本ページには広告が含まれています。

ホテル花水木の本館と別館の違い6つのポイントで徹底解説!これで迷わず予約できる

2023.09.08

この記事では、長島温泉にあるホテル花水木の本館と別館の違いについてご紹介します。

迷ったらコレ!

  • 両親と一緒、また3世代で泊まるなら本館
  • アクティビティを充実させたいなら別館

ホテル花水木はナガシマリゾート内の最上級の純和風旅館ですが、本館と別館によって、過ごし方が変わってきます。

この記事を読めば、違いが分かり、ご自身に合ったプランを選ぶことができるようになりますので、よかったら最後までチェックしてみてくださいね!

ホテル花水木の本館と別館の違いは6つ!

冒頭でもご紹介しましたが、「本館」「別館」の違いには大きく6つの違いがあります。

それぞれの特徴をおさえておけば、予約をする時にスムーズになりますので、ぜひチェックしてみてください。

違いその①:料金




お部屋タイプ 1室2名利用/1名あたりの料金
本館 和室+石風呂付(12.5帖+6帖) 47,300円 ~
本館 和室 禁煙(12.5畳+次の間+踏込) 44,000円 ~
本館 和洋室 2ベッド 禁煙(12.5畳+踏込14平米) 47,300円 ~
本館 和室 禁煙(10畳+次の間6畳) 40,700円 ~
洋室(33㎡) 34,100円 ~
お部屋タイプ 1室2名利用/1名あたりの料金
別館 和室 次の間付(10畳+6畳) 31,900円 ~
別館 和室 標準タイプ(10畳) 28,600円 ~
別館 和室 内庭向き(和室10畳) 27,500円 ~
別館 洋室(21㎡) 23,100円 ~

違いの1つめは、宿泊料金の違いです。

料金だけ比べると1泊あたり1万円ほど差があります。

お部屋で過ごすよりも、プールや温泉などアクティビティを充実させたい、少しでも安く宿泊費をおさえたいという方は「別館」がおすすめです。

建物の新しさで言えば、正直あまり変わりがありません。

別館が1966年建築、本館は1987年建築と本館別館ともに歴史がある建物となっています。
おとな開運女子部編集部
おとな開運女子部編集部

建物自体は古いですが、お手入れは細かい部分までしっかりされているので、古いという印象はあまりありません。

違い②:部屋の広さ

お部屋の広さにこだわりたいなら、本館がおすすめです。

というのも本館の方が2~6名まで泊まれるお部屋が多くなっています。

家族旅行や3世代でみんなでのんびりしたいという方であれば本館がいいでしょう。

ちなみに、本館は、各部屋担当の仲居さんが付いてくれるので、特別感も味わえます。

違い③:眺望

出典:一休.com

  • 遊園地が見える北側のお部屋
  • 海が見えるの南側のお部屋

ホテル花水木は、2方角に沿って建てられています。

眺望は、お部屋によって変わってきますが、別館より本館の方がいいです。

というのも、別館が6階建てに対し、本館は12階建て。

周りに遮るものがないので、伊勢湾側のお部屋に泊まるとオーシャンフロントの眺望が楽しめます。

ただ、遊園地側も常に賑わったような景色が楽しめます。

特に夜は、伊勢湾側のお部屋だと、夜は真っ暗ですが、遊園地側はライトアップされています。

オフィシャルホテルに泊まるということを楽しみたい!ワクワクした気分で過ごしたいという方は、遊園地側のお部屋がおすすめです。

違い④:食事

食事にも違いがあります。

部屋食にしたいという方は本館を選びましょう。

通常は、別館1階にある「くすの木」で食事をいただくのですが、本館ではお部屋のプランによっては、夕食を部屋食でいただくことができます。

ちなみに朝食は、本館、別館ともに別館1階にある「くすの木」でいただきます。

違い⑤:お風呂

お部屋の風呂は、本館、別館ともに源泉かけ流しの温泉が楽しめます。

本館の角部屋では、ナガシマスパーランドを見ながらお風呂に入れる岩風呂があります。

岩風呂がある部屋以外は、どのお部屋も基本的には同じお風呂です。

館内には、ホテル花水木宿泊者専用の大浴場、また湯あみの島もあるので、お部屋のお風呂をこだわりたいという方以外は、本館、別館どちらでもいいでしょう。

蛇口から出て来るのは100%の源泉なので、かなり温度が高めです。お部屋のお風呂に入る時は早めに温泉をはっておきましょう!
おとな開運女子部編集部
おとな開運女子部編集部

なお、長島温泉の泉質などについては、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、よかったら参考になさってください。

