本ページには広告が含まれています。

パワースポット

龍が見える最強神社18選!龍神様とのご縁を結んで運気アップ

2023.12.08

この記事では、日本全国にある龍が見える神社をご紹介します。

龍(辰)は、中国では古来より権力の象徴で、縁起のよい生き物とされています。日本でも昔から龍神を信仰する風習があり、龍神はとても大きな力を持っている神様だといわれています。

本文では、龍とのつながりがある干支神社仏閣をご紹介してきますので、ぜひ龍神様とのご縁を結んで、運気を上げましょう。

龍の置物が買える神社8社まとめ!龍神様のパワーを授かって運気アップ

この記事では、龍の置物が買える神社をまとめました。 12年に1度の辰年にしかいただけない置物をはじめ一生ものの置物まであるので、龍のパワーをいつでも感じ、ぜひ運気を上げましょう。

続きを見る

龍が見える最強神社18選!龍神様とのご縁を結んで運気アップ

【青森県】龍の力を身に宿す! 干支の絵馬で縁起担ぐ『岩木山神社』

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、境内に3つの首をもつ龍の姿をした手水舎が佇む、辰年にふさわしい神社です。

1200年以上の歴史を有し、青森県最高峰である岩木山のふもとに位置しています。手水舎から湧き出る水は、岩木山の清らかな湧き水。その水を飲むことで、龍のエネルギーを体感できます。

毎年設置される大きな絵馬には、その年の干支が描かれ、これも一見の価値ありです。

住所 青森県弘前市百沢寺沢27
アクセス JR奥羽本線弘前駅から弘南バス枯木平行きで40分、岩木山神社前下車すぐ

TEL 0172-83-2135
営業時間 通年
境内自由(参拝時間は8:00~17:00、11~翌3月は8:30~16:00)
駐車場 あり/70台 無料

 

【埼玉県】辰年に現れた石畳の龍「三峰神社」

埼玉県、奥秩父の深く険しい山の中にある「三峯神社」は、関東最強のパワースポットです。

2012年、三峯神社の石畳に突如現れたのが、赤い目の「龍神様」。参拝者が偶然見つけたそうで、水をかけるとはっきりと龍神様が浮かび上がります。

模様の写真を携帯の待ち受けにすると運気が上がるという噂が伝わり、人気のパワースポットとなっています。

金運上昇とツキを呼ぶこむ三峯神社の「龍神様」を拝めば、運気UPすること間違いなし。

住所 埼玉県秩父市三峰298-1
アクセス 西武秩父線「西武秩父駅」下車 三峯神社行き急行バス利用

TEL 0494-55-0241
営業時間 7時〜17時
※冬季はお越し頂くまでに路面の凍結・積雪の恐れがありますので、冬用タイヤ・タイヤチェーン等の滑り止めのご準備をお願い致します。
駐車場 あり(無料/有料510円)

クラブツーリズムでは、三峰神社をはじめ、関東屈指の三大パワースポットをめぐる日帰りバスツアーが開催されています。移動を楽にしたいという方は、バスツアーに参加するのもおすすめです。

\関東各地からのプランあり/

クラブツーリズムを見てみる

移動や駐車場の心配をせずに楽に参拝することができます

【埼玉県】龍神に守られる古社 龍のエネルギーが満ちる神聖な場所『秩父今宮神社』

秩父今宮神社(ちちぶいまみやじんじゃ)は、日本有数の歴史ある神社で、『八大龍王宮』として知られています。境内には、龍神様の仮の姿である霊泉が湧き出る龍神池が広がり、ここで感じる龍のパワーは何とも言えないものがあります。

