流氷ツアー服装

本ページには広告が含まれています。

観光スポット

【2024年版】流氷ツアー服装のポイントまとめ!失敗しない防寒対策

2024.01.27

この記事では、流氷ツアーにおすすめの服装をご紹介します。

結論から言うと、外気の寒さからはしっかり体を守り、暖かいところではすぐに身軽になれるよう、脱ぎ着がしやすい服装がおすすめです。

流氷ツアーを楽しむには防寒対策がカギとなります。

この記事を読めば、しっかりと対策した上で流氷ツアーに出掛けられますので、ぜひ参考になさってください。

流氷ツアーおすすめの服装まとめ

エリア 2月平均気温(高 / 低)
網走 -3° / -11°
紋別 -3° / -11°

オホーツクの冬は、日中でも気温は基本はマイナスです。

流氷ツアーに参加する日によっては、冬でも天気がいい日だと温かくなり歩くと汗をかくこともあります。

ただ、網走流氷観光砕氷船オーロラ号や紋別流氷砕氷船ガリンコ号乗船の際は、デッキに出ると風にあたりますのでかなり体感温度が下がります。

流氷ツアーに参加する時は、重ね着を基本にして状況に合わせて脱ぎ着ができる服装にしておきましょう。

ちなみにガリンコ号もオーロラ号も室内客室があるので、最悪室内から流氷を観測することもできますよ!

オーロラ 号 ガリンコ 号 違い
オーロラ号とガリンコ号の7つの違い!どっちがいいか徹底解説

この記事では、北海道オホーツクの流氷観光船「ガリンコ号」と「オーロラ号」の違いについて、実際に両方の観光船に乗った体験をもとにご紹介します。 個人的には紋別の「ガリンコ号」がおすすめですが、時間に余裕 ...

