アーカイブ

Go Toキャンペーン ディズニー旅行 自治体クーポン

【最新】Go To トラベル キャンペーン再開情報!ディズニーや人気観光地はどうなる?

2021年11月19日

現在停止中のGo Toトラベルキャンペーンですが、行動制限の緩和による旅行需要の回復への期待感が高まり、『Go To 2.0』として来年再開される方向で検討されています。

11月19日の発表によると、2022月1月中旬~2月頃に再開する方針で検討されています。

Go Toトラベル再開の最新情報まとめ(11/19)

  • 再開時期:1月中旬~2月頃
  • 補助金額上限の引き下げ:35%から30%へ引き下げ。交通付きが1万円上限、宿泊のみが7,000円上限、日帰りが3,000円上限となる見込み。
  • 地域共通クーポン:平日一律3,000円、休日1,000円
  • 県民割の延長:12月末から3月10日まで延長

 

この記事では、Go Toトラベルキャンペーンの運用の見直し内容など最新情報をご紹介します。

 

 

 

 

再開後のGo Toトラベルは『Go To 2.0』へ

現在停止中のGo Toトラベルは、『GoTo 2.0』となる予定で、前回の課題を踏まえて、現在様々な案が検討されています。

現在再開予定については、2022年2月頃の再開、6月頃までの実施が検討されています。

「Go Toトラベル」の再開が決まれば、ホテルは一斉に値上げする可能性が非常に高いので、今のうちに先の予約しておくのもおすすめです。

現時点ではまだ全て検討中のため、さらに内容が変わってくると思われますが、現段階で判明している情報をご紹介します。

 

 

1.「ワクチン・検査パッケージ」を活用

政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い都道府県に要請していたイベントの収容人数制限をなくす方針を固めた。事業者が感染防止計画を策定し、ワクチン接種証明などを提示する「ワクチン・検査パッケージ」の利用を条件とする。
引用:毎日新聞(2022年11月10日)

現在、ワクチン2回接種済みの方、PCR検査の陰性証明などで割引率をアップするなどの検討がされています。

特に今回、イベントの収容人数制限をなくす条件として、「ワクチン・検査パッケージ」の利用が発表されました。

再開予定の『Go To2.0』以外でも、もしかしたらディズニー入園の際にも「ワクチン・検査パッケージ」の提示が必要になってくるかもしれませんね。

なお、ワクチン接種証明はマイナンバーカードと紐付けて専用アプリで提示するとう意見も出ているようで、早めに準備を進めておいた方がよさそうですね。

 

2.割引率の変更:割引率は引き下げが濃厚

従来のGo Toトラベルでは、旅行代金の35%割引+地域クーポン15%(上限2万円/1人泊)でしたが、割引率や上限額を下げるという案があり、11月18日現在、

旅行代金の割引率は30%割引(上限:1万円/1人泊)へ引き下げが検討されています。

また、前回のGo Toトラベルでは、5,000円のホテルでも、20,000円のホテルでも一律で35%の割引が行われていたので、料金の高いホテルに予約が集中してしまいました。

特にディズニーでもGo Toトラベルの時には、ディズニーホテルに予約が集中したこともありました。

料金の高いホテルに集中する一方、お得なホテルはGo Toトラベルの利用が少なかったので、再開後の『Go To2.0』では、金額によって割引率が変更される可能性があります。

地域共通クーポンは、宿泊料金によっての変動がはなくなり、平日3,000円、休日1,000円と定額化される見込みです。

 

3.旅行の分散化

再開される『Go To 2.0』では、人の流れが集中しないように平日の旅行の割引率をアップ、週末や連休の旅行の割引率を低くすることも検討されています。

もしそうなれば、比較的来園者数が少ない2月の平日も、来園者数が増えるということが起こるかもしれません。

Go To2.0が1月から2月に再開されれば、春休みや卒業旅行シーズンと重なるので、5月GWまでは引き続きチケット購入が難しいという状況が続くかもしれませんね。

 

4.地域共通クーポンのデジタル化

GoToトラベルでは、地域共通クーポンは紙クーポンと電子クーポンの2種類があり、旅行会社経由での予約の場合は、ほぼ電子クーポンでした。

ディズニーランド&シー、ディズニーホテルでは紙クーポンのみ使えたので、電子クーポンの地域共通クーポンを持っている方は、パーク内で使えないから不便という声がありました。

しかし、今回『Go To 2.0』では、発行までの準備期間や、接触回数を減らすという目的から、全て電子クーポンになるという案が検討されています。

もしすべて電子クーポンになれば、パーク内のグッズなどもクーポンを使って購入できる方が増えるので、電子クーポン1本に期待したいところです。

 

5.中小の旅行会社や被災地への支援

GoToトラベルでは大手旅行会社を利用した旅行に予約が集中してしまったり、ディズニーリゾートなども含む人気観光地に予約が集中したということがありました。

再開される『Go To 2.0』では、現在復興中の被災地への旅行や、自家用車で旅行できるマイクロツーリズム、また中小の旅行会社を利用した場合など、大手旅行会社や人気観光地だけではなく、広い方にとっての支援になるような内容に調整される予定です。

 

 

Go To 2.0が再開になった場合の予約方法は?

  • 旅行会社や旅行予約サイトからホテルやツアーの予約
  • ホテルの公式ホームページから予約

Go To 2.0の再開後も、Go Toトラベルと同様で旅行会社や公式ホテルからの予約ということが予想されています。

そのことを前提に、Go To 2.0の再開後も、条件が合えば予約の取り直しが不要というところも登場しています。

 

▼現在条件が合えば取り直し不要と発表されている旅行会社▼

楽天トラベル:国内宿泊ならびに国内ツアー(ANA楽パック、JAL楽パック)は条件が合えば取り直し不要
→楽天トラベル公式サイトの発表をチェックする

JTB:国内旅行(宿泊、ツアー)
→JTBの公式サイトの発表をチェックする

その他の旅行会社は、今のところ未定となっています。

Go To2.0が再開になると、旅行会社やホテルも値上げをすることが予想されるので、購入のタイミングが難しいところです。

確実にディズニーに行くことが決まっている場合は、Go To2.0が再開が未定のこのお得に時期に、クーポンやセールを使って安く予約をするという方法もありかもしれません。

 

【2022年】楽天トラベルのディズニーチケット付宿泊プランはコレ!速攻予約したい方は必見

続きを見る

【全プラン掲載】JTBのディズニーチケット付きホテル一覧と飛行機&JRツアーまとめ

続きを見る

【2022年1月】格安&お得な旅行をしよう!旅行クーポン・県民割・自治体クーポンまとめ

続きを見る

 

 

人気観光地へ行く方は、GoTo再開まで「地域観光事業支援」を活用するのがおすすめ

GoToトラベル事業再開までの間は、都道府県が実施している県民割や自治体クーポンを使うのがおすすめです。

「地域観光事業」は、1人あたり最大7,000円(旅行費用に最大5,000円+地域共通クーポンに最大2,000円)を補助するといった内容で、10月からは県内だけでなく、ワクチン接種証明書や陰性証明の提出で、隣接県への旅行も割引の対象となっています

実は再開予定のGo Toトラベルと比較しても旅行代金、地域共通クーポンともに1,000円の差しかないんです。

Go Toトラベルが復活するまでの間は、県民割と自治体クーポンのクーポンを使う、ポイントがアップするなどの旅行サイトのセールを利用する、そしてご自身が日頃から貯めている旅行サイトのポイントを使って予約するのが一番お得です。

全国自治体が実施している「地域観光事業支援」はこちらからチェックできるので、併せて読んでみてくださいね。

【最新版】都道府県で使える旅行クーポン・ふっこう割観光支援キャンペーン・Go Toトラベルまとめ

続きを見る

 

この記事のまとめ

この記事では、Go Toトラベル再開後の『Go To2.0』について最新情報をまとめました。

情報は、日々変化していて分かり次第新しい情報をお伝えしていきますので、ぜひブックマークをしてお得な旅行への準備をしてみてくださいね。

 

 

 

-Go Toキャンペーン, ディズニー旅行, 自治体クーポン

© 2022 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5