中央にそびえる龍神木は、神社に祀られる龍神様の住まいであり、古いけやきが神聖なエネルギーを湛えています。

さらに、境内には清龍の滝や龍上観音など、龍の名にちなむ聖なる場所が点在しています。

住所 埼玉県秩父市中町16-10
アクセス [電車]御花畑駅より徒歩約7分、西武秩父駅より徒歩約10分

TEL 0494-22-3386
営業時間 参拝9:00~16:30
駐車場 あり

【東京都】龍の贈り物、お灯明の輝きが縁起を呼ぶ神社『六本木天祖神社』

六本木天祖神社(ろっぽんぎてんそじんじゃ)は、南北朝時代の1384年から続く歴史ある神社です。

こちらの神社では毎夜、龍が品川沖からお灯明を献じるという神秘的な出来事が起こり、そのため『龍土(りゅうど)神明宮』としても知られています。

出典:六本木天祖神社

境内に広がる清龍の井戸では、手を洗い清めると人生のお導きを得られ、足を洗い清めると良くない縁や習慣を絶つことができると言われています。

さらに、龍神様の絵馬も用意されており、新しい年に願い事を込めて祈ることができます。

住所 東京都港区六本木7-7-7

アクセス [電車]六本木駅より徒歩約5分、乃木坂駅より徒歩約5分
TEL 03-3408-5898
営業時間 参拝自由
社務所9:00~17:00
駐車場 なし

 

【東京都】五龍神が守護、新たな年を五彩の龍の力で迎える『田無神社』

田無神社(たなしじんじゃ)は、鎌倉時代に建立された歴史ある神社です。

五行思想に基づいて五龍神を祀り、そのため干支にちなんだ神社への参拝は、新年を迎えるには最適です。

本殿の中心には金龍神が鎮座し、東には青龍神、南には赤龍神、西には白龍神、北には黒龍神が祀られています。

また、陶器で作られた五色の新五龍神みくじや、五龍神それぞれの色に因んだお守りなど、龍にまつわる特別な授与品も用意されています。

田無神社がやばいと言われる理由は『神社のテーマパーク』!運気上げたい方は必見

この記事では田無神社がやばいと言われる理由や、ご利益がいただける参拝方法についてご紹介します。 やばいと言われている理由は、ものすごいエネルギーが溢れていると言われているからです。 全国屈指のパワース ...

続きを見る

田無神社の回り方はこれ!初めての参拝でも確実にご利益がいただける方法

この記事では、田無神社の回り方についてご紹介します。 本殿を参拝 おみくじをひく おみくじに書かれている龍から参拝する おみくじに書かれている龍の御守をいただく 他の3体の龍神様などに参拝する 本文で ...

続きを見る

住所 東京都西東京市田無町3-7-4

アクセス [電車]田無駅より徒歩約5分
[バス]田無3丁目バス停より徒歩すぐ
TEL 042-461-4442
営業時間 参拝自由
駐車場 あり

【東京都】干支みくじで龍の神秘な力を探る、江戸の趣を感じる神社『赤坂氷川神社』

赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)は、東京都心に佇みながらも豊かな緑に囲まれ、1000年以上にわたる歴史を誇る神社です。

こちらでは、12種類の干支人形から選ぶ特別な干支みくじがあり、辰年の人形で新年の運勢を占うことができます。

このみくじを通じて、辰年における龍の神秘的な力を感じ取ることができます。

神社のご利益には厄除けや縁結びが含まれており、徳川吉宗が築いた社殿は震災や戦災を免れ、当時の江戸の趣を今に伝えています。

住所 東京都港区赤坂6丁目10-12

アクセス 地下鉄赤坂駅から徒歩10分
TEL 03-3583-1935
営業時間 通年
6:00~17:30(閉門)、社務所受付9:00~17:00
駐車場 あり/9台 無料

【神奈川県】縁結びと龍の神秘、五頭龍の伝説が息づく江ノ島の神社『江島神社』

江ノ島に佇む江島神社(えのしまじんじゃ)は、天女と五頭龍の美しい伝説が響く、神聖なスポットです。

この神社は『辺津宮(へつみや)』『中津宮(なかつみや)』『奥津宮(おくつみや)』の三社から成り立ち、日本三大弁財天を祀っています。

特に奥津宮には、龍宮大神である『龍宮(わだつみのみや)』が祀られており、辰年にふさわしい神社として知られています。

本殿前には『天女と五頭龍伝説』に由来した龍を祀った江の島弁才天の龍の銭洗もあります。

この神社は縁結びや恋愛成就のご利益でも有名であり、女子旅の人気スポットとして親しまれています。

住所 神奈川県藤沢市江の島2丁目3-8

アクセス 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩20分
TEL 0466-22-4020
営業時間 通年
境内自由(奉安殿は8:30~17:00)
駐車場 なし

