北 こぶし kiki どっち

本ページには広告が含まれています。

ホテル旅館

【知床】北こぶしとKIKIはどっちがいい?両方泊まってみて分かった6つの違い

この記事では、知床にある「北こぶし知床 ホテル&リゾート」と「KIKI知床 ナチュラルリゾート」の違いについてご紹介します。

個人的には、多少高くはなりますが「北こぶし」がおすすめです。

本文では、実際に両方に泊まってみて分かった違いについて詳しく解説していきますので、ぜひ次の予約の参考にしてみてください。

【知床】北こぶしとKIKIはどっちがいい?両方泊まってみて分かった違い

  1. 料金
  2. 部屋からの景色
  3. 大浴場
  4. 食事
  5. 館内設備
  6. 館内着
  7. アクセス

北こぶしとKIKI両ホテルは、2018年にリブランドされたホテルです。

客室数は、北こぶしが178室、KIKIが176室と同じ規模になっていますが、大きく7つの違いがありました。

違い①:料金

ホテル 料金
北こぶし 24,200円〜169,400円
KIKI 30,800円〜85,600円

まず料金ですが、北こぶしの方が料金は高めとなっています。

両ホテルともお部屋からの景色の見え方などで料金が変わってきます。

 

違い②:部屋からの景色

ホテル 景色
北こぶし 目の前が漁協
海が近い
KIKI 遠くにオホーツク海が見られる

お部屋からの景色ですが、北こぶしの方が海に近いので、海側のお部屋を予約すると目の前に海が広がり、鳥の声なども聞こえます。

北こぶし倶楽部のお部屋だと、お部屋に露天風呂がついていてオホーツク海を眺めながら露天風呂に入ることができます。

北こぶしオホーツク倶楽部の宿泊ブロブ、クラブラウンジは宿泊者全員が利用できる

この記事では、北海道知床にある北こぶしホテル&リゾートのオホーツク倶楽部についてご紹介します。

続きを見る

KIKIは丘の上にあるので、広範囲でオホーツク海を楽しむことができます。

それぞれのホテルともに、海側とそうでないお部屋がありますので、海側のお部屋を希望する場合は、北こぶしは「シービューハイフロア、北こぶし倶楽部」KIKIは「海側、サンセット側」を予約しましょう。

違い③:大浴場

ホテル 景色
北こぶし オホーツク海の景色が楽しめる
「今行くべき全国のサウナ施設」に選出
KIKI 雪景色

3つめの違いは大浴場。

北こぶしの大浴場や最上階にあるのに比べ、KIKIは1階にあります。

北こぶしの大浴場やサウナからは、オホーツク海が一望できる絶景にあって、特にサウナは、「今行くべき全国のサウナ施設」に選出されるほど全国的に有名となっています。

KIKIは、周りが囲まれているので景色を楽しむことはできませんが、3種類のサウナがあります。

KIKIサウナ

中には国内では珍しいサウナもあります。

ちなみに、北こぶしの泊まると「KIKI」のお風呂も入ることができるので、サウナを楽しみたい方や、北こぶしに泊まってKIKIのサウナも楽しむということもできちゃいます。

 

違い④:食事

ホテル 食事
北こぶし ビュッフェスタイル
オールインクルーシブ
KIKI ビュッフェスタイル
飲み物有料

両ホテルともビュッフェスタイルの料理ですが、食事の内容にも違いがあります。

北こぶしは、全てにおいてこだわりの食材が使われています。

知床牛や新鮮な魚介類が色んなスタイルで楽しめます。

北こぶし知床ホテル&リゾートの夕食まとめ!最強レベルのビュッフェバイキング

この記事では、北海道知床にある「北こぶし知床ホテル&リゾート」の夕食についてご紹介します。

続きを見る

注文を受けてから作ってくれるので、出来たてのお料理が楽しめます。

また、北こぶしはオールインクルーシブとなっているので、食事中のアルコールも飲み放題で楽しめますよ!

