自治体クーポン

全国旅行支援(全国旅行割)予約済みの場合やあとから予約は?対象と発表でも注意が必要

2022年9月26日

この記事では、10月11日より開始される全国旅行支援(全国旅行割)で、予約済の場合は割引が適用になるのか解説します。

【10/10最新】開始前に予算に達した予約サイトもあります。既存予約の取扱いや発売情報について随時更新していますが、予約前には必ず各旅行予約サイトの最新情報を確認するようにしてください。

結論から言うと、現段階では決定していないので、キャンセル料がまだかからないのであれば、そのまま発表を待つのをおすすめします。

9月26日に予約済みの旅行についても「対象」となりました。

本文では、全国旅行支援の、予約済の場合の対応方法や、最新情報も含めてご紹介していますので、よかったら本文も参考になさってください。

 

全国旅行支援(全国旅行割)予約済みの場合、割引は適用になる?

冒頭でもお伝えした通り、観光庁は、9月26日に予約済みの旅行についても、全国旅行支援の「対象になる」と発表しました。(引用:東京新聞

しかし、既存予約が割引対象になるかは、都道府県や旅行事業者などにより異なる可能性もあります。

というのも全国旅行支援は、あくまでも今ある県民割が全国の方が利用できるという観光需要喚起策なので、足並みをそろえるには、少し時間がかかるからです。

現在、行われている県民割(ブロック割)の最新情報はこちらにまとめていますので、よかったら参考になさってください。

【最新】全国旅行割の日帰りツアー紹介!人気のかにバスツアー、温泉などもネット予約可

この記事では、全国旅行支援の日帰りツアーをまとめました。

続きを見る

 

 

全国旅行支援「あとから割引」適用する旅行予約サイト

楽天トラベル楽天トラベルの全国旅行支援
国内宿泊、国内ツアー対象
じゃらんじゃらんの全国旅行支援
国内宿泊対象
じゃらんパックは未定
ゆこゆこゆこゆこの全国旅行支援
国内宿泊対象
Yahoo!トラベルヤフートラベルの全国旅行支援
国内宿泊予約は対象
※ヤフーパックは対象外
一休.com一休.comの全国旅行支援
国内宿泊対象
JALパックJALパックの全国旅行支援
JALダイナミックパッケージ対象
※予約済の方へ随時メッセージボードにて連絡
JTRIPJTRIPの全国旅行支援 
乗り換えサポートの準備を進めていると発表
JTBJTBの全国旅行支援
国内宿泊、国内ツアー対象
るるぶるるぶの全国旅行支援
国内宿泊が対象
エアトリエアトリプラスの全国旅行支援
エアトリプラス(国内航空券+ホテル)、国内ホテル、国内ツアー対象
びゅうトラベルびゅうトラベルの全国旅行支援
ダイナミックレールパック(新幹線・特急+宿泊)対象
OZモールOZモールの全国旅行支援
国内宿泊予約が対象
ReluxReluxの全国旅行支援
国内宿泊が対象
ゆめやどゆめやどの全国旅行支援
国内宿泊が対象
日本旅行日本旅行の全国旅行支援
国内宿泊、国内ツアー対象

確実に割引を受けたい方は、利用条件がはっきり分かってから予約するのがおすすめですが、予算には限りがあるので売り切れてしまった場合は予約ができないので注意も必要です。

なお、旅行予約サイトのクーポンやキャンペーンについて下記にまとめています。

【2022年】旅行割引の最新情報まとめ、旅行が安くなるクーポン、キャンペーン一挙公開

この記事では、毎日全国のクーポンやキャンペーンをチェックして、旅行が安くなる旅行サイトのキャンペーンや、クーポンをご紹介 ...

続きを見る

 

全国旅行支援に参加する旅行予約サイト

HISHISの全国旅行支援
10月14日(金)発売の専用商品にて改めてご予約いただき、既存の予約の取り消しが必要
近畿日本ツーリスト近ツーの全国旅行支援
クラブツーリズム
クラブツーリズムの全国旅行支援
ANAANAの全国旅行支援
ANAスカイツアーズANAスカイツアーズの全国旅行支援
ソラシドエアソラシドエアの全国旅行支援
スカイパックツアーズ(スカイカーク)
スカイパックツアーズの全国旅行支援

 

 

今から予約するメリット、デメリット

メリットデメリット
・値上げする可能性がある前に予約ができる
・行きたい日程や宿泊施設の予約がしやすくなる
・割引対象外となることがある
・キャンセルするとキャンセル料が発生する場合がある
・割引適用後の料金が、全国旅行支援の最低利用金額に満たない場合がある

全国旅行支援の予約開始前に予約するメリットは、何と言っても値上げの可能性が高くなる前の価格で予約できるといった点です。

しかし、全国旅行支援の詳細発表前のため、未決定なことが多いのも事実。

都道府県や旅行予約サイトによっては、割引対象外となる可能性があるリスクも考えた方がいいでしょう。

もし事前に予約する場合は、宿泊施設や、旅行パックには予約した時点で、キャンセル料が発生するものもありますので、いつからキャンセル料が発生するのも確認しておくのがおすすめです。

現在、あとから割引の準備を進めていると発表した旅行予約サイトも出てきました。

しかし、対象外になる可能性もあるため、「予約が適用されたらラッキー」という程度の気持ちでいた方がいいかもしれません。

 

 