【神奈川県】辰年を迎えるなら、龍神水で心身浄化を『箱根神社』

箱根神社は金運や商売繁盛、そして縁結びの神社として知られ、特に女性に愛されています。

境内には湖の神である九頭龍大神を祀る『九頭龍(くずりゅう)神社新宮』があり、その前に広がる9つの龍からは、霊水・龍神水が流れ出ています。

この龍神水を使って手や口を清めると、不浄が洗い流されると言われ、心身が浄化されることが期待されます。

神社ではお水取り用の専用ボトルが用意され、有料で授与されています。辰年に龍神水を手に入れ、気持ちのよい新しい年を迎えましょう。

住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

アクセス 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バス元箱根・箱根町方面行きで38分、箱根神社入口または元箱根下車、徒歩10分
TEL 0460-83-7123
営業時間 無休
宝物殿は展示替え期間休あり
駐車場 あり

【神奈川県】鎌倉最古、五頭龍大明神を祀る全国唯一の神社『龍口明神社』

鎌倉で最も古い歴史を持つ龍口明神社(りゅうこうみょうじんじゃ)は、全国唯一の五頭龍大明神を祀る神社として知られています。

この神社の歴史は古墳時代の552年に遡り、五頭龍は力強い龍神として崇められ、神社のご神徳は国家安泰、心願成就、縁結びなどさまざまです。

五頭龍の力強いエネルギーを感じられる授与品も充実しており、お守りやブレスレットなどが用意されています。

また、五頭龍が描かれた迫力満点の御朱印も人気です。龍口明神社で五頭龍の神秘的なパワーに触れ、新しい年を迎えましょう。

住所 神奈川県鎌倉市腰越1548-4

アクセス [電車]西鎌倉駅より徒歩約5分
[バス]龍口明神社前バス停より徒歩すぐ
TEL 0467-32-0833
営業時間 参拝自由
駐車場 あり

【長野県】九頭龍大神の神秘的な力に触れる、歴史ある霊山の神社『戸隠神社』

長野県の霊山・戸隠山の麓に佇む戸隠神社は、2000年以上の歴史を有する神社です。

この神社は九頭龍社、奥社、中社、宝光社、火之御子社といった5つの社から成り立っており、『九頭龍社』では水や豊作の大神である九頭龍大神が祀られています。ここは全国から雨乞いや雪乞いの祈祷に多くの人が訪れるスポットとして知られています。

境内には、樹齢400年の杉並木が約500mにわたり続き、雄大な自然に囲まれた中で神聖な雰囲気を感じながら参拝することができます。

住所 長野県長野市戸隠奥社

アクセス JR長野駅からアルピコ交通バードライン経由戸隠キャンプ場行きバスで1時間10分、戸隠奥社入口下車、徒歩40分
TEL 026-254-2001
営業時間 参拝自由
駐車場 あり/140台(1回600円)

【愛知県】白龍のパワーで辰年を迎える、歴史あるお寺の魅力『万松寺』

戦国時代の1540年に建立された万松寺(ばんしょうじ)は、織田家の菩提寺として知られています。

歴史的な背景を持ちながらも、戦災で焼失し、1994年に本堂が再建されました。境内の入口には、辰年の縁起を担ぐ守護神として、白い龍のモニュメントが立ちます。

この白龍は口から煙を吐く姿が話題で、時折、水と光の演出で龍のパワーを感じることができます。

大晦日には除夜の鐘をつくなど、神社とは異なる趣きも楽しめます。万松寺で白龍の神秘的なパワーを感じ、辰年を幸福に迎えましょう。

住所 愛知県名古屋市中区大須3-29-12

アクセス [電車]上前津駅より徒歩約3分
[バス]上前津バス停より徒歩約2分
TEL 祈祷受処・札処10:00〜18:00
営業時間 参拝自由
駐車場 あり

 

