本ページには広告が含まれています。

香港

ペニンシュラ香港のアフタヌーンティー体験記、値段やメニューまで徹底紹介

2023.02.21

この記事では、ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーについてご紹介します。

ずっと憧れていたペニンシュラ香港のアフタヌーンティーは、歴史を感じさせる王道のアフタヌーンティーが楽しめました。

この記事では、金額やメニュー内容などについてもご紹介しますので、よかったら最後までチェックしてみてください。

ペニンシュラ香港のアフタヌーンティー体験記

アフタヌーンティーがいただけるのは、ロビー階にある「ザ・ロビー」

毎日14:00~18:00限定で、アフタヌーンティーがいただけます。

席待ちをする方もいて、席は常に満席状態でした。

アフタヌーンティーはなくなり次第終了なので、早めに来店するのがおすすめです。

予約は、ホテル宿泊者のみが可能となっていますが、現地ツアーでアフタヌーンティーが楽しめるプランがもありました。

ペニンシュラ香港宿泊記ブログ、憧れのホテルでエネルギーチャージ

この記事では、ペニンシュラ香港に宿泊した体験記をご紹介します。

続きを見る

案内していただいたのは、窓側の席で、噴水や街並みを眺めながらアフタヌーンティーをいただきました。

花瓶もカトラリーも、すべてきちんと手入れがされた銀製。

クラシックの生演奏もあって、いるだけで優雅な気分になりました。

ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーのメニューと金額

ペニンシュラのアフタヌーンティーは、1人用がHK$488(約8,300円)、2人用がHK$868(約14,800円)となっています。

そして、会計時には10%のサービス料が加算されます。

その他で追加でつけられるものとして

  • キャビア(30g):HK$918(約15,600円)
  • ペニンシュラオリジナルのシャンパン:HK$190(約3,200円)

もありました。

ザ・ロビーでは、1人最低HK$350(約5,900円)の料理やドリンクを注文する必要があります。

そのため2人以上の方は、男女問わずアフタヌーンティーを食べている方がほとんどでした。

最近日本では、アフタヌーンティーでも7,000円、8,000円というレストランも珍しくありません。

そういった意味では、アフタヌーンティーだけの料金は思ったより高くありませんでした。

別添えのセイボリー

パイ生地のようなパフの上に、チキンがペーストとグリーンアップルがのっています。

王冠をに見立てたものなんだそうです。

そうしているうちに、ティースタンドが運ばれてきました。

伝統的な英国式の3段のシルバースタンドには、季節の食材やフルーツを使用したフィンガーサンドイッチ、プチフール、自家製レーズンスコーンが上品に盛られています。

香港を代表するアフタヌーンティーで、長い間人気があるという意味が分かりました。

【上段】プチフール

4種類のプチフールが並びます。

  • モンブラン
  • シトラスゼリーがのったバニラチーズケーキ
  • アップルシナモン・キャラメルタルト
  • チョコレートクリームと胡麻ビスケット

第一印象は、ビスケット生地が多いなと思ったのですが、実際に食べてみると、上のスイーツとのバランスがしっかり計算されていて、どれも上品な味で美味しかったです。

【中段】セイボリー

  • ツナとニース風フォカッチャ
  • アスパラガスとチェダーチーズのキッシュ
  • ミルクパンのビーフパストラミ、ピクルスとマスタードのせ
  • きゅうりのサンドイッチ

セイボリーも4種類ありました。

作り立てのセイボリーはどの食材もフレッシュで、あっという間にいただきました。

【下段】スコーン

レーズンスコーンは、ペニンシュラの長年人気メニューで、地下にあるペニンシュラブティックでも販売していました。

スコーンは上の部分がカリっとしていて、中はしっとりとした食感が楽しめます。

ストロベリージャムとクロテッドクリーム。

ペニンシュラのクロテッドクリームが一番好きというファンも多いというのも納得の味でした。

ドリンク

ドリンクは、ペニンシュラオリジナルの紅茶や、フレーバーティー11種類の中から1種類を選びます。

お湯の継ぎ足しはしてくれますが、種類を変えることはできないので、慎重に選びましょう。

スタッフの方のおすすめの、ピーチジンジャーウーロンティーをいただきましたが、さっぱりしてスイーツとの相性もよく、美味しかったです。

美味しすぎて、ペニンシュラブティックで同じフレーバーを探したのですが、残念ながら見つけることができませんでした。

香港に行ったときには、またピーチジンジャーウーロンティーを飲んでみたいと思い出深い紅茶となりました。

食べきれない時はお持ち帰りもできます

アフタヌーンティーが食べきれなかった時は、お持ち帰り用にボックスに入れてくれました。

こういったサービスも嬉しいですね。

ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーを予約する方法

冒頭でもご紹介しましたが、ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーは宿泊者以外に、VELTRA(ベルトラ)の現地ツアーのプランにペニンシュラ香港のアフタヌーンティーがつくコースがあります。

オプションで付ける形となるのですが、アフタヌーンティーが食べられないかもという心配もなく、またサービス料も含まれているので、観光もアフタヌーンティーも両方楽しむことができます。

香港観光もペニンシュラ香港のアフタヌーンティーも楽しみたいという方は、ぜひ早めに申込んでおきましょう。

\確実にアフタヌーンティーを楽しみたい方は/

VELTRAで詳しく見てみる

ペニンシュラ香港「ザ・ロビー」でよくある質問Q&A

Q1:ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーのドレスコードは?

スマートカジュアル。時間帯を問わず、スポーツウェア(ベスト、エクササイズパンツ、スポーツレギンスを含む)やビーチウェア(ビーチサンダル、プラスチック製の靴を含む)の着用はご遠慮ください。
引用:ペニンシュラ香港

アフタヌーンティーがいただける「ザ・ロビー」は、香港でもっともエレガントな待ち合わせ場所と言われています。

ドレスコードも設定されていますが、ぜひおしゃれしてお出かけしてみましょう。

Q2:ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーの制限時間は?

席に案内されるときに制限時間については、特に案内はありませんでした。

しかし、アフタヌーンティーの営業時間は14~16時半までと2時間30分となっています。

ペニンシュラ香港「ザ・ロビー」の店舗情報

店名 The Lobby/ザ・ロビー
住所 G/F, The Peninsula Hong Kong, Salisbury Road, Kowloon, Hong Kong
電話番号 2696-6772
アクセス 屯馬線「尖東(イーストチムサアチョイ)駅」L3出口から徒歩約1分
営業時間 ブレックファースト 7:00AM~11:00AM
ランチ 11:30AM ~2:30PM
アフタヌーンティー 2:00PM ~4:30PM
ディナー 6:00PM ~10:00PM(L.O. 9:00PM)

 

この記事のまとめ

この記事では、ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーについてご紹介しました。

基本的には宿泊者しか予約ができませんが、VELTRA(ベルトラ)の現地ツアーのプランにペニンシュラ香港のアフタヌーンティーがつくコースを申込むと、確実にペニンシュラ香港のアフタヌーンティーが楽しめます。

実際歴史ある本場のアフタヌーンティーをいただいて、とても優雅な気分を楽しめました。

日本でも人気のアフタヌーンティ、香港に行かれた時には、ぜひ本場ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーも楽しんでみてください。

\確実にアフタヌーンティーを楽しみたい方は/

VELTRAで詳しく見てみる

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-香港