本ページには広告が含まれています。

ホテル旅館

KIKI知床ナチュラルリゾート宿泊ブログ!バイキングもサウナも最高

この記事では、知床半島のウトロ温泉にある「KIKIナチュラルリゾート」についてご紹介します。

結論から言うと、森林浴をしているようなホテルで、食事もお風呂も大満足のホテルでした。

本文ではホテルのお部屋や食事など詳しく解説していきますので、予約する時の参考にしてくださいね。

 

KIKI知床ナチュラルリゾート宿泊ブログ!バイキングもサウナも最高すぎた

KIKI知床

知床では、これまで「北こぶし」「知床第一ホテル」と泊まってきて今回やっと念願の「KIKI知床ナチュラルリゾート」に泊まることができました。

今回は、ちょうど流氷の時期に泊まってみました。

北 こぶし kiki どっち
【知床】北こぶしとKIKIはどっちがいい?両方泊まってみて分かった6つの違い

この記事では、知床にある「北こぶし知床 ホテル&リゾート」と「KIKI知床 ナチュラルリゾート」の違いについてご紹介します。 個人的には、多少高くはなりますが「北こぶし」がおすすめです。 本文では、実 ...

続きを見る

KIKIフロント

ホテルに一歩入ると、森の中に来たような癒しのロビーで、洗練された空間。

スタイリッシュな制服を着たスタッフが元気な声で迎えてくれます。

フロントカウンターは、同時に4組が手続きできる程度の大きさがあり、スムーズにチェックイン・チェックアウトの手続きを行うことができました。

KIKIアメニティ

フロントの横手にはお子さん用の浴衣、アメニティが用意されていて、必要なものを持っていくスタイルとなっています。

KIKI知床ナチュラルリゾートの前身は「知床プリンスホテル風なみ季」。

建物自体は昭和47年に建てられたものですが、リニューアルされていてとても清潔感のある建物でした。

お部屋(南ウィング:サンセットツイン)

今回泊まったお部屋は、南ウィングの8階のサンセットツインのお部屋。

KIKI知床部屋

玄関で靴を脱いで過ごせるのは嬉しい!

ベッドと畳のスペースがあるお部屋でした。

KIKIベッドルーム

お部屋はツインタイプということでベッドが2台。

木のぬくもりがあって、とても落ち着く空間でした。

KIKI部屋

畳スペース。

本来ならここから夕日が見られるのですが、お部屋に到着したのがすでに日が沈んでしまっていて、残念ながら夕日を見ることができませんでした。

ちなみに翌朝に撮ったお部屋から写真ですが、ウトロ漁港とオホーツク海(流氷)を一望することができました。

 

KIKIリビング

お部屋のテレビ周りはシンプル。

テレビがスマートテレビでないのはちょっと残念でした。

ちなみに、バーカウンターの下の椅子は、化粧する時に洗面台に持っていくと便利でした。

お風呂

KIKIお風呂

洗い場付きのお風呂で、ゆったりと入ることができる大きさです。

バスタブもあるので、小さなお子様連れファミリーには嬉しいですね!

シャワー脇にはPOLAのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが備え付けられていました。

洗面台

KIKI洗面台

洗面台はダブルシンクで広々としていました。

アメニティは、必要なものをフロントから持って行くシステムとなっています。

お部屋にもヘアードライヤーが用意されていますが、大浴場にはRefaやダイソンなどの高級ドライヤーがありました。

KIKI温泉バッグ

脱衣場には温泉大浴場に行く際に利用できる籠バッグもありました。

トイレ

KIKIトイレ

トイレは、独立タイプになっていました。

家族連れだけでなく、グループ旅行の人にとっても助かります!

部屋着(浴衣)

KIKIルームウェア

部屋着は、知床の動物たちが描かれている浴衣。

かわいい動物たちに癒されますね。

バーカウンター

KIKIバーカウンター

テレビの横に、電気ケトル、ミネラルウオーター、茶櫃、ドリップコーヒーなどが用意されていました。

大浴場

KIKI知床ナチュラルリゾート大浴場

大浴場は1階にあって、時間によって男女入れ替えとなっています。

※大浴場の写真は09:30から開催されている撮影タイム時間に撮影させていただきました。

2023年にリニューアルされた大浴場は、窓が大きくとられていて、内風呂からのも自然を楽しむことができます。

この日は真っ白な雪鑑賞をしながらお風呂が楽しめました。

温泉は、 塩化物泉のやさしい泉質でした。

KIKI露天風呂

露天風呂は、ちょっと熱めの温泉で雪見風呂ができます。

そして何と言ってもホテルには、「居心地の良いサウナ」をテーマに4種類のサウナが完備されているのが最大のポイント。

kiki 知床 サウナ
KIKI知床ナチュラルリゾートのサウナは4種類!極寒の地で極上の“ととのう”を体験

この記事では、北海道・知床にある「KIKI知床ナチュラルリゾート」のサウナについてご紹介します。 KIKI知床ナチュラルリゾートのサウナ徹底紹介 「KIKI知床ナチュラルリゾート」のサウナは、2023 ...

