ディズニー部

【決定版】冬のディズニーランド・ディズニーシーに持っていくべき持ち物はこれ!

2020年12月27日

ディズニーランドとディズニーシーの冬は、どちらのパークとも海風がピューピューと吹いてきてとにかく寒いです。

冬のディズニーは温度が多少高くても体感温度は低いです。

レストランやショップもコロナ対策で窓を開けて換気を行っているので、室内でも温かいとまではいきません。

今回は、そんな寒い冬の東京ディズニーランド、ディズニーシーに持っていくべき持ち物をご紹介します。

 

▼気になる持ち物をタップしてジャンプ▼

 

冬のディズニーランド・デイズニーシーであったら便利なもの

冬のディズニーランド、ディズニーシーでの持ち物をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

冬のディズニーに便利な持ち物その1.カイロ

冬のディズニーにはカイロがないとかなり寒いです。

忘れても、パーク内にカイロが販売されていますが、1枚60円とちょっと高級品となっています。

グッズやパークフードを食べるためには、出来たら家から持っていった方がいいですよね。

カイロは、女性でしたらお腹と背中に貼るのがおすすめです。

足用のカイロもあれば便利です。

 

冬のディズニーに便利な持ち物その2.日焼け止め

意外だと思う方が多いと思いますが、冬のディズニーは天気がいいと紫外線に肌がさらされます。

ディズニーランド・シーは、アスファルトの太陽の照り返しがあり、またアトラクションに待つ時に外で待つので想像以上に日に浴びます。

冬でもディズニーでは紫外線対策を忘れずにしてくださいね。

 

冬のディズニーに便利な持ち物その3.ヘアブラシ

冬のディズニーでは想像以上に海風に髪の毛が振り乱されたり、さらにアトラクションによっては髪の毛を振り乱してしまうことがあります。

化粧室にいったときに髪の毛をとかせるように、ヘアブラシはぜひ持っていってくださいね。

 

冬ののディズニーに便利な持ち物その4.ハンドクリーム

ディズニーランド、ディズニーシーは風が強く屋外にいることが多く、消毒をこまめにするのでハンドクリームは必需品です。

こまめにハンドクリームを塗ってくださいね。

パーク内でも限定のハンドクリームが販売しているので、忘れた人は現地でも購入することができます。

ディズニー限定のハンドクリームの付け心地の感想を「【口コミ】2021年ディズニーのハンドクリームの5種類のつけ心地と香りをご紹介 」で詳しく書いているのでもしよかったら参考にしてみてくださいね。

 

 

冬のディズニーに便利な持ち物その5.ひざ掛けやUSB対応の電気毛布

開園前に並んだり、グリーティングショーを待つ場合は地面からの寒さが体の体温を奪っていくくらい寒いです。

クッションやひざ掛けがあると便利です。

 

 

USB電源の電気ひざ掛け毛布 3,700円(税込み)

次回、パークに行く時に持っていってみようかなと思っているのは、USB電源で暖かくなる毛布です。

USBにつなげば電気毛布になるので、アトラクションやショーの待ち時間はもちろん食事をするときも、足元が冷えるのであったら便利かなって狙っています。

この他にも色々USBの電気毛布がたくさんあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

USB電源の電気ひざ掛けをみてみる

 

 

冬のディズニーに便利な持ち物その5.服装編

  • マフラー
  • 帽子
  • 手袋

首周り、足元が冷えないようにヒートテックを下にしっかり着込んだり、タイツを履いてしっかりと防寒対策をしてくださいね。

 

冬の時期は寒さ対策も兼ねて、ファンキャップ(キャラクターの帽子)をかぶる人の多く見かけます。

耳や首元がカバーされますよ。

開園直後は、ファンキャップを買うのに並ぶことが多いのでご注意くださいね。

 

 

ディズニーランドで感染予防対策のための持ち物

冬に限らずディズニーランドやディズニーシーでは、感染予防のためにコロナ前と変わっていることがあります。

それを踏まえた上で、持っていかないといけないもの、持っていった方がいいものをご紹介します。

 

マスク

ディズニーランド・ディズニーシーはマスクを着用しないと入園できないので、マスクは必ず着用していってくださいね。

万が一忘れたり落としたりした場合は、パーク内で販売しています。

予備があるいいですよ。

 

大きめのタオルハンカチ

ディズニーランド・ディズニーシーの化粧室は、ジェトタオルが使えません。

手を洗う機会が増えるので、大きめのタオルハンカチを持っていくようにしてくださいね。

 

ウェットティッシュ

カレーやクリーム系のパークフードを食べるときはウェットティッシュがないとつらい

ウェットティッシュは、食事の時にあると便利です。

ディズニーランド・ディズニーシーのレストランは、感染予防対策のためカトラリーや、ペーパーナプキンが自由に取れなくなりました。

ペーパーナプキンは料理を渡される時に3~5枚程度もらえるのですが、口元をちょっと拭きたいときや、テーブルを拭きたい時にも便利です。

 

 

モバイルバッテリー

パーク内では、スマートフォンを使う機会が増えバッテリーの減りも早いです。

現在ディズニーランド・ディズニーシーでは、アトラクションを体験するために「エントリー」や「スタンバイパス」を始め、レストランのメニューもスマートフォンで確認などスマートフォンの出番がたくさんあります。

私はパークに行くときは、2つ同時に充電できて、薄型大容量のバッテリーを持っていってます。

Ankerのモバイルバッテリーはおすすめですので、もしよかったらチェックしてみてくださいね。

 

 

冬のディズニーの持ち物番外編:お家やホテルに帰ったら

冬のディズニーから帰ったら、ぜひお風呂でゆっくりつかってください。

1日ディズニーで遊んだ体は、体の芯まで冷え切っていますよ。

ディズニーランドの「パーティグラ・ギフト(アドベンチャーランド)」には、ここでしか買えないの入浴剤が売っています。

 

 

 

またディズニーホテルには、お家に帰ってもディズニー気分が味わえる入浴剤も売っています。

もしホテルに寄れるチャンスがあればチェックしてみてくださいね。

もし、ホテルに寄れる時間がない方は、楽天市場などでもお取り寄せができますよ。

 

 

 

 

まとめ:【決定版】冬のディズニーランド・ディズニーシーに持っていくべき持ち物はこれ!

いかがでしたでしょうか。

今回は、冬のディズニーランド・ディズニーシーに持っていくべき持ち物についてご紹介しました。

冬の持ち物って迷いますが、冬のディズニーは寒さ対策万全でぜひ出かけてくださいね。

ぜひ皆さんのディズニー旅の参考になればうれしいです。

 

 

あわせて読みたい

 

-ディズニー部

© 2021 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5