続きを見る

インナーウェア

肌に直接触れるインナーは必ず着ていきましょう。

ユニクロのヒートテックなど保温機能・発熱機能を持ったインナーはマストです。

女性も女性も、ボトムスの下には、防寒効果のあるタイツやスパッツを履くようにしましょう。

室内に入ると汗をかくこともあるので、替えのインナーも必ずに。

アウター

アウターは、風を通さないもので、コートやブルゾン、ダウンなど厚手のものがオススメです。

水分を多く含んだ雪が降るときもあるので、防水・防風素材であれば安心です。

防水仕様でない場合は、洋服用の防水スプレーをかけておきましょう。

洋服

洋服は、基本はパンツスタイルがおすすめです。

ボトムスでインナーを履いていてもその上から靴下も履くようにしましょう。

首元が冷えないハイネックのセーターがおすすめです。

首物が不安な方は、マフラーも着用しておくと安心です。

流氷ツアーに限らず、外を歩けばとにかく滑ります。

流氷観光船に乗るまでの道や、タラップもとても滑りやすくなっています。

おすすめは、滑りにくく防寒対策がしっかりできる「スノーブーツ」がおすすめです。

なかなか冬国にはこないという場合は、あまり高い靴は買うのはもったいないので、スノーブーツのように防寒性が高く、滑りにくいものを選んで履きましょう。

帽子

帽子は、防寒対策や転倒時に少しでも頭の衝撃を和らげるたけにも着用しましょう。

帽子をかぶるだけで、道路で滑って転倒したときに 衝撃を多少ながらおさえることができ、ケガを防止する効果もあります。

耳が隠れる帽子、または耳あてなどの小物をうまく使って防寒対策を行いましょう。

耳が隠れるだけでも寒さの感じ方が違ってきます。

また、帽子をかぶると転倒時に路面に頭をぶつけた場合 衝撃を多少ながら和らげると同時に 怪我を防止する効果もありま

手袋

手袋も、防寒だけでなく安全のために外では着用しましょう。

コートのポケットに手を入れて歩いていると、転倒した時に大きなケガにつながります。

手袋を着用してもスマホ操作ができる手袋だと便利です。

バッグ

バッグはリュックサックが一番おすすめです。

両手があくので、転倒した時にもケガを軽減することができます。

カメラやスマホに関しては海に落とさないよう、首から下げられるネックストラップを付けておいた方が安心です。

【番外編】流氷ウォークの服装

流氷ウォークを体験する場合、ドライスーツとニット帽は、どこのツアーも無料レンタルしてくれることがほとんどです。

ドライスーツは、全然水が入ってこないし、寒くもなく優れものなんです。

そのため、ドライスーツの下は厚着する必要はありません。

逆に、厚着していたらドライスーツ着れなくなるので、上下ヒートテックに薄手のセーターと細身のパンツで十分です。

ただ、ドライスーツは靴も兼用しているので、私はタイツの上に靴下2枚履いて足下の寒さをしのぎました。

ちなみに流氷ウォークに行くときには、スマホやカメラを含めて何も持ち込めないのが基本ですので、ご注意ください。

流氷ツアーに持って行くおすすめアイテム

  • 保温機能付きの水筒
  • 防水スプレー
  • ホッカイロ(貼るタイプ、靴用)
  • リップ
  • 日焼け止め対策(サングラス、日焼け止めなど)
  • マスク
  • エコバック

冬の北海道はなんといっても「防寒対策」「乾燥対策」が必須です。

また意外と見落としがちなのが、日焼け止め対策。

気をつけるべきなのが、太陽の光だけでなく雪に反射する紫外線です。

紫外線の反射率は芝生が1~2%、アスファルトが10~20%なのに対し、雪は80~90%といわれていて、太陽と地上の両方から紫外線のダメージを受けてしまいます。

雪の日には防寒と紫外線対策をダブルで行いましょう。

流氷ツアー 値段はいくら?

流氷ツアーは

  • 流氷砕氷船ガリンコ号
  • 網走流氷観光砕氷船おーろら

の2種類あります。

流氷砕氷船ガリンコ号

料金(税込) 大人
(中学生以上)
小学生 幼児
(小学生未満)
流氷砕氷船ガリンコ号Ⅲ IMERU 4,000円 2,000円 無料
流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ 3,000円 1,500円 無料

ガリンコ号は、紋別から出航しているクルーズ船で、流氷を砕きながら進む迫力の光景を見ることができる船です。

1時間から1時間30分ほどの流氷クルーズが楽しめます。

ガリンコ号の最大の特徴であるドリル(アルキメディアンスクリュー)の迫力は圧巻です。

ガリンコ号は直接予約もできますが、旅行予約サイトやアクティビティサイトからの予約でお得に乗船することができるようになります。

網走流氷観光砕氷船おーろら

個人 特別席
大人
(中学生以上)
4,000円 400円
※特別席は、事前予約を受けておりません。当日、船内にて先着順での受付となっています。
小学生 2,000円

網走は、北緯44度にあり、オホーツク沿岸は海が凍る南限です。

極寒のアムール川に登場し、やがて白い大地となって南下する流氷の衝撃的なまでの眩しさを流氷観光砕氷船「おーろら」にのって堪能します。

流氷が来る時期に合わせて様々な野生の動物たちも顔を見せます。

流氷とともにやってくる流氷の天使クリオネをはじめ、アザラシなどの海獣類や鳥類などが、流氷の上で佇む姿を見ることができます。

直接予約もできますが、旅行予約サイトやアクティビティサイトからの予約でお得に乗船することができるようになります。

おすすめの流氷ツアー

各旅行会社では、流氷ツアーを販売しています。

ツアーの特徴としては、2つの流氷ツアーを一緒に楽しめたり、雪まつりなど冬の北海道が満喫できることが多く、冬の運転は避けたいという方も、安心して参加することができます。

札幌発の流氷ツアー

東京発の流氷ツアー

この記事のまとめ

この記事では、流氷ツアーにおすすめの服装をご紹介しました。

流氷ツアーを楽しむには防寒対策がカギとなります。

しっかりと防寒対策した上で流氷ツアーに出掛けてくださいね。

ガリンコ 号 2 3 違い
【流氷観光船】ガリンコ2号と3号の違いは4つ!どこよりも詳しく徹底解説

この記事では、紋別から出航している、流氷観光船「ガリンコ2号」と「ガリンコ3号」の違いについてご紹介します。 2つの違いは大きく4つありますが、値段が多少高くでも個人的にはガリンコ3号がおすすめです。 ...

続きを見る

オーロラ号 予約なし
オーロラ号は予約なしは危険!確実に体験するのための知識ガイド

この記事では、網走港から出発する「オーロラ号」の乗車方法や、オーロラ号でよく見えるデッキの場所の確保をする方法についてご紹介します。 結論からいうと、オーロラ号は予約なしで乗船するのはおすすめしません ...

続きを見る

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-観光スポット
-