本ページには広告が含まれている場合があります。

旅行準備、豆知識

【2023年版】冬のディズニー持ち物と寒さ対策はこれだけでOK!荷物を少なくしたい人必見

2021年12月2日

この記事では、冬のディズニーを乗り切るための持ち物と寒さ対策をご紹介します。

【冬のディズニー持ち物と寒さ対策まとめ】

舞浜の冬の平均気温

最高平均気温 最低平均気温
12月 12.1℃ 4.7℃
1月 9.5℃ 2.2℃
2月 9.9℃ 2.5℃

●ポイント

・北海道や東北など東京より寒い地域の方は、いつもしている防寒対策で十分
・ショーやパレードの待ち時間はとにかく寒い!
・冬のディズニーは、持ち物の工夫と、服装と過ごし方が重要

ディズニーの冬は、気温が下がるのに加えて、海からの冷たい風が吹きつけてきます。

この記事を読めば、寒いディズニーでも満喫できるようになりますので、続きもチェックしてみてくださいね。

こちらの記事では、ディズニー旅行の予約から準備までお役立ち情報をご紹介しています!
Tabiアテンダント
【2023年】ディズニー旅行の虎の巻!旅行会社の予約から節約方法、準備まで解説します

この記事では、ディズニー旅行に行こうと計画されている方に、ディズニー旅行のお役立ち情報をご紹介します。

続きを見る

冬のディズニーを乗り切るための持ち物8選

おすすめの持ち物 パークで買える
カイロ
手袋
ハンドクリーム
ヘアブラシ
耳当て・帽子(ファンキャップ)
マフラー
日焼け止め
保温型の水筒

冬のディズニーで寒さを防げるおすすめの持ちもので、実際に私も持っていって便利だったと思ったアイテムです。

ほとんどのものがパーク内でも買えますが、一般価格からすると高いので、自宅から持って行ってその分食べ物やグッズ代として使うのもいいでしょう。

なお、寒さに関わらず必要な持ち物については、こちらの記事も参考になさってください。

ディズニー持ち物リスト完全版!荷物を少なくしたい人は必見

この記事では、東京ディズニーランド・シーで思いっきり楽しむために、持ち物リストをご紹介します。

続きを見る

①:カイロ

冬のディズニーにはカイロは必須。

忘れても、パーク内にカイロが販売されていますが、1枚60円と高いのが難点。

カイロは、腰や下腹に貼ることでかなり寒さも軽減されますし、足用のカイロもあればおすすめです。

②:手袋

人は末端から冷えると言われていて、手先を温めるだけでも寒さの感じ方が違ってきます。

スマホでの操作が多いパーク内では、手袋をつけたままスマホの操作ができるスマホ対応の手袋が便利です。

パーク内にもスマホ対応の手袋も販売がされていましたが、まだ種類が少ないので事前に準備しておくのがおすすめです。

③:ハンドクリーム

ディズニーランド、ディズニーシーは風が強く屋外にいることが多く、消毒をこまめにするのでハンドクリームは必需品です。

こまめにハンドクリームを塗ってくださいね。

パーク内でも限定のハンドクリームが販売しているので、忘れた人は現地でも購入することができます。

④:ヘアブラシ

冬のディズニーでは想像以上に海風が強いので、髪の長い方は海風で髪が乱れてしまうことが多々あります。

またアトラクションによっては髪の毛が乱れてしまうことも。

髪の毛をこまめにとかさないと、パークからの帰りには、乾燥も重なり髪の毛がパッサパサになりますので、髪の毛をこまめにとかすようにしてくださいね

⑤:耳当てやファンキャップ

ディズニーでは、風が強いので耳が冷たくなりすぎて痛くなることもしばしば。

耳当てやファンキャップがあれば耳をカバーできるので、寒さ対策にぴったりです。

イヤーキャップは当日パーク内でも買うことはできますが、開園直後は長蛇の列になる日が多いので、あらかじめディズニーアプリで購入したり、前泊している方は、ボン・ヴォヤージュなどで購入するのがおすすめです。

⑥:マフラー

マフラーは寒さ対策にとってマストアイテム。

マフラーを巻いて首を温めるだけで、体感温度が3℃〜4℃も上がるともいわれているんです。

パーク内にもディズニーモチーフのマフラーを買うことができますよ。

さらに温めたい方は、ひざ掛けにも代用できる大判のマフラーを首に巻くのもおすすめです。

⑦:日焼け止め

意外かとお思いかもしれませんが、日焼けが気になる方は日焼け止めや日傘も持っていくのをおすすめします。

12月〜2月は、一年でもっとも紫外線量が少ない季節。とはいえ、シワやたるみに影響を及ぼすUVAは、季節による変動が少なく常に降り注いでいます。
出典:資生堂

晴れた日のパーク内は、アスファルトの太陽の照り返しがあり、またアトラクションに待つ時に外で待つので想像以上に日に浴びます。

しかも上からでなく、冬の日差しは横からなので、もろに顔に日差しが当たってしまうんです。

冬でもディズニーでは紫外線対策を忘れずにしてくださいね。

⑧:保温型の水筒

パークにも温かい飲み物を買うことはできますが、寒さのせいですぐに冷たくなってしまいます。

ホテルやおうちから温かい飲み物を入れておけば、いつでも温かい飲み物を楽しむことができますよ。

中でもジンジャーティーは、体を内から温めてくれるのでパレートやショー待ちにはおすすめです。

 

パーク内への水筒の持ち込みは禁止されてないので、安心して持ち込んでくださいね!
Tabiアテンダント

開園前に並ぶ方、ショーやパレードをしっかり楽しみたい方の持ち物

開園前に並んだり、ショーやパレードをいいポジションで見ようとする場合、その場で座って待機することが必要となります。

地面は、コンクリートやレンガなので、少し座っているだけでも体の芯まで冷たくなってしまいます。

①:ブランケット

おすすめなのが、USBにつなぐと電気毛布になるブランケットです。

足元に使っても肩から掛けて背中を温めても、寒さが一気に和らぐので便利ですよ。

USBバッテリーは、パーク内でレンタルできますよ!