【京都府】躍動感あふれる巨大な龍の立体彫刻が魅せる神秘のパワー『瀧尾神社』

瀧尾神社(たきおじんじゃ)の拝殿の天井には、全長8mにも及ぶ見事な立体彫刻が龍の姿を躍動的に描き出しています。

特に辰年になると、この立派な龍を拝みに訪れる参拝者が増えます。

地元では『夜な夜な龍が川へ水を飲みに行っている』との噂が広まり、その迫力ある彫刻には金網が設置され、龍を閉じ込めるほどの話題となりました。

神社の幣殿、拝所、回廊、拝殿は、京都指定有形文化財として認められており、これらの建造物もまた歴史と共に龍の神秘的なパワーを託けています。

住所 京都府京都市東山区本町11-718

アクセス [電車]東福寺駅より徒歩約3分
TEL 075-525-5800
営業時間 参拝自由
駐車場 なし

【京都府】龍神様のパワーで開運し、著名人も訪れる注目の神社『車折神社』

車折神社(くるまざきじんじゃ)は、境内に末社として『水神社』があり、そこでは龍神様が祀られています。

特に昇龍のように運気が上昇するよう祈念された龍神様のお守りも取り揃えています。

龍神のパワーを借りて、辰年の運気をアップさせましょう。

また、芸能神社も車折神社の末社の一つで、多くの著名人や大物俳優、アーティストが訪れ、度々メディアで取り上げられています。

大阪から車でわずか1時間ほどのアクセスで、開運を求めて訪れる人々で賑わっています。

住所 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23

アクセス [電車]東福寺駅より徒歩約3分
TEL 075-525-5800
営業時間 参拝自由
駐車場 なし

【京都府】お稲荷さんのすぐそば 天龍と地龍がお出迎え『伏見神宝神社』

伏見神宝神社(ふしみかんだからじんじゃ)の社殿前には、2024(令和6)年の干支である龍が5体、鎮座しています。

摂社には龍頭大神が祀られているなど、辰年の参拝にぴったりな、龍にゆかりのある神社です。

お稲荷さんと親しまれ、千本鳥居で知られる京都の観光名所『伏見稲荷大社』のすぐ近く。

創祀は平安時代にまで遡り、社名の『神宝(かんだから)』は奉安されている十種(とくさ)の神宝(しんぽう)を指しています。

住所 京都府京都市伏見区深草笹山町15

アクセス [電車]伏見稲荷駅・稲荷駅より徒歩約15分
TEL 075-642-5838
営業時間 参拝自由
駐車場 なし

【奈良県】白龍大神の神威に触れる、水をかける独自の参拝体験『龍田大社』

龍田大社(たつたたいしゃ)は、風の神である『廣瀬大社(ひろせたいしゃ)』とともに、天武天皇によって建立され、国家的な風水の要として崇敬されています。

特に辰年にふさわしい参拝スポットが境内に広がっており、『白龍神社(はくりゅうじんじゃ)』では縁結びや浄難災難除けの白龍大神が祀られています。

ここでは水を好む神様に敬意を払い、柄杓で御石に水をかけるという独自の参拝が行われています。

奈良の静謐な雰囲気の中で、白龍大神の神威に触れながらゆっくりと心を清め、新しい年を迎えましょう。

住所 奈良県生駒郡三郷町立野南1-29−1

アクセス [電車]三郷駅より徒歩約5分
TEL 0745-73-1138
営業時間 参拝自由
駐車場 なし

【奈良県】悪い龍を封じた伝説と眠る龍蓋池が魅力のお寺『岡寺』

岡寺(おかでら)は、天智天皇の勅願によって約1300年前に建立され、義淵僧正(ぎえんそうじょう)によって創設されたお寺です。

西国三十三所第七番札所であり、日本最初の厄除け霊場として広く知られています。

このお寺はかつて『龍蓋寺(りゅうがいじ)』と呼ばれ、義淵僧正が悪い龍を大きな石で封じ、その上に蓋をしたという伝説が残っています。

その後、龍が改心し眠っているとされる龍蓋池が今も境内にあり、辰年の参拝にふさわしい神聖な場所です。

悪い龍の封印と眠る龍蓋池から得られる龍のパワーを感じてみましょう。

住所 奈良県高市郡明日香村岡806

アクセス [バス]岡寺前バス停より徒歩約10分
[車]大和高田バイパス降り口より約15分、西名阪自動車道 郡山ICより約40分、西名阪自動車道 天理ICより約40分
TEL 0744-54-2007
営業時間 8:30~17:00(12~2月8:30~16:30)
駐車場 なし

【奈良県】辰年に訪れる価値あり!日本最古の龍神を祀る神社『丹生川上神社』

丹生川上神社中社(にうかわかみじんじゃなかしゃ)は、奈良の深吉野に佇む神社で、日本最古の水神でありながら龍神様を祀っています。

この神社は辰年に特に訪れる価値があります。神社には上社(かみしゃ)、中社、下社(しもしゃ)があり、参拝者が楽しめる三社めぐりが人気を集めています。

中社では罔象女神(みづはのめのかみ)が祀られており、神域にある『龍神の瀧』では、自分のお願いごとを託した龍玉を投げ込むとご利益が得られるとされています。龍玉は拝殿で受け取ることができます。