長島温泉の魅力まとめ!日帰り温泉、旅館、ホテルや観光も格安にする方法も紹介

この記事では、長島温泉の魅力やお得な情報についてご紹介します。

続きを見る

違い⑥:利便性

  • ナガシマスパーランド
  • 湯あみの島
  • アウトレットモール

をメインで楽しみたいという方は、別館がおすすめです。

ちなみに、本館から湯あみの島までは5分ほどかかります。

スリッパで館内を移動するから、通常よりも長く距離を感じてしまうこともあるかもしれません。
おとな開運女子部編集部
おとな開運女子部編集部

ただ、ホテル花水木の宿泊者専用の温泉が1階にあって、宿泊者限定ということで比較的静かに温泉を楽しむことができます。

そのため、遊園地などでワイワイ過ごすより、のんびりと過ごしたい、高齢の方など移動距離を短くしたいという方は、本館がおすすめです。

ホテルのエントランスもフロントも本館にありますよ!
おとな開運女子部編集部
おとな開運女子部編集部

ホテル花水木の本館と別館どっちがおすすめ?

本館をおすすめする人

  • ファミリーや3世代で泊まりたい人
  • 両親のお祝などで利用したい人
  • お部屋でのんびり過ごしたい人

本館は、別館と比べると料金が高くなりますが、非日常空間や、ノンブルしたいという方にぴったりです。

本館には、ホテルエントランスやロビーもあって、車もエントランスまで乗り入れができるので、あまり長い距離を歩きたくないという方にもおすすめです。

別館をおすすめする人

  • 友人やカップルで泊まりたい人
  • 遊園地などアクティビティを充実させたい人
  • コスパよく泊まりたい人

別館は、お部屋でのんびりという方よりは、コスパよくアクティビティを充実したいという方におすすめです。

本館よりもお部屋がコンパクトではありますが、それでも10畳はあるので十分は広さです。

ホテル花水木に泊まった人の口コミ

ホテル花水木は、幅広い世代に楽しめる宿で、リフレッシュするにはぴったりの宿です。

ナガシマスパーランドだけでなく、温泉も施設内にあるゲームセンターといった設備、料理と満喫したい人にぴったりです。

この記事のまとめ

この記事では、長島温泉にあるホテル花水木の本館と別館の違いについてご紹介しました。

  1. 料金 →コスパがいいのは「別館」
  2. 部屋の広さ →広いのは「本館」
  3. 眺望 →高層階の「本館」の方がいい
  4. 食事 →部屋食プランがあるのは「本館」
  5. お風呂 →どちらも変わらない
  6. 利便性 →ナガシマスパランド、大浴場に近いのは別館

どちらも、1日中楽しめリフレッシュできますが、ぜひどんな滞在にしたいのかを決めることで、宿泊プランを決めることができるようになります。

ぜひ充実した滞在にしてくださいね!

おとな開運女子部では毎日旅行に関するお得な情報を発信しています

新着旅行キャンペーン・セール

旅行するならホテル予約サイトもチェック!

旅行予約するなら、以下のランキングから旅行先のホテルをお得に予約できるところをチェックしてくださいね。

旅行サイトクーポンキャンペーンまとめ

旅行予約サイトのクーポンやセールなどを使ってお得に予約できる旅行サイトをご紹介します。

また、普段から楽天ポイントやPontaポイント、PayPayなどを利用しているという方は、貯めているポイントを使うことで、より安く予約することもできます。

【Yahoo!トラベル】
ポイント即時利用で10%割引!いつでも誰でもお得になる旅行予約サイトで、最安値が狙いやすい。
【楽天トラベル】
国内旅行、海外旅行まで網羅。毎月5と0のつく日なら最大20%OFF!楽天ユーザーにおすすめ。
【じゃらん】
自治体クーポンも多数配布!20〜29日の間であれば最大15%OFFで予約できる!
【HIS】
もともとお得ですが、セール時期に販売されるプランと限定クーポンに注目!特にハワイ旅行の充実さはピカイチ。
【一休.com】
ポイント還元率は2%と高め!贅沢旅行をお得にしたい人向けけ。タイムセールに注目!
【JTB】
国内の自治体クーポン、海外旅行クーポン多め!サポートも手厚いので安心して旅行したい人におすすめ。

国内ツアーを検討している人はこちらもチェック!

飛行機とホテルを一緒に予約することで、ホテルと交通機関を別に手配するよりもお得になることもあります。

気軽に旅行したい人には日帰りバスツアーもおすすめ

日帰りバスツアーを検討している人は、以下のバスツアーもチェックしてくださいね。

予約サイトクーポンやタイムセール

HIS特集ページを見てみる

オリオンツアーを見てみる

レンタカーを借りたい人はこちらもチェック!

予約サイトクーポンやタイムセール

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「ホテル・旅行研究家」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-ホテル旅館
-, ,