開運アップ部

捨てると運気が上がるもの20選!劇的に運の流れがいい方向に進む魔法の行動

2022年12月11日

この記事では『捨てると運気が上がるもの』をご紹介します。

「最近、調子が悪いな」「運気あげたい」と思う場合は、運気を下げるものが溢れかえっている場合もあるので、身の回りのものを一度整理するいいチャンスです。

断捨離することで、気持ちもすっきりして運気アップすること間違いありませんので、ぜひ参考になさってください。

 

 

捨てると運気が上がるもの20選

風水的に断捨離が良いとされているのは、家の中が清潔で整頓されることで、逆に物をたくさん持つと家が混乱し、エネルギーが滞るとされています。

そのため、風水的には、定期的に不要な物を捨てることで家の中のエネルギーを整えることが大切です。

また、断捨離をすることで、家の中がスッキリし、心もスッキリするのでぜひ実践してみてください。

 

①:1年以上使っている下着

直接肌にふれる下着は1年程度で新調するのがベストです。

下着は肌を外部から守るためのものですが、その他にも風水的には見えない悪い気から守る目的もあります。

同じ下着をつけ続けていると下着に悪い気が溜まってしまい、また悪い気から守る力が弱くなるため、悪い気から体を守ってもらうためにも1年以上使っている下着は処分しましょう。

また1年以内でも、レースがほつれたりした下着は「出会い運」「人間関係」を下げてしまうので処分しましょう。

勝負をかけるときには白の新しいふんどしを締めてから行うという習慣もあったように、新しい下着には強い気や、運を運んできてくれるとも言われています。

運気を上げたい人は、新しい下着を身につけましょう。

 

②:はかない靴、すり減った靴

はかない靴やすり減った靴は、風水的に運気が下がるとされています。

というのも風水では、靴は人が地に足をつける部分と考えられます。そのため、靴は人と地との繋がりを担う重要な役割を持っています。

そのため、靴は丈夫で、履き心地の良いものを履くことが大切だとされています。

はかない靴やすり減った靴は、この繋がりを弱める影響があります。

はかない靴やかかとのすり減った靴は、人が地に足をつけることが不安定になり、安定した歩みができなくなるため、運気が下がるとされます。

行動力をダウンさせてしまい、チャンスのある場所や良いところへ導いてもらえません。

「良い靴は良いところへ連れて行ってくれる」ので、はかない靴やすり減った靴などは処分して、幸せなチャンスをつかみましょう。

また、汚れた靴も良くないとされているので、靴は常にきれいにしておきましょう。

 

 

③:2~3年使ってないもの

2、3年使っていないものは、これからも使うことはなくただ置いてあるものになります。

長い間使わない物や古い物を捨てることで、収納スペースが空いたり、部屋が明るくなったりすることで、気の通りがよくなり気が入ってくることで、身心がリフレッシュされるとも考えられます。

運気が停滞し気の巡りを妨げてしまうので、2、3年使ってなかったら処分し、新しい良い気をいれましょう。

 

④:使いかけのコスメ

古い化粧品は、当然成分も劣化していくのですが、それを放置しておくと運気ダウンに繋がります。

成分が悪くなっている化粧品をいつまでも使い続けるのは、自分の顔を汚すだけになるからです。

化粧ノリも悪く、発色も悪い化粧品をつけて外出しても新しい風を呼び込むことができません。

また使いかけのコスメアイテムをたくさん持っている、使っていない試供品が山盛り、汚れたパフがある、というのも風水的にすべてNGです。

メイクボックスやポーチに使わない物がごちゃごちゃ入っていると、いい運気が溜まることなく出て行く状態になります。

持っているコスメを、一度全て見直してみましょう。

 

 

⑤:古いデザインのブランド品

ブランド品にも流行のデザインがあり、古いデザインのブランド品を持っていると運気が下がると言われています。

旬のものに気は入ってくるので、古いデザインのもので使っていない場合は処分したほうがいいですね。

高価なものほど捨てた時の厄払い効果が大きいです。

 

 

⑥:使っていない貴金属

宝石や貴金属はご自分で購入したものや、プレゼント、生前整理でもらい受けたモノ、遺品整理品などがあります。

貴金属は使っていなくても「高かったから」という理由で手放せないことがよくありますが、使っていない貴金属は、思い切って手放しましょう。

貴金属を売って換金することは、運を換金することになり、金運が上がります。

 

⑦:財布

財布には3年の寿命があり、使い続けると「金運」が下がりお金の巡りも悪くなります。

3年たったら新調した方が金運アップにつながります。

3年たった財布には金運がやどっているので、すぐに捨てるのではなくラベンダー色の布に包んで家の中心や北側で保管しておくといいようです。

 