続きを見る

“穴蔵”をイメージして仕立てた、サウナでは珍しい真っ黒なサウナ室や

KIKIサウナ

露天風呂エリアには、木でできたかまくら型のサウナで、薪ストーブ型のサウナがあったり、じっくりゆっくり癒されるようなサウナが揃っています。

 

食事

KIKIツリーサイドブッフェ

食事は2階のメインダイニング「ツリーサイドブッフェ」でいただきます。

夕食は混雑を避けるために、あらかじめ決めた時間で入店します。

夕食ビュッフェ

ホテル周辺には、夕食をとれる飲食店があまりないこともあり夕食付のプランにしましたが、期待以上の食事内容に大満足の内容です。

KIKIのビュッフェは、海の幸が豊富にあり北海道(知床)らしい料理がたくさんあるのが特徴。

そして、その場で作りたてを提供してくれるメニューもあって、出来立てのお料理も楽しめます。

花咲かにといくらのちらし寿司。

新鮮なお刺身も小分けされていて取りやすい。

北海道産の帆立と海老の生春巻き

日替わりのスープカレー。

具材は後のせでゴロゴロしたお野菜やお肉が食べ応えありました。

揚げ立てを提供してくれて「ハフハフ」しながら食べる鶏ザンギ。

羅臼産帆立と野菜のアヒージョ。

サラダコーナーはテントの中にあって、演出もおしゃれ。

KIKIの料理は、何と言っても日替わりのメニューが充実しているので、連泊しても食事に飽きることなく楽しむことができます。

KIKI離乳食

ちなみに、お子様向けのメニューも離乳食もありました。

小さなお子さん連れの方も安心ですね!

アルコールドリンクは、専用のカウンターで注文します。

スイーツコーナーには、パティシエ手作りの本格スイーツをはじめ、ケーキから和菓子まで色んな種類がいただけました。

 

朝食ビュッフェ

朝食は、朝06:45からスタート。

夕食と違って時間指定がないので、好きな時間でいただくことができます。

朝ごはんも北海道らしい料理をはじめ、和食から洋食まで日替わり料理が並んでいました。

知床名物のあっぺ飯。

ひつまぶしのようにご飯の上に鮭とだし汁をかけていただきます。

道産牛を使った牛丼。

目の前で作ってくれる卵料理

熱々のポテトグラタン。

朝からスイーツやフルーツも満喫!

1日のエネルギーチャージできる朝食でした。

館内施設

KIKI館内

KIKI知床ナチュラルリゾートの館内をご紹介します!

館内は、知床に来ている!と実感できたり、幅広い世代が楽しめる工夫がされています。

ショップ

KIKIショップ

館内1階には、ショップ「おんこの木の下で」があり、知床の民芸品や北海道のお土産を購入することができます

北こぶしグッズ

北こぶしオリジナルのコーヒーや、お菓子はおすすめ!

ちなみに北こぶしのコーヒーはちょっと珍しく、ティーバックになっていて、好みの濃いさに調節することができるんですよ。

商品は、北海道のお土産をはじめ洗練されたこだわった商品が多め。

コンビニで扱っているお菓子やドリンクはなく、徒歩10分ほど行かないとコンビニがありません。

特に冬の時期はコンビニに行くのも一苦労なので、お菓子などを食べたい方は、事前に購入して持って行くのがおすすめです。

シアターラウンジ

KIKIシアターラウンジ

約250インチの大型スクリーンには、知床の映像が映し出されて、自由にくつろぐことができます。

KIKIシアターラウンジ

椅子やテーブルも多く設置されているので、癒しのスペースとなっていました。

 

コインランドリー

館内にはランドリールームもありました。

無料で利用することができました。

あそびの森

KIKIあそびの森

ホテル1階には、「あそびの森」というお子さんが遊べるスペースがあります。

あそびの森以外にも「スタンプラリー」もできて、ホテルを探検する遊びもできますよ!

こちらはお子さんに限らず大人の方も体験できますので、ぜひチャレンジしてみてくだいね。

卓球スペース

KIKI卓球スペース

あそびの森の横には、卓球ができるお部屋もあります。

有料となっていますが、雪が降っていると滞在中に外を散歩する機会も少なくなるので、体を動かすにはいいかもしれませんね。

KIKI知床ナチュラルリゾートの基本情報

ホテル名 KIKI知床ナチュラルリゾート
住所 北海道斜里郡斜里町ウトロ香川192
電話 0152-24-2104
アクセス ■女満別空港より網走経由国道にて約120分(100キロ)
■網走駅より釧網線にて知床斜里駅下車路線バスで60分
■釧路駅より摩周経由国道にて約3時間30分
■中標津空港より斜里経由国道にて約90分
■斜里より国道にて約50分(40キロ)
客室数 176室
チェックイン/アウト 15:00~19:00/10:00

KIKI知床ナチュラルリゾートは、ウトロ温泉バスターミナルへは無料で送迎してくれます。

KIKIバス停

また、エントランス前にはバス停もあり、観光地行きのバスが停まるようになっていて便利です。

ちなみにホテル周辺には、夜に開いている飲食店は少なく、一番近いコンビニも徒歩10分程のところにあります。

特に冬場は急な上り坂を歩く必要があるので、出来たら食事付きのプランにするのがおすすめです。

この記事のまとめ

この記事では、知床半島のウトロ温泉にある「KIKIナチュラルリゾート」についてご紹介しました。

森林浴をしているようなホテルで、食事もお風呂も大満足のホテルでした。

またアクセスもホテルには女満別空港までのリムジンバスや観光バスも泊まるので、車がなくても困ることはありませんでした。

知床の自然だけでなく、ホテルでも癒されたいという方はぜひ、一度泊まってみてくださいね。

 

 

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-ホテル旅館
-