ガリンコ 号 2 3 違い

本ページには広告が含まれています。

観光スポット

【流氷観光船】ガリンコ2号と3号の違いは4つ!どこよりも詳しく徹底解説

この記事では、紋別から出航している、流氷観光船「ガリンコ2号」と「ガリンコ3号」の違いについてご紹介します。

10秒で分かる2つの違い

  • 展望デッキの場所や景色
  • 売店の有無
  • 船の大きさや性能
  • 料金

2つの違いは大きく4つありますが、値段が多少高くでも個人的にはガリンコ3号がおすすめです。

本文では、さらに詳しくご紹介しますので、よかったら続きもチェックしてみてください。

【流氷観光船】ガリンコ2号と3号の違いは4つ!どこよりも詳しく徹底解説

違い 内容
①:展望デッキの場所や景色 Ⅱ号は、船首部分のデッキなし
Ⅲ号は、船首部分に行ける
②:売店の有無 Ⅲ号にあり
③:船の大きさや性能 ガリンコⅢ号は2021年就航なので、定員数が多く速力も早い
④:料金 ガリンコⅡ号の方が安い

冒頭でもご紹介しましたが、ガリンコ2号と3号の違いは大きく3つあります。

それぞれも項目について解説していきます。

違い①:展望デッキの場所や景色

ガリンコⅡ号

内容
ガリンコⅡ号 デッキは2階のみ
スクリュー部分を近くで見ることができる
ガリンコⅢ号 船首部分にデッキがある
2階、3階にデッキあり

ガリンコⅡ号は、画像にあるように船の2階部分のにだけ屋外デッキがあります。

屋外デッキの場所は船のサイド部分のみとなっています。

ガリンコⅢ号

ガリンコⅢ号

一方ガリンコⅢ号は、2階と3階に屋外デッキがあって、船首、サイド、船尾と色んな角度から流氷を見ることができます。

 

何と言っても、船首部分から景色を楽しむことができるのはガリンコⅢ号の特権!

網走港のオーロラ号も船首部分には展望デッキがないので、ガリンコⅢ号に乗らないと体験できない景色となります。

オーロラ 号 ガリンコ 号 違い
オーロラ号とガリンコ号の7つの違い!どっちがいいか徹底解説

この記事では、北海道オホーツクの流氷観光船「ガリンコ号」と「オーロラ号」の違いについて、実際に両方の観光船に乗った体験をもとにご紹介します。 個人的には紋別の「ガリンコ号」がおすすめですが、時間に余裕 ...

続きを見る

ただ、ガリンコ号2号は客室内からとはなりますが、1階客室の船首部分から窓越しにスクリューを間近で見ることができますよ。

違い②:売店の有無

ガリンコⅢ号売店

違い
ガリンコⅡ号 休止中
ガリンコⅢ号 あり
※サンライズ便では売店の営業なし

2つめの違いは、売店の設置の違いです。

ガリンコⅢ号には、船内に売店があって、人気のアザラシくじをはじめ、ドリンクやお菓子、ガリンコ号グッズが販売されています。

とはいっても、ガリンコⅡ号には、売店はありませんが乗船口ロビーには、コンビニやガリンコ号グッズも購入できますので、乗船前後に購入することが可能です。

違い③:船の大きさや性能

違い
ガリンコⅡ号 就航:1997年1月
総トン数:150
速力:11ノット
定員:195名
ガリンコⅢ号 就航:2020年1月
総トン数:366
速力:16ノット
定員:235名

ガリンコ号は、初代が1987年に就航してから現在3隻目となります。

ガリンコⅢ号は、2020年に就航したということで、大きさも船の速度も向上しています。

ガリンコⅡ号の方が船が小さい分、デッキからの流氷がより間近に感じることができますよ!

違い④:料金

料金(税込) 大人
(中学生以上)
小学生 幼児
(小学生未満)
流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ 3,000円 1,500円 無料
流氷砕氷船ガリンコ号Ⅲ IMERU 4,000円 2,000円 無料

ガリンコ号は、Ⅱ号の方が1,000円お得に体験できます。

ガリンコ号は直接予約もできますが、旅行予約サイトやアクティビティサイトからの予約でお得に乗船することができるようになります。

流氷が観測されると一気に予約が埋まってしまいますので、ぜひ予定が決まったら早めに予約しておきましょう!

どっちがおすすめ「ガリンコⅡ号」と「ガリンコⅢ号」

「ガリンコⅡ号」をおすすめする人

ガリンコ2号

  • 流氷を近くで見たい方
  • スクリューを間近で見たい人

ガリンコⅡ号は、船の2階部分にデッキがありサイドと船尾部分の景色が楽しめます。

船首部分にはデッキがないものの、2階のサイドデッキからはⅢ号よりもより近くで流氷を観察することができます。

また、スクリューで氷を砕く様子もほぼ真横から見ることができるので、スクリューをより近くで見たい方におすすめです。

ガリンコⅢ号をおすすめする人

ガリンコⅢ号

  • 色んな角度から流氷を見たい人
  • 船首から流氷を見たい人
  • 客室でもゆっくりしたい人

ガリンコⅢ号は、3階の最上階デッキに行くと船首、サイド、船尾と色んな角度から流氷を楽しむことができるので、飽きずに流氷の様子や景色が楽しめます。

また、客室は1~3階からあって、それぞれ客室からの流氷の見え方も異なります。

売店もあるので、寒くなったら客室に行って、お茶をしながらゆっくり流氷を楽しみたいという過ごし方もおすすめです!

この記事のまとめ

この記事では、紋別から出航している、流氷観光船「ガリンコ2号」と「ガリンコ3号」の違いについてご紹介します。

10秒で分かる2つの違い

  • 展望デッキの場所や景色
  • 売店の有無
  • 船の大きさや性能
  • 料金

2つの違いは4つ違いをご紹介しましたが、多少高くでも色んな角度から流氷が見られるⅢ号の方が個人的におすすめでした。

流氷の観測ニュースが流れると一気に予約が埋まってきますので、ぜひ予定が決まったら早めに予約するようにしてくださいね。

流氷ツアー服装
【2024年版】流氷ツアー服装のポイントまとめ!失敗しない防寒対策

この記事では、流氷ツアーにおすすめの服装をご紹介します。 結論から言うと、外気の寒さからはしっかり体を守り、暖かいところではすぐに身軽になれるよう、脱ぎ着がしやすい服装がおすすめです。 流氷ツアーを楽 ...

続きを見る

ガリンコ 号 ホテル
ガリンコ号に乗るのに便利なホテル2選!サンライズ便の早朝でも心配なし

この記事では、流氷観光船「ガリンコ号」へのアクセスがいいホテルをご紹介します。 結論からいうと、 紋別プリンスホテル 紋別セントラルホテル がおすすめです。 本文ではおすすめする理由や予約方法について ...

続きを見る

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-観光スポット
-