住所 奈良県吉野郡東吉野村大字小968

アクセス [車]西名阪自動車道 天理ICより約1時間10分、名阪国道 針ICより約50分
[バス]蟻通バス停より徒歩すぐ ※休日のコミュニティバスは、事前予約が必要
TEL 0746-42-0032
営業時間 参拝自由
社務所 夏季8:30~17:00、冬季8:30~16:30
駐車場 あり

【長崎県】龍宮伝説のヒロイン豊玉姫命が眠る『和多都美神社』

対馬では海が龍と伝えられています。和多都美神社は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮で、古くから竜宮伝説が残されています。本殿正面の5つの鳥居のうち2つは、海中にそびえ、潮の干満により、その様相を変え、遠く神話の時代を偲ばせる神秘的な雰囲気を漂わせています。

対馬では、豊玉彦命は龍の、豊玉姫命は白蛇の化身とされていて、境内には龍の姿をした「龍松」や鱗状の岩「磯良恵比寿」など、海神を思わせる天然物がいくつもあります。

本殿裏参道の原生林にある豊玉姫命の墳墓と称される磐座は、聖域の場所として撮影禁止となっています。

住所 長崎県対馬市豊玉町仁位55

アクセス 対馬空港から車で40分
TEL 0920-58-1488
営業時間 9:00~17:00(12:00~13:00除く)
駐車場 あり

対馬へは、福岡経由が便利です。フェリー、高速船、飛行機の3つのルートでアクセスできます。飛行機はANAが運航していて30分で対馬に行くことができます。

\全国からのプランあり/

JTBでパック旅行を見てみる

飛行機とホテルがセットになっていてお得です

龍は干支の中で最も縁起がいい

龍は十二支の中で唯一、空想の生き物です。その姿は大蛇のような体、4本の足、2本の角、耳やひげ、そして背中を覆ううろこなど、独自の特徴があります。

中国では、龍は麒麟や鳳凰、霊亀とともに四霊獣の一つとして位置づけられています。

十二支において龍がなぜ含まれているのかについては諸説がありますが、古代中国では身近な生き物として捉えられていた可能性が高いと考えられています。

龍はその天に昇る様子から、成功や発展の象徴と見なされています。

また、龍が手に持つ如意宝珠は願いを叶え、最強の幸運をもたらすと伝えられています。

ご利益を最大限にいただくための参拝の方法をおさらい!

せっかく参拝するなら、正しい方法をきちんと理解しておきまましょう。

参拝の仕方

鳥居をくぐるときは一礼しましょう。鳥居には神域と一般社会を区切る意味があるといわれています。

また、参道は神様の通り道。歩く際は中央を避けて進む、中央を横切るときには軽く頭を下げるなど心がけましょう。

手水がある場所で、参拝前に心身を清めます。柄杓で水をすくい、両手を洗ったら、その手で水を受けて口をすすぎます。柄の部分も洗い流したら、柄杓を伏せて置きましょう。

社殿の前での参拝は、二拝二拍手一拝です。深いお辞儀を二回、拍手を二回してから心を込めて祈ったら、最後に深いお辞儀をしましょう。

ただ、神社で作法が違うこともあり、拝殿に参拝方法が書かれている場合がほとんどなので、確認しておきましょう。

また神社によっては撮影禁止の場所もありますので、マナーを守ってしっかりご利益をいただきましょう。

服装

神社へは『神様と出会う』気持ちで参拝するという気持ちでいくのが大事。

神社仏閣の参拝の服装というのは特にありませんが、一般的なマナーとして露出の多い服やサンダル、ピンヒールなどは避けましょう。

また、本殿に上がるという場合、素足で上がるのは失礼にあたりますので、靴下を履いておくか持参するようにしましょう。

また、帽子をかぶっている場合は、鳥居をくぐって境内にいる間は帽子を取っておくことも忘れずに。

この記事のまとめ

この記事では、最強の龍神神社についてご紹介しました。

ぜひ龍神様とのご縁を結んで、運気を上げましょう。

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-パワースポット