⑧:レシートや不要なカード

レシートや不要なカードで財布をパンパンにしていると、お金が貯まらないと言われています。

不要なものは処分してスッキリさせましょう。

不要なものをためていると気の巡りが悪くなり、エネルギーの循環がうまくいきません。スッキリさせて金運アップに繋げましょう。

 

⑨:ひびが入ったもの(鏡、陶器)

鏡や陶器にひびが入ったら、そのまま使わず新しいものにしましょう。

鏡は自分自身を映すものなので、ひびが入った自分になってしまいます。そんな自分を見るのは嫌ですし、恋愛運が下がってしまいます。

ひびが入ったら新しいものにして「恋愛運」アップに繋げましょう。

 

⑩:ぬいぐるみ

風水的にぬいぐるみはあまり良くないとされています。

ぬいぐるみが「気を吸ってしまう」からです。

数が多いとその分、気を吸ってしまうので自分自身の運気が下がってしまいます。

また、玄関とベッドにぬいぐるみを置くこともよくありません。

というのも玄関は、最初に良い気が入ってくる場所で、ベッドは睡眠中に自分をリセットし運気をためる場所だからです。

手放していいと思えるものは、神社に納めて供養してもらいましょう。

 

⑪:壊れた家電製品

家電製品が壊れたら、できるだけすぐに処分しましょう。

家電製品は「発展運」「若さ」「美しさ」を表していて、壊れた家電製品をそのままにしておくと、これらが失われてしまいます。

家電製品が壊れるのも運気が低下していることを表していることがあるので、壊れたら処分して悪い運気を取り払いましょう。

 

⑫:冷蔵庫に貼ってあるメモやマグネット

冷蔵庫にメモやマグネットをつけると、中の食材の良い気をマグネットの磁気が乱してしまいます。

そして、その乱れた気の食材を食べることで、物事がうまくいかなくなったり運気ダウンしたり影響があります。

また、風水でマグネットは「金」冷蔵庫は「水」の性質があり、一緒になるとマイナスエネルギーが発生します。

冷蔵庫にメモやマグネットを貼るのはやめましょう。

 

⑬:賞味期限・消費期限切れの調味料

期限切れの調味料は処分しましょう。

口に入るものですし、期限切れのものは気が停滞し、うまく循環しません。

調味料を整理することで、キッチンまわりもスッキリし、気持ちよくおいしい料理を作ることができます。

 

⑭:使い古したマット

古いものや汚いものは運気を下げます。

「人間関係」や「出会い運」にも繋がりますし「金運」も足元からと言われているので、足をつけるマット類が古かったり汚かったりすると金運も呼び込むことができません。

足元はいつもきれいにしておくことが運気アップに繫がります。

 

⑮:不要な紙類、書類

あまり紙類や書類はため込まず、整理し不要な紙類は処分しましょう。

紙は「仕事運」に影響があり、不要な紙をためると運気ダウンに繋がります。読み終えた雑誌や本は、リサイクル、図書館に寄付するのもいいですね。

最近、仕事がうまくいかないと思う方は、不要な紙類、書類を整理してみましょう。

 

⑯:手紙や年賀状

年賀状を何年もためると「発展運」や「仕事運」に悪影響があり良い運気を吸収しづらくなります。

できれば、年賀状はもらったその年の春分の日(3月21日)までに処分し、新しくスタートをきる良い運気にしておきましょう。

でも、心温まる年賀状や大切な年賀状は、自分自身を温かな気持ちにさせてくれるので、1~2年間保管しておいても大丈夫です。

 

⑰:スマートフォンやパソコン内の不要なデータ

現代社会において必要不可欠になったスマートフォンやパソコン。

この中の不要なデータを整理せずにそのままにしておくと「人間関係」や「恋愛運」に影響がでます。

不要なデータは削除して良縁をつかみましょう。

 

 

⑱:良くない思い出があるもの

それを見ると良くない思い出、悲しい思い出がよみがえってくるものは早く処分しましょう。

そういう気持ちになるのはよくないですし、新しいご縁に恵まれない可能性があります。

「出会い運」を下げてしまうので、過去の良くない思い出を断ち切り、新しい出会いを見つけ素敵な思い出に変えましょう。

 

⑲:お守り

お守りの有効期限は1年と言われています。

1年を過ぎるとその効果もなくなってしまうので、お守りは感謝の気持ちをもって、神社でお焚き上げしてもらいましょう。

 