全国旅行支援を改めて解説します

全国旅行支援は、旅行代金が4割引(1人1泊あたりの上限:交通付き8,000円、その他5,000円)となり、さらに地域クーポンを平日利用なら3,000円分、休日利用なら1,000円分貰うことができるキャンペーンです。

Go Toトラベルとは違い、現在実施されている県民割(ブロック割)の対象が全国の人になるというキャンペーンです。

そのため、都道府県によって予算が上限に達した時点で、終了という形になる可能性もあります。

全国が対象のキャンペーンですが、感染状況の悪化などを理由に、参加を希望しない都道府県がある場合、その都道府県を目的地とした旅行は対象外となります。

割引を受けるには、本人確認書類などと、ワクチン接種歴3回接種済または PCR検査等の陰性結果の証明が必要となる予定です。

  • 平日の旅行の方が地域クーポンが多くもらえる
  • 飛行機や新幹線などの旅行パックの方が割引率が高い
  • 高いホテルに泊まるより、価格が低いホテルに泊まる方が還元率が高い
  • 金、日、祝日のチェックインは平日扱いになるので、人気が高まることが予想される

 

10月中には、海外旅行の水際対策が緩和され、入国者数の上限が撤廃、個人旅行の受け入れ再開となります。

そうなると、たくさんの外国人も訪れるようになり、旅行代金は高くなっていくことが予想されます。

また、人気観光地エリヤや、人気のホテルは予約が急増することも予想されますので、旅行の計画を立てたら早めに予約することをおすすめします。

 

県民割と全国旅行支援の違いをチェック

県民割(ブロック割)全国旅行割
対象地域指定の都道府県在住者全国
実施期間~2022年10月10日まで2022年10月11日~2022年12月27日 ※2023年も継続決定
割引率50%40%
割引上限額5,000円【交通付き】8,000円
【宿泊のみ、日帰り】5,000円
クーポン券(1人1泊あたり)2,000円【平日】3,000円
【休日】1,000円

県民割と比べると、全国旅行支援の旅行代金の割引率は、50%から40%に引き下げられます。

しかし、全国からの旅行が対象なので、今まで県民割が対象ではなかった都道府県にお住まいの方も、割引料金で旅行することができるようになります。

なお、現在開催中の県民割については、こちらの記事で配布中のクーポンなど詳しくご紹介しています。

【最新】全国旅行割の日帰りツアー紹介!人気のかにバスツアー、温泉などもネット予約可

この記事では、全国旅行支援の日帰りツアーをまとめました。

続きを見る

 

全国旅行割はワクチン接種証や陰性証明が必要になります

全国旅行割を利用するには、免許証等の本人確認書類に加え、ワクチン3回接種済証または陰性結果証明の提示が必要となります。

お住まいの都道府県によっては、PCR検査を無料で受けることができる場合があります。

 

 

全国旅行割でよくあるQ&A

全国旅行割でよくある質問をQ&A方式でご紹介しますので、よかったら参考になさってください。

なお、全国旅行割は、都道府県や自治体により、ルールが違ってくる可能性もありますので、十分お気をつけください。

 

Q1:全国旅行割は全国が対象ですか?

全国旅行割が開始しても、全ての都道府県の割引を一斉に利用できるということにはならない可能性もあります。

というのも、観光庁の資料では、

「実施を希望しない都道府県からの申し出により、”当該都道府県を目的地とする旅行”を支援対象から除外する」と記載があります。

感染状況によっては、全国旅行割が対象外になる都道府県が出てくる可能性もあります。

 

 

Q2:新幹線や飛行機、バス旅行、高速代も対象になりますか?

全国旅行割は、飛行機や新幹線、バスといった交通と宿泊がセットになったパッケージツアーも対象となります。

宿泊だけよりも、旅行パックの方が割引率も高くなっています。

  • 旅行予約サイトや航空会社が販売しているダイナミックパッケージツアー
  • 添乗員がつくバス旅行や、ツアー
  • 寝台列車
  • 夜行フェリー

などで割引対象となります。

Go Toトラベル同様に、新幹線だけ、飛行機だけといった交通機関のみの場合は、割引対象外となります。

 

Q3:全国旅行割は子供料金も対象ですか?

全国旅行割は、子供も大人と同じ割引対象となる可能性が高いです。

料金の発生しない乳幼児についても、人数に含まれるかなど、発表され次第お伝えします。

 

Q4:全国旅行割の平日と休日はいつですか?

▼宿泊▼

  • 休日:宿泊日とその翌日の両方が土・日・祝日となる場合に「休日」
  • 平日:上記の休日以外の日

▼日帰り▼

  • 休日:土・日・祝日
  • 平日:上記の休日以外の日

注目は金曜日の宿泊が平日扱いになるという点です。

人気、金額ともに高騰することが予想されます。

 

Q5:全国旅行割に除外期間はありますか?

除外期間は、「最繁忙期」とは発表されています。

全国旅行割の実施期間によって、変わってきますが、年末年始付近の日程は除外となることが予想されます。

 

 

この記事のまとめ

この記事では、10月11日より開始される全国旅行支援(全国旅行割)で、予約済の場合は割引が適用になるのか解説しました。

結論から言うと、現段階では決定していないので、キャンセル料がまだかからないのであれば、そのまま発表を待つのをおすすめします。

情報は、随時更新していますので、ブックマークをしておくのをおすすめします。

 

 

 

 

-自治体クーポン
-, ,

© 2022 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5