ディズニーで充電がなくなる!今すぐ無料で充電を100%にする裏技を解説します

この記事では、ディズニーで充電がなくなったという方に、今すぐ100%に充電できる方法をお伝えします。

続きを見る

②:アルミシート付きレジャーシート

地面からの寒さ対策として、アルミシートがついたレジャーシートがおすすめです。

アルミがあるのとないとでは、地面からの寒さの伝わり方が変わってきます。

普段の生活でも、パークで使わない時にはお家のお布団の下に敷いて寒さ対策をしたり、万が一の災害時の防寒対策にもなるので1枚は持っておいても損はありません。

③:ポータブルクッション

ポータブルクッションもおすすめです。

座ったままの待機はおしりが痛くなりますし、アルミシート付きレジャーシートにポータブルクッションをプラスすれば、さらに地面からの寒さを軽減することができます。

パーク内ではかばんにも入る、ポータブルクッションが販売していることもありますよ。

寒くて辛い!冬のディズニーで寒さをしのぐ方法

パーク内で寒い時に寒さをしのぐ方法についてご紹介します。

その①:寒さをしのげる場所に行く

室内のレストランや、室内で過ごせる施設、アトラクションで暖をとりましょう。

ディズニーシーであれば、マーメイドラグーン内は温かく、またマーメイドラグーンシアターが開放されていることもあるので、そこで寒さをしのぐことができます。

車で来園している人は、駐車場に戻って車の中で休憩するという方法もおすすめです。

その②:レストランの予約やプレミアアクセスを利用する

アトラクションやレストランの順番を外で待つ場合、海風にさらされたりかなり極寒になるところがあります。

  • プライオリティシート
  • アトラクションのプレミアアクセス
  • モバイルオーダー

のサービスを利用することで、待ち時間を短縮することができるようになります。

ディズニーレストランのキャンセル拾いのコツ!行けなくなった場合の手続き方法も

この記事では、ディズニーレストランのキャンセル方法や、キャンセル拾い・当日予約の方法をまとめました

続きを見る

東京ディズニーでモバイルオーダーまとめ!支払い方法や席のについて詳しく解説

東京ディズニーランド・シーでは、並ばずに食事の購入ができる「モバイルオーダー」のサービスが開始され、早速使ってみました。 実際使ってみて便利な点と注意した方がいいなという点がありました。

続きを見る

寒さ対策をしながらおしゃれになれるコーデをご紹介

寒さを優先するなら、防寒対策をしっかりするのが一番ですが、せっかくのパークだったらおしゃれも必要ですよね。

ここでは、おすすめのコーデをご紹介します。

アウターは短めがおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

しおり(@shiori_0820hb)がシェアした投稿

アウターは長いものよりも短めがおすすめです。

コートが長いとアトラクションに乗る時に引っかかってしまったり、ショーの待ち時間で座って待つときに裾が汚れてしまったりということもあります。

防寒インナーは2枚重ねで着ぶくれしないようにしましょう

防寒インナーを着てディズニーランドに行く方は多いと思いますが、着ぶくれを気にする方は、2枚重ねをしてみてください。

私もユニクロのヒートテックを着ていくのですが、ノースリーブと長袖の2枚重ねをしてパークに行っています。

カチューシャの色と合わせてのコーデがおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yui(@yy__disneygram)がシェアした投稿

冬のディズニーは、スパンコールのカチューシャが豊富。

カチューシャの色と洋服の色を合わせると一段とおしゃれに見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuuka(@yuuka03_2)がシェアした投稿

ダッフィーのモコモコ感のカチューシャと合わせることで、冬らしい暖かい柔らかいイメージに演出できますね。

パンツスタイルで寒さ対策をする

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐀𝐍𝐍𝐀🥀(@an423na)がシェアした投稿

冬のディズニーで定番のコーデは、やはりパンツスタイルが王道です。

足元を温めながら、おとなコーデを楽しむことができます。

足元の寒さ対策で最強におすすめアイテムは裏起毛のタイツ

しつこいのですが、冬のディズニーではアトラクションやショーの待ち時間は動かないので、海風や地面からの冷たさが足に伝わり、楽しいはずのディズニーが寒さとの闘いになってしまいます。

しかも、家に帰ると足に冷たさと、歩き疲れで『冷えとむくみ』ダブルの疲労度が一気にくる状態に。

足もとの防寒対策が冬のディズニーを制すといっても過言ではないくらい。

そんな時におすすめなのが、裏起毛がついたタイツです。

足に寒さが伝わってこないので、足もとを冷やしたくないという方におすすめです。

\ディズニーで寒さ対策しながらおしゃれコーデしたい方は/

楽天市場で見てみる

この記事のまとめ

この記事では、冬の寒いディズニーで快適に過ごすためのおすすめの持ち物やでコーデについてご紹介しました。

冬のディズニーってキラキラしているので、そんな季節こそ思いっきりおしゃれして楽しみたいですよね。

寒さ対策をすれば十分に楽しめますので、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザー

国内旅行業務取扱管理者/世界各地を15年以上飛び回った経験や体験をもとに、大人が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介。現在も年間80泊以上はホテル滞在。 ■元航空会社■メディア出演経験あり。■e-温泉マイスター/風水鑑定士/ソムリエ/国際利き酒師/世界遺産検定3級/(一社)宿泊施設関連協会所属

-旅行準備、豆知識
-,