきり楽しむことができるから。

でも、普段から「いびき」をかく人は、旅行前すごく心配ですよね。

  • いびきをかいて友人や大切な人に迷惑をかけないか
  • 自分自身も緊張して寝れないんじゃないか

私もいびきをかいていて、毎回旅行前にはいびきのことで心配でした。

 

旅アテンダント
私のいびきがうるさくて、枕を顔に押し付けられた経験があります

 

そんな経験からいびきに対して試行錯誤してきました。

今日は、旅行前のいびきの心配が少しでも改善される情報をお伝えしたいと思います。

 

 

旅行中にいびきに悩まされる人は多い

翌朝起きた時に友人に「いびきうるさくなかった?」って聞くと、大抵「大丈夫だよ」と言ってくれますが本音はどうなんでしょう。

いびきをかかない人は、私たちがいびきで寝ている時にすごくストレスを感じているんですね。

 

旅アテンダント
ごめんなさい

 

とは言ってもこのいびきの壁を乗り越えないと、いつまででも旅行に行けないですよね。

 

旅行中のいびきの原因

では、旅行中にいびきをかく原因をご紹介していきます。

  • 歩き回って疲れている
  • お酒をたくさん飲んだ
  • 枕があってない

ということが旅行中のいびきと関係しているようです。

oggi.jpが「どんなときにいびきをかいていると思うか」を質問したところ

旅行 いびき 心配

出典:oggi.jp

1番多かったのが、「疲れているとき」で、次に「お酒を飲んだ時」が続いています。

 

実際にいびきをかきやすくなる原因として

枕が高い
枕が高いと、アゴが引けて首が圧迫されるため気道が圧迫される。

手を上げて寝る
手を上に上げて寝る姿勢も、アゴが圧迫されて気道が狭くなる。

口で呼吸する
疲れているときは、疲労回復のため脳がたくさんの酸素を取り入れようとして、口を開けてたくさんの空気を吸い込みます。鼻が詰まっているときも、口で呼吸するようになります。口呼吸をすると気道を大量の空気が通るので、いびきをかくことになります。

お酒を飲む
お酒を飲むとアルコールの影響で筋肉がゆるみ、舌が落ち込んで軌道が狭くなるので、いびきをかきやすくなります。

タバコを吸う
タバコを吸う人はノドの炎症が起きやすく、いびきの原因につながる。

旅行中は、自分が思う以上に疲れていたり、お酒も普段より多くなりがちだったり、枕も自分にあった高さじゃないことも。

 

うめこ部員
旅行中は、普段以上にいびきをかく要因があるということが分かりました

 

では、その原因が分かったところで、旅行中になるべくいびきをかかない方法をご紹介していきます。

 

旅行中のいびきの心配をしなくていい3つの方法

  1. お酒はほどほどに
  2. マスクをして寝る
  3. グッズを使う

 

その1.お酒はほどほどに飲んで、一緒にお水を飲む

旅先だとどうしても、お酒が進みますよね。

いびきを防止すると同時に、二日酔いで次の日の旅が台無しになってもいやですよね。

特に旅先ならではの地酒なんか飲みたくなると思いますが、お酒と一緒に必ずお水も飲むようにしてください。

 

2.マスクをして寝る

今の時代、マスクをして寝るのがエチケットになっていますが、マスクをしないで寝ると空気が乾燥していると鼻づまりを起こしやすくなります。

マスクをすれば、口にいびき防止テープも貼れるし、鼻の通りをよくするグッズも遠慮なくつけれるのでマスクをしてするのがおすすめです。

 

3.枕や毛布を使って横向きで寝るようにする

いびきを予防する対策として「横向きで寝る」ことが効果があるといわれています。

仰向けにならないように横になった状態で枕を背中に置いて寝ることで、体を強制的に仰向けにさせないようにすることもできます。

旅行に持ち運びができる枕を持っていくのも対策の1つです。

おすすめなのが、フランスベッドから出ている「スリープバンテージ トラベル」といういびき対策の枕の「持ち運び版」

投稿写真は自宅用のスリープバンテージです。

旅アテンダント
私も旅行先で持ち歩いています。

色んなメーカーから抱き枕が販売されているのですが、フランスベッドから出ていて「横向き」で寝ることに追求した枕なんです。

 

旅行 いびき 心配

■エアバルブを開きます。
■空気を押し出しながら、枕を三つ折りにして空気を抜きます。
■エアバルブを閉じます。
■折りたたんで専用ケースに入れることができます。

旅行 いびき 心配

高さの合わせ方
■エアバルブを開くと、自動的に空気が入ります。
■空気が入ったら、一旦エアバルブを閉じます。
■頭をのせてみて、高く感じた場合はエアバルブを開いてから手で押して空気を出し、お好みの高さでエアバルブを閉じます。
低く感じたときは、エアバルブを開いて直接空気を吹き入れて調節します。

空気を入れるのも口で膨らませる必要がないので、簡単に枕が作れます。

 

 

まとめ:【旅行中の心配ごと】いびき対策をして旅行を思いっきり楽しむ3つの方法

いかがでしたか?

旅行中は、翌日の旅も元気に過ごせるよう睡眠がとっても大事ですよね。

いびきは一緒に寝るひとにとっても、私たち自身にとっても、睡眠の邪魔になります。

上手にいびき防止対策やグッズなども上手に活用してみてくださいね。

それでもいびきが気になるようでしたら、放置せずきちんと病院で診てもらうようにしてくださいね。

 

-Travel(旅行)

© 2020 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5