ディズニーリゾート ディズニー旅行

ソアリンで行ける国はどこ?気になるお城は?ディズニー限定で体験できる衝撃の事実も

2022年12月4日

この記事では、東京ディズニーシーのソアリンの乗車中に訪れる国や、お城についてご紹介します。

なお、この記事は一部ネタバレも含みますので、気になる方は本文は読まないでください。

 

事前準備をしてディズニーに行きたいという方に向けて、『ディズニーシー攻略方法』の特集記事もご用意しています。ぜひ旅行前にチェックしておきましょう。
部員

 

 

ソアリンで行ける世界の国やお城を解説します

ソアリンでは、世界13か国の場所をめぐる旅をします。

 

 

①:マッターホルン(スイス・イタリア)

ーホMatterhornの国アルの山

14,692ート4,478ートの高アルの山1865ーホの非

なんと、現地では実際にヘリコプターでマッターホルンの山頂近くに行くことができるツアーもあるんです。

条件が良ければ登頂に成功したクライマーが手を振る姿を見る事が出来るほどの距離まで迫ることができるんだそうです。

いつかは現地でソアリン体験をやってみたいですね。
部員

 

 

②:イルリサット・アイスフィヨルドの氷河(デンマーク)

全島の約80%以上が氷床と万年雪に覆われているグリーンランド。デンマーク自治領である世界最大の島は、島の8割以上が氷で覆われ、海岸線には深く刻まれたフィヨルドが続き、氷河、氷山がダイナミックな風景を作り出します。

世界遺産でもある、イルリサット・アイスフィヨルドには野生動物が数多く生息しており、乗車中に見られるホッキョクグマ・クジラの他にも、現地ではトナカイ・オオカミ・アザラシといった野生動物の姿を見ることもできます。

そして、幻想的なオーロラが観賞できるのもこの世界遺産イルリサット・アイスフィヨルドの醍醐味です

 

 

 

③オペラハウス(オーストラリア シドニー)

オーストラリアのシドニーにあるオペラハウスは、2007年世界遺産に登録され、世界中から観光客が訪れるシドニーの顔ともいえる建築物。

世界を見回しても似た建造物はひとつとないユニークな形をしていて、帆船の帆のような、あるいは貝殻が重なっているかのような実に独特のシェイプの屋根は、土台のアースカラーとのコントラストが青い港に浮かぶ白の屋根を際立たせています。

ソアリンではその先にある、ハーバーブリッジにも訪れます、

全長1149メートル、幅49メートルはシングルアーチ橋の中ではニューヨークのベイヨン橋につぐ、世界第2番目の大きさの橋となっています。

 

 

④ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)

オーストリアとドイツとの国境をまたぐノイシュバンシュタイン城。

ドイツ3大美城の1つです。

ノイシュヴァンシュタイン城はカリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドの「眠れる森の美女の城」のモデルとなったと言われています。

ちなみに東京ディズニーランドのシンデレラ城はヨーロッパの複数のお城をモデルにデザインされたそうです。

フライト中、左の方を見ていると、19世紀半ばの1850年代に作られたマリエン橋も見ることができます。

 

 

 

⑤セレンゲティ国立公園(タンザニア)

セレンゲティ国立公園は1981年に登録された世界遺産です。タンザニア北部、キリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナで、自然保護を目的に設立された国立公園です。

ディズニー映画『ライオンキング』を彷彿とさせるアフリカの雄大な大地です。

草原には、フライト中にいたアフリカゾウをはじめ、ライオン、チーター、ヒョウ、バッファロー、インパラ、キリン、シマウマ、ガゼル、アンテロープなどさまざまな動物が、約300万頭生息していると推定されています。

サバンナの奥には、標高5895mのキリマンジャロが見えています。

そしてフライト中には、草原の香りがさらに自然の中に入っていく感覚になります。

ソアリンの匂いそっくりさん4選!目を閉じれば今すぐ空の旅にいける

この記事では、ディズニーシーのソアリンのアトラクションの匂いについてご紹介します。

続きを見る

 

⑥万里の長城(中国)

万里の長城は総延長は約21,000kmにも及ぶ大城壁で、春秋戦国時代に諸候国が防衛のために築いたのが始まりです。

紀元前221年に中国を統一した秦の始皇帝が、北方の騎馬民族・匈奴(きょうど)の侵入を防ぐために約30万の軍兵と数百万の農民を動員して大がかりな補修・増築工事を行い、1本の長城につなぎ合わせたのだそうです。

1987年に世界遺産に登録されました。

そんな約21,000kmの中でもソアリンに登場する場所は、「金山嶺長城」と言われていて、北京からだと日帰りできる観光地でもあります。

 