⑳:着なくなった服

着なくなった服は、早く処分して新しい服を買いましょう。

「また着るかもしれない」と思いとっておくこともありますが、2、3年しても着ない服はおそらく今後も着ることはありません。

「布地」はご縁をつかさどるアイテムです。

着ない洋服をいつまでも取っておくと、例えお気に入りで捨てにくい洋服でも、縁が遠のきますので、3年間着ていないものであれば迷わず処分しましょう。

洋服を捨てるのもいいのですが、布地の再利用は、ご縁をつなぐと言われてます。

誰かのために譲ることや、リサイクルに出したり、またストッキングや着古したTシャツなどを掃除道具として再利用するのもいいでしょう。

 

 

断捨離のコツ

断捨離は、「断つ」(捨てる)ことで、「捨てる」ことで、「離れる」(物を離す)ことで、止まっている気が流れるようになります。

そして、心が落ち着き、自分を見つめ直すこともできるようになります。

不要なものが減り、ご自身にとって必要なものだけが残るようにしましょう。

 

①:捨てることに躊躇しない

断捨離をする上でまず重要なことは、捨てることに躊躇しないことです。

「捨てるのがもったいない」「買ってから一度も使っていない」といったことを考えがちですが、「捨てるかどうかを考える」のではなく「手元に残すものを選ぶ」という気持ちで進めていくと断捨離はうまくいきます

 

②:とりあえず箱に詰めてみる

断捨離をする時には、とりあえず箱に詰めてみるのがおすすめです。

箱詰めするときに、燃えるごみとか燃えないごみなど分類だけはしておきましょう。

私自身も、断捨離するときに箱詰めをするのですが、箱に入れて運気が下がるものを視界からなくすだけでもかなり気持ちがすっきりして、いい気が流れて始めるのを感じることができます。

そのすっきりとした気持ちを感じることで、断捨離の作業が進みます。

 

③:捨てるものをお金にすることを考えない

断捨離をする中で、「いらないモノは、フリマやインターネットのオークションで売って、お金にしたい」と思ってしまいます。

しかし、メルカリなどでお金にしようとすると、相場を調べたり写真撮影などの出品の準備から発送まで、よけいな作業が発生し断捨離がうまく進まなくなります。

また売れないと、運気を下げるものをそのままにしておくということになり、運気は停滞したままになることも。

断捨離をして運気を上げたいという場合は、お金にすることは考えず、処分したり寄付したりすることも考えてみましょう。

簡単に処分できる方法として、「宅配買取」とい不用品を引き取ってくれるサービスを使ってみるのもおすすめです。

送られてくる段ボール箱に、断捨離した洋服や化粧品、電化製品や食器など入れて送るだけで、無料で引き取ってくれます。

買取なので金額がつく商品もありますが、金額がつかなくてもアジアの学校へ寄付されるなどしてくれるので、ご縁をつなぐという意味でもおすすめのやり方です。

\断捨離で運気を上げたい方は/

無料宅配キットを申込んでみる

無料で運送業者が集荷に来てくれます

 

 

物をすっきりさせて運気が上がった人の口コミ

物を捨てて運気が上がるという話はよく聞きますが、実際に体感している口コミがありました。

 

 

今目の前にあるものを、捨てていくだけでも気持ちも変わり、運気も上がります。

PRESIDENT(プレジデント) 2023年2.3号 「運を上げる習慣」の中では、なぜお金持ちの人の部屋はきれいで、貧乏な部屋は散らかっているのかということも開設されていました。

今すぐ運気を上げたいなら、すぐに出来ることからアクションを起こしてみましょう。

 

 

まとめ

今回は「捨てると運気が上がるもの20選」をご紹介しました。

晴れた日に感謝をしながら断捨離を行うと新たな良い気を運んできてくれます。

また、断捨離は自分自身を見つめ直すいい機会ですので、身の回りをスッキリさせ良い気を取り込み運気アップに繋げましょう!

\断捨離で運気を上げたい方は/

無料宅配キットを申込んでみる

無料で運送業者が集荷に来てくれます

 

 

  • この記事を書いた人

すみれ

元航空会社勤務の『開運tabiアテンダント』 仕事プライベートで世界中を飛び回り、海外在住中には風水学も勉強。『旅行やお出かけを通じでハッピーに』をテーマに旅行、グルメ、テーマパーク情報をご紹介しています。フジテレビ、福岡のテレビ局に出演経験あり。取材、プレスリリース受付はお問合せページからお願いします。

-開運アップ部
-, ,

© 2023 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5