KIKIも、ビュッフェスタイルですが、例えば知床牛などの料理は、一部有料となっていました。

また飲み物も別料金となっていました。

違い⑤:館内施設

ホテル 館内施設
北こぶし オホーツクラウンジ
流氷テラス
ショップ
ライブラリー
キッズ&プレイコーナー
リラクゼーション&エステ
ミニ流氷館
ペットラウンジ
KIKI シアターラウンジ
ショップ
キッズ&プレイコーナー
卓球コーナー

北こぶしは、オールインクルーシブということで1階のロビーラウンジでは、夜は無料でお酒、朝はコーヒーなどを楽しむことができます。

ラウンジから一歩外に出ると「流氷テラス」があって、足湯に浸かりながらオホーツク海を眺めることができます。

KIKIは、ホテル全体が森の中にいるようで、シアターラウンジでのんびり過ごしたり、森林浴をするような雰囲気となっていました。

違い⑥:館内着

ホテル 館内着
北こぶし 上下セパレートタイプ
バスローブ
KIKI 浴衣

館内着も違いがあって、北こぶしは上下セパレートタイプの部屋着となっています。

KIKIは知床で暮らす動物たちが描かれた浴衣となっています。

違い⑦:アクセス

ホテル アクセス
北こぶし 近くにコンビニあり
ウトロ漁協からすぐ近く
KIKI 丘の上にホテルが建っている
周辺に飲食店は1件だけ

便利がいいのは、北こぶしです。

春から秋にかけて営業している「ウトロ漁協婦人部」、コンビニエンスストア、クルーズ船乗り場も徒歩圏内で行くことができます。

KIKIは、丘の上にあり周りにお店もない静かなエリアにあります。

一番近いコンビニに行くには「北こぶし」まで行かないといけなく、冬の時期は徒歩で行くのは大変です。

ちなみに、女満別まで行くバスや、観光バスに関してはどちらのホテルにも停車しますので、ご安心ください。

どっちがおすすめ「北こぶし」「KIKI」?

「北こぶし」をおすすめする人

  • お風呂にこだわりたい人
  • オホーツク海の贅沢な料理を好きなだけ楽しみたい人
  • 露天風呂付のお部屋に泊まりたい人
  • お酒が好きな人

北こぶしは、多少高くてもオホーツク海の景色を存分に楽しみたいという方におすすめのホテルです。

KIKIからも海は見えますが、鳥の声や目の前にあるオホーツク海の迫力を感じられるのは北こぶしに泊まった人だけの特権です。

北こぶし知床ホテル&リゾートの宿泊記!オールインクルーシブが最高

この記事では、北こぶし知床ホテル&リゾートについてご紹介します。

続きを見る

食事は私の経験上、ビュッフェのレベルの高さは国内トップクラス。

オホーツク海を眺めながらお風呂に入って、知床の美味しさがギュッと詰まったお料理を楽しみたいなら、北こぶしがおすすめです。

 

「KIKI」をおすすめする人

  • 小さいお子さん連れの方
  • 足腰が悪い人
  • コスパよく泊まりたい人

KIKIは、ホテルの中で森の中を体験しているようなワクワクする空間となっています。

ウェルカムベビーの宿としても登録されていて、食事会場に離乳食が置いてあったりお子さんが遊ぶスペースがあったりと、ファミリー層にもおすすめです。

また、北こぶしはお部屋によっては食事会場や温泉まで移動距離があるのですが、KIKIは移動距離はあまりないので、あまり長い距離を歩きたくないという方にもおすすめです。

 

この記事のまとめ

この記事では、北こぶしとKIKIの違いについてご紹介しました。

  • 料金
  • 部屋からの景色
  • 大浴場
  • 食事
  • 館内設備
  • アクセス

ぜひ、この記事を参考にしてご自身の旅のプランにぴったりな宿を予約してみてくださいね。

 

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-ホテル旅館
-