 

⑦ギザの三大ピラミッド(エジプト)

ピラミッドはカイロの市街を抜けてすぐのところに位置しています。

ギザの三大ピラミッドは1979年に世界遺産として登録されました。

最も大きいクフ王のピラミッド、2番目に大きいカフラー王のピラミッド、最も小さいメンカウラー王のピラミッドが北東から南西に向かってほぼ一直線上に並んでいて、フライト中に一番近くを通るのがメンカウラー王のピラミッドです。

 

 

⑧タージ・マハル(インド)

タージ・マハルとはズバリ亡き妻のためにシャー・ジャハーンが作った総大理石のお墓。

真っ白な総大理石に左右対称のとても美しい建物で、インドのイスラーム文化の代表的建築です。

廟堂の前には庭園が設けられており、そこには噴水や水路がめぐらされていますが、フライト中にも水面のちょうど中央に廟堂の中心が映っていることが分かるほど、完璧なシンメトリー(左右対称)になっていることも分かります。

タージマハールの後ろにはヤムナー川や、ガウタム・ナガーの街並みも見ることができます。

 

 

⑨:モニュメント・バレー(アメリカ合衆国)

モニュメント・バレーは、アメリカ合衆国西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯にあり、風化と浸食によって形作られた独特な地形で、世界中から観光客が訪れる観光地です。

モニュメントバレー観光の入り口から見える有名な景観、2つのミトン・ビュートと、メリック・ビュートの間を通りながら、フライトは続きます。

モニュメント・バレーがあるグランドサークルというエリアの中には、ブライス・キャニオン国立公園という公園があり、「ビッグサンダー・マウンテン」のモデルになっています。

 

 

⑩ラウ諸島(フィジー)

ラウ諸島は、フィジーの極東に位置する小さな島々です。場所は、オーストラリアの右、ニュージランドの上のあたりです。

手つかずの大自然と、原住民たちの文化が多く残る美しい場所です。

ソアリンでは、エメラルドグリーンの海といい匂いがしてきます。

 

 

⑪:イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)

南米の自然を代表する圧倒的なスケールのイグアスの滝。 マチュピチュやウユニ塩湖などと並び一生に一度は見たい南米の絶景としてあまりにも有名です

アルゼンチンとブラジルの2つの国にまたがる世界最大の滝です。

最大落差80m以上、滝幅はなんと約4kmもあり、毎秒65,000トンという大量の水を放出しています。

ソアリンでは、アルゼンチン側をフライトして、滝の上から、大量の水がすごい勢いで、ブラジル側に流れ落ちる様子を見る事ができます

「ゴーッ」という音は、悪魔が唸るような轟音から「悪魔ののどぶえ」という名が付いたとも言われています。

 

⑫:レインボーブリッジ、東京タワー(東京)

いよいよ、世界一周が終わり東京に帰ってきました。

レインボーブリッジと東京タワーを見ながら東京観光です。

奥には富士山の姿もみることができます。

 

⑬:東京ディズニーシー

ソアリンの旅の終着地は、東京ディズニーシー。

空からのディズニーシーと、花火を楽しんで世界一周の旅は終了となります。

 

 

 

実は、ソアリンの映像は劇レアです

ソアリンの魅力は、何といっても世界の世界遺産を上空近くから見て感じることができるのですが、実はこれってとってもレアな体験なんです。

というのも、世界遺産上空は飛行機やヘリコプターで行くことはできても、ドローン禁止とされている場所がほとんど。

実際に撮影しようと思ってもなかなか難しいですし、もちろんパラグライダーなどでの飛行もできません。

ですので、手や足を伸ばせば届きそうな体験ができるというのは、ソアリンに乗った人だけが体験できるのかもしれません。

ディズニーは夢がかなう場所。さすがディズニーだなと感動しました。
部員

 

 

この記事のまとめ

この記事では、東京ディズニーシーにあるソアリンのフライト中に訪れる国や、お城についてご紹介しました。

何度のっても新しい発見がありますので、ぜひ楽しんでください。

 

 

  • この記事を書いた人

すみれ

元航空会社勤務の『開運tabiアテンダント』 仕事プライベートで世界中を飛び回り、海外在住中には風水学も勉強。『旅行やお出かけを通じでハッピーに』をテーマに旅行、グルメ、テーマパーク情報をご紹介しています。フジテレビ、福岡のテレビ局に出演経験あり。取材、プレスリリース受付はお問合せページからお願いします。

-ディズニーリゾート, ディズニー旅行
-,

© 2023 おとな開運女子部 Powered by AFFINGER5