オホーツクタワー クーポン

本ページには広告が含まれています。

観光スポット

オホーツクタワーのクーポンは現在配布なし!ガリンコ号のセットがお得

この記事では、オホーツクタワーをお得に入場したいと方に向けて、最新のクーポンやキャンペーン情報をご紹介します。

まず結論から言うと、オホーツクタワーのクーポンは現在配布されていませんでした。

お得に入場したいという場合は、ガリンコ号とのセット料金が一番安く購入できます。

本文では詳しくご紹介していきますので、よかったら続きもチェックしてみてください。

オホーツクタワーのクーポンは現在配布されていませんでした

紋別オホーツクタワー

冒頭でもご紹介しましたが、現在オホーツクタワーがお得になるクーポンは配布されていませんでした。

というのも、オホーツクタワーは海底階と4Dシアターを除く1~3階は入場料が無料。

そのため、クーポンを発行してもあまり意味がないからクーポンがないのではと思っています。

オホーツクタワーのテラス

無料のエリアでも流氷は十分に楽しめますし

companio

また最上階のカフェでは、流氷を見ながらドリンクやデザートがいただけます。

【有料】海底階

オホーツクタワー海底階

区分 料金
大人(高校生以上) 500円
小人 250円
幼児(小学生未満) 無料

海底階に行く場合には、有料となります。

海底階には大小様々な海中観察窓があるほか、オホーツクの海洋生物を展示したミニ水族館もあります。

オホーツクタワーシール

料金はエントランスの受付で支払い、入場を証明するシールを衣服などに貼ります。

【有料】4Dシアター

オホーツクタワー4Dシアター

区分 料金
大人 1回300円
小人 1回300円
幼児(小学生未満) 無料

2階では、北海道初常設展示のオホーツクシアター“ 4D-KING ”で新感覚の「体験する映像」が楽しめます。

オホーツクタワーをお得に予約する方法

ガリンコ2号

大人 中学生 小学生
ガリンコ号Ⅲ号&オホーツクタワーセット券 4,500円
→ 4,100円
4,250円
→ 3,850円
2,250円
→ 2,050円
ガリンコⅡ号&オホーツクタワーセット券 3,500円
→ 3,200円
3,250円
→ 2,950円
1,750円
→ 1,600円

現在オホーツクタワーが割引になるクーポンは配布されていませんが、ガリンコ号の公式サイトでは、ガリンコ号の乗船券とオホーツクタワーのセット割がは販売されています。

ガリンコ号にも乗船するという方であれば、セット割で購入するのがおすすめです。

この記事のまとめ

この記事では、オホーツクタワーをお得に入場したいと方に向けて、最新のクーポンやキャンペーン情報をご紹介しました。

残念ながら、オホーツクタワーのクーポンは現在配布されていませんでしたが、ガリンコ号とのセット予約でお得に予約することができます。

ぜひ次のお出かけの参考にして、流氷ツアーを楽しんでくださいね!

ガリンコ 号 2 3 違い
【流氷観光船】ガリンコ2号と3号の違いは4つ!どこよりも詳しく徹底解説

この記事では、紋別から出航している、流氷観光船「ガリンコ2号」と「ガリンコ3号」の違いについてご紹介します。 2つの違いは大きく4つありますが、値段が多少高くでも個人的にはガリンコ3号がおすすめです。 ...

続きを見る

オーロラ 号 ガリンコ 号 違い
オーロラ号とガリンコ号の7つの違い!どっちがいいか徹底解説

この記事では、北海道オホーツクの流氷観光船「ガリンコ号」と「オーロラ号」の違いについて、実際に両方の観光船に乗った体験をもとにご紹介します。 個人的には紋別の「ガリンコ号」がおすすめですが、時間に余裕 ...

続きを見る

流氷ツアー服装
【2024年版】流氷ツアー服装のポイントまとめ!失敗しない防寒対策

この記事では、流氷ツアーにおすすめの服装をご紹介します。 結論から言うと、外気の寒さからはしっかり体を守り、暖かいところではすぐに身軽になれるよう、脱ぎ着がしやすい服装がおすすめです。 流氷ツアーを楽 ...

続きを見る

この記事をシェアする

  • この記事を書いた人

おとな開運旅アドバイザーPROFILE >

国内旅行業務取扱管理者e-温泉マイスター風水鑑定士国際利き酒師
元CAとして世界各地を飛び回った体験をもとに、大人女子が楽しむ旅行お出かけ情報、テーマパーク情報をご紹介しています。
現在も年間80泊以上のホテルに宿泊、これまで行ったパワースポットは1000か所以上。
■「旅・航空アナリスト」としても活動中 ■メディア出演経験あり

公式アカウント

InstagramInstagram XX

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ

-